バックポートとは?旧バージョンへの新機能の移植方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとバックポートとは

  • 新機能を旧バージョンで使用する
  • 互換性の問題を解消する
  • セキュリティ対策も旧バージョンで適用

バックポートとは、新機能を旧版で利用することです。

概要説明

バックポートとは新しい機能を旧バージョンに移植することである。 なぜならば、全てのユーザーがすぐに新バージョンに移行できないから。

例えば、互換性の問題があるときである。そして、この方法でセキュリティの向上も古いバージョンで得られる。

つまり、新しいバージョンの利点を失わずに古いバージョンを続けることができる。だから、多くのユーザーにとって価値がある。

職業職種

ソフトウェアデベロッパー

ソフトウェアデベロッパーは、バックポートを使用して新しい機能を追加する。なぜなら、ユーザーが新バージョンに移行できない時があるから。例えば、ハードウェアの互換性問題など。

システム管理者

システム管理者は、バックポートを使用してシステムのセキュリティを向上させる。なぜなら、最新のセキュリティ対策を旧システムでも適用したいから。例えば、セキュリティパッチの適用時。

エンドユーザー

エンドユーザーは、バックポートされたソフトウェアを利用する。なぜなら、新しいバージョンにすぐに移行できない時があるから。例えば、特定のハードウェアやソフトウェアの互換性問題の場合。

バックポートは、”Back”(後ろに)と”Port”(移植する)の組み合わせから、新しい機能を古いバージョンに「移植」する意味があります。

類似語

アップデート

アップデートは、ソフトウェアの新しいバージョンにすることである。なぜなら、バグの修正や新しい機能の追加を行いたいから。例えば、アプリの新機能追加の時にアップデートする。

パッチ

パッチは、ソフトウェアの一部を修正・更新する小さなプログラムである。なぜなら、特定の問題を直接的に解決したいから。例えば、セキュリティの脆弱性を修正するためのパッチを適用する。

移植

移植は、ソフトウェアをあるシステムやプラットフォームから別のものへと適応させることである。なぜなら、異なるデバイスや環境でも同じソフトウェアを使いたいから。例えば、PC用のソフトをスマホ用に移植する。

反対語

フォワードポート

フォワードポートは、旧バージョンの機能を新バージョンに適用することである。なぜなら、新しい環境に既存の機能を持ってくる必要があるから。例えば、古いソフトの機能を新しいソフトに持ってきたい時にする。

アップグレード

アップグレードは、ソフトウェアを新しいバージョンにすることである。なぜなら、新しい機能や改善を利用したいから。例えば、より新しいセキュリティ機能を手に入れるために行う。

新規導入

新規導入は、まったく新しいソフトウェアを導入することである。なぜなら、今までとは違う機能やサービスを使いたいから。例えば、新しいタイプのアプリやツールを使い始める時に行う。

バックポートの注意点

バックポートをする時の注意点はテストである。なぜならば、旧バージョンでの動作保証が必要だからだ。

例えば、新しい機能が古い環境でちゃんと動くか確認すること。そして、ユーザーのフィードバックをしっかり収集すること。だから、十分なテストを行わないと問題が起きる可能性がある。

バックポートとアップグレードは、間違えやすいので注意しましょう。

バックポートは、新しい機能を古いバージョンに適用することです。

一方、アップグレードは、ソフトウェア全体を新しいバージョンにすることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました