ブランドリフトとは?Web広告が生む強力なブランドの認知

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとブランドリフトとは

  • 商品の認知を広める広告の効果
  • Web広告の効果が数字でわかる
  • 動画やバナーでユーザー印象を強化

ブランドリフトとは、商品の認知を高める広告効果です。

概要説明

ブランドリフトとは商品やサービスのブランディングを強化する広告の効果である。 なぜなら認知度が上がれば営業やマーケティングが有利に進むから。

例えば動画広告やバナー広告はユーザーの目に留まりやすい。そして数字で効果が明確になる。つまり、成功した広告戦略の証拠である。

だから、多くの企業がブランドリフトを重要視する。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、新しい広告戦略を探すのが仕事である。なぜなら、市場の動向を読み取り、成功のチャンスをつかむため。例えば、ブランドリフトを活用して認知度を上げる。

広告プランナー

広告プランナーは、効果的な広告をデザインするのが仕事である。なぜなら、ターゲットとなるユーザーに合わせた広告を作る必要があるから。例えば、動画やバナー広告を制作してブランドリフトを狙う。

デジタルアナリスト

デジタルアナリストは、Web広告の効果を分析するのが仕事である。なぜなら、広告投資のROIを計測し最適化する必要があるから。例えば、ブランドリフトの数値を基に次の戦略を考える。

ブランドリフトは、名前の由来は「Brand」(ブランド=商品やサービスの独自性)と「Lift」(リフト=上昇)の組み合わせです。

ブランドリフトの代表例

Apple

Appleは、テクノロジーブランドのリーダーである。なぜなら、iPhoneやMacといった製品で世界中の人々に認知されているから。例えば、iPhoneのリリース時の大きな話題。

Nike

Nikeは、スポーツウェアの代表格である。なぜなら、高品質な製品とマーケティングでスポーツファンから愛されているから。例えば、”Just Do It”のキャッチフレーズ。

Elon Musk

Elon Muskは、イノベーションの象徴として知られる。なぜなら、TeslaやSpaceXといった先進的なプロジェクトを推進しているから。例えば、電気自動車の普及活動。

手順例

以下は、ブランドリフトの実行手順です。

目的の定義

最初に、何のためのブランドリフトかを明確にする。なぜなら、目的がないと効果的なアプローチができないから。例えば、新製品の認知度向上。

ターゲットの特定

次に、誰を対象にするかを決める。なぜなら、ターゲットに合わせて内容を調整する必要があるから。例えば、10代の若者や30代の働く女性など。

コンテンツ作成

広告やコンテンツを作成する。なぜなら、ブランドのメッセージを伝える手段となるから。例えば、動画広告やバナー制作。

配信・公開

作成したコンテンツを配信や公開する。なぜなら、多くの人に見てもらうことでブランドの認知度を上げるから。例えば、SNSやウェブサイト上での公開。

効果の測定

キャンペーン後、どれだけの効果があったかを測定する。なぜなら、次回の参考や改善点を見つけるため。例えば、アンケートやWebのアクセス解析

類似語

ブランド認知度

ブランド認知度は、ブランドがどれだけ知られているかの指標である。なぜなら、高い認知度は成功の一因とされるから。例えば、テレビCMや広告での露出。

ブランドイメージ

ブランドイメージは、消費者の心にあるブランドの印象である。なぜなら、この印象が購買行動に影響するから。例えば、高級感や信頼感などのイメージ。

ブランド価値

ブランド価値は、ブランドが持つ経済的な価値である。なぜなら、成功したブランドは高い価値を持つとされるから。例えば、ランキングや市場での価格設定。

反対語

ブランド減少

ブランド減少は、ブランドの認知度や価値が低下すること。なぜなら、悪い評判や競合他社の影響でブランドの価値が落ちるから。例えば、不祥事があった会社のブランドが一時的に下がること。

ブランド損傷

ブランド損傷は、ブランドのイメージが大きく傷つくこと。なぜなら、大きなトラブルや問題が起きたとき、人々の信用を失うから。例えば、製品のリコールが多発する企業。

ブランド低下

ブランド低下は、ブランドの位置付けが以前より低くなること。なぜなら、市場の変動や競合の影響で人々の評価が変わるから。例えば、新しいブランドに取って代わられた古いブランド。

ブランドリフトの注意点

ブランドリフトを使用する時の注意点は過度の期待である。なぜならばブランドリフトは一時的なものもあるからだ。

例えば、大きな宣伝をした後の一時的なブランドの上昇。そして継続的な努力が必要。だから長期的な視点が必要。

ブランドリフトとブランドイメージは、間違えやすいので注意しましょう。

ブランドリフトは、ブランドの認知度や価値が上昇することです。

一方、ブランドイメージは、人々がそのブランドに対して持っている印象や感じることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました