ファイブフォースとは?成功のための5つの分析法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとファイブフォースとは

  • ビジネス戦略の分析法
  • 5つの力で業界をチェック
  • 新規参入や競争のリスクを知る

ファイブフォースとは、業界の競争状況を分析する方法です。

概要説明

ファイブフォースとは業界の競争状況を分析する方法である。なぜならば、ビジネスの成功や失敗を決める重要な要因が5つの力にまとめられているからだ。

例えば、新規の企業が業界に入ってくるリスクや、他の商品やサービスに取って代わられるリスクを考える。そして、業界内での競争の激しさや、買い手や売り手の力の大きさも分析する。

つまり、これらの情報を元に業界の魅力や未来の展望を予測できる。だから、新しいビジネスを始める前にこれをチェックすべきだ。

アメリカの経済学者マイケル・ポーターが、著書『競争の戦略』に記した競争の性質を決める基本原理の5つの要因

買い手の交渉力

買い手の交渉力とは、消費者やビジネスの顧客がどれくらい商品やサービスの価格や条件に影響を持っているかを示すものだ。たとえば、スーパーでたくさんの商品がある時、消費者はどれを選ぶか自由だ。そのため、商品の価格を高くすると、他の商品を選んでしまうかもしれない。これが高い買い手の交渉力を意味する。

売り手の交渉力

これは、商品やサービスを提供する企業やメーカーがどれくらいの力を持っているかを示す。例えば、特定の部品を作っているメーカーが1つだけの場合、その部品が必要な企業はそのメーカーの価格や条件に従うしかない。これは、高い売り手の交渉力を意味する。

業界内の競争

業界内の競争とは、同じような商品やサービスを提供する企業同士が、お客さんを取り合ってどれくらい激しく戦っているかを示すものだ。たくさんのラーメン屋が同じ通りにあると、それぞれの店は美味しさや値段で競争しないといけない。これが激しい業界内の競争だ。

新規参入の脅威

新しくその業界や市場に参入する企業がどれくらい簡単にビジネスを始められるかを示すもの。例えば、レモネードの売り場を路上で始めるのは簡単だが、新しい航空会社を設立するのは難しい。後者の場合、新規参入の脅威は低い。

代替品の脅威

代替品とは、同じニーズや要求を満たす別の商品やサービスのこと。たとえば、人々が移動するために車を使うけど、電車やバスも選択肢としてある。車の代わりに電車やバスを使えるので、電車やバスは車の代替品となる。これが高い代替品の脅威を意味する。

職業職種

ビジネスコンサルタント

ビジネスコンサルタントは、ファイブフォースを用いてクライアントのビジネス戦略を考える。なぜなら、正確な業界分析を提供し、有効な戦略を提案するため。例えば、新しい市場に進出する際のアドバイス。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、ファイブフォースを使用して市場の競争状況を把握する。なぜなら、競合との位置関係や市場の魅力を知るため。例えば、新製品の打ち出しやキャンペーンの戦略を考える際。

起業家

起業家は、新しいビジネスを始める前にファイブフォースを使って業界分析を行う。なぜなら、ビジネスのリスクを知り、成功の確率を高めるため。例えば、新たなサービスや店舗を立ち上げる計画時。

ファイブフォースは、業界の競争状況を分析するための5つの要因(力)を指していることから、この名前がつけられました。

ファイブフォースの代表例

Amazon

Amazonは、巨大なオンラインショッピングモールである。なぜなら、多くの製品やサービスを取り扱っていて、一つの場所で様々な商品を比較・購入できるからだ。例えば、買い手の交渉力が高まり、欲しい商品を最安値で探せる。

Apple

Appleは、高品質な技術製品を製造・販売している企業である。なぜなら、独自のデザインと技術を持ち、その製品に対して高い売り手の交渉力を持っているからだ。例えば、iPhoneやMacなどの商品は、代替品の脅威が少ない。

ラーメン業界

ラーメン業界は、日本全国で数多くの店舗が存在している業界である。なぜなら、各店舗が独自の味やスタイルを持ち、消費者に多様な選択肢を提供しているからだ。例えば、業界内の競争が激しいが、そのために新しいフレーバーや斬新なアイディアが生まれる。しかし、新規参入の脅威も高いため、新しく店を開く際は独自性を持つことが重要だ。

手順例

以下は、ファイブフォース分析の手順です。

業界の特定

分析したい業界を明確にする。なぜなら、ターゲットとする業界がないと分析は始められないから。例えば、スマートフォン業界やオンラインショッピング業界など。

5つの力の理解

買い手の交渉力、売り手の交渉力、業界内の競争、新規参入の脅威、代替品の脅威をしっかりと理解する。なぜなら、これが分析の基盤となるから。例えば、買い手が多い業界では買い手の交渉力が強い。

情報収集

業界に関する情報を集める。なぜなら、正確な分析のためには現状のデータや情報が不可欠だから。例えば、市場のシェアや業界の成長率など。

分析実行

収集した情報を基に5つの力を評価する。なぜなら、この評価によって業界の魅力や競争状況が明確になるから。例えば、新規参入の障壁が高いか低いかを判断する。

戦略策定

分析結果を元にビジネスの戦略を策定する。なぜなら、ファイブフォース分析の目的は業界の競争状況を理解して最適な戦略を立てることだから。例えば、競争が激しい市場では差別化戦略を考える。

類似語

SWOT分析

SWOT分析は、自社の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を評価する手法である。なぜなら、ビジネス環境を全体的に評価するため。例えば、企業の内部環境と外部環境を整理する際に使用する。

PEST分析

PEST分析は、政治、経済、社会、技術の4つの要因を考慮してビジネス環境を分析する方法である。なぜなら、外部環境の要因を詳細に把握するため。例えば、新しい市場への進出を考える際のリスク評価に使用する。

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析は、企業の活動を一連のプロセスに分解し、それぞれの付加価値を分析する方法である。なぜなら、業務プロセスの中で最も価値のある部分を特定するため。例えば、コスト削減や競争優位性の確立に役立てる。

反対語

交渉の力

買い手の交渉力は、業界において消費者が持つ影響力のことである。なぜなら、多くの選択肢がある時、消費者は条件を求めることができるからだ。例えば、高い価格の商品には購入しないこと。

競争

業界内の競争は、同じ業界内の他の企業との戦いのことである。なぜなら、市場に参入する企業が増えると、その分、シェアを争うことになるからだ。例えば、似たような商品を販売する多数の企業。

新たな脅威

新規参入の脅威は、新しい企業が市場に参入してきた時のリスクのことである。なぜなら、新しい競争相手が出ることで、シェアや収益が下がる可能性があるからだ。例えば、人気のある分野に新しいスタートアップが参入。

ファイブフォースの注意点

ファイブフォースを使用する時の注意点は偏見を持たないことである。なぜならば、事前の先入観に基づいて分析すると、正確な結果が得られないからだ。

例えば、自社の商品だけが最高だと考えること。そして、他の競合の情報を軽視すること。だから、常に客観的に分析を行う必要がある。

ファイブフォースとSWOT分析は、間違えやすいので注意しましょう。

ファイブフォースは、業界の魅力や競争の激しさを分析するものです。

一方、SWOT分析は、自社の強み、弱み、機会、脅威を分析するものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました