PMとは?予算、期間、範囲を見守る存在

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとPMとは

  • プロジェクトの全体管理の専門家
  • 予算、期間、範囲の管理者
  • 利益を増やし、コストを抑える

PM(プロジェクトマネージャー)とは、プロジェクトのリーダーです。

概要説明

PMとはプロジェクトのリーダーである。なぜならば、彼らはプロジェクトの全ての部分、特に範囲、期間、予算を管理するからだ。

例えば、予算オーバーを防ぐための計画を作る。そして、リスクを低くし、利益を上げる戦略を策定。

つまり、PMはプロジェクトの成功の鍵を握っている。だから、彼らは非常に重要である。

職業職種

プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーは、PMである。なぜなら、彼らはプロジェクトの全体的な方向性を決め、チームを指導するからだ。例えば、新製品の開発プロジェクトで指揮を取る。

企業の経営者

企業の経営者は、PMの原則を活用することがある。なぜなら、事業の計画や実施にPMの技術が役立つからだ。例えば、新しい店舗開設のプロジェクトを計画する時。

ITマネージャー

ITマネージャーは、多くのITプロジェクトを管理するPMである。なぜなら、技術的なプロジェクトが多く、それらの成功を確実にする役割があるからだ。例えば、新しいシステム導入の際の管理。

PMの名前の由来は「Project Manager」の頭文字を取ったもので、直訳すると「事業管理者」です。

PMの代表例

Microsoft

Microsoftは、PMで有名である。なぜなら、Projectというプロジェクト管理ソフトウェアを提供しているから。例えばMicrosoft Projectを使ったプロジェクト管理。

Atlassian

Atlassianは、PMで名高い存在である。なぜなら、Jiraというタスクトラッキングツールを提供しているから。例えば大規模な開発プロジェクトでのタスク管理。

Elon Musk

Elon Muskは、PMで世間に知られている。なぜなら、TeslaやSpaceXなどの大規模プロジェクトを成功させたから。例えばTeslaの電気車生産の増加。

手順例

以下は、プロジェクトマネージャーとしての基本的な手順です。

目標設定

目標設定は、プロジェクトの第一歩である。なぜなら、どこを目指すのか明確にしないと進められないから。例えば新製品の開発目標。

計画作成

計画作成は、どのように目標に到達するかを明確にする。なぜなら、計画がないと無駄な作業が増えるから。例えば週ごとのタスク分割。

タスク割り当て

タスク割り当ては、メンバーの役割を確定すること。なぜなら、適切な役割でないと効率が下がるから。例えば開発者にコードのタスクを割り当てる。

進捗確認

進捗確認は、プロジェクトの状況をチェックすること。なぜなら、進捗を知ることで必要な調整ができるから。例えば月に一度のミーティング。

評価とフィードバック

評価とフィードバックは、プロジェクト終了後の振り返りである。なぜなら、次回の改善点を見つけることができるから。例えばチーム全員での反省会。

類似語

プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーは、PMの類似語である。なぜなら、プロジェクトの先頭に立ってチームを引っ張る役割があるから。例えば小規模プロジェクトでのリーダー。

プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナーは、PMの類似語である。なぜなら、プロジェクトの全体的な方向性やビジョンを持つ人のことを指すから。例えばScrumの方法論での役職。

プロジェクトコーディネーター

プロジェクトコーディネーターは、PMの類似語である。なぜなら、プロジェクトの様々な要素を調整する役割を持つから。例えば複数のチーム間での連携役。

反対語

プロジェクトメンバー

プロジェクトメンバーは、PMの反対語である。なぜなら、PMがプロジェクト全体を管理するのに対して、プロジェクトメンバーは特定のタスクを担当するからだ。例えば、開発者やデザイナー。

下請け業者

下請け業者は、PMの反対語である。なぜなら、彼らはPMが管理するプロジェクトの一部を外部からサポートするからだ。例えば、特定のサービスや製品の提供。

顧客

顧客は、PMの反対語である。なぜなら、顧客はプロジェクトの成果物を受け取る側で、PMはそれを提供する側だからだ。例えば、製品のユーザーやサービスの利用者。

PMの注意点

PMを使用する時の注意点は、全体的なビジョンを見失わないことである。なぜならば細部に困難しがちだからだ。

例えば、細かいタスクに目を奪われて全体の進捗を確認しないと、プロジェクトが遅れる可能性がある。そして、各メンバーの意見やニーズをしっかりと理解すること。

だから、定期的にミーティングを開催し、進捗を共有することが大切だ。

PMとPMOは、間違えやすいので注意しましょう。

PMは、プロジェクト全体を管理する人です。

一方、PMOは、プロジェクト管理の事務局や組織のことです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました