プロパーとは?特定の人間にだけ使われるその敬称

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプロパーとは

  • 企業が直接採用する社員
  • 新卒で入社した生え抜き社員
  • 正規雇用された正社員

プロパーとは、正式に企業が採用した社員です。

概要説明

プロパーとは企業が直接採用した社員のことである。なぜならば、彼らは会社の文化や理念を最も深く理解しているから。

例えば新卒で入った社員は、他の会社の文化を知らないので、すぐに会社の流れになじむことができる。そして正規雇用の正社員は、会社に長く貢献することが期待される。

つまり、プロパーは会社の基盤となる存在である。だから、彼らの役割は非常に大きい。

職業職種

新卒入社の社員

新卒入社の社員は、生え抜きの社員として働く。なぜなら、会社の文化や理念を最も早く学ぶから。例えば、研修やOJTでの教育が行われる。

正規雇用の正社員

正規雇用の正社員は、長期的な視点で会社に貢献する。なぜなら、彼らは会社の長期的な成功を支える鍵だから。例えば、中心的なプロジェクトに携わることが多い。

客先の社員

客先の社員は、業務委託や常駐の形で働くことが多い。なぜなら、特定のプロジェクトや業務に専念するから。例えば、ITのシステム導入の支援をすることがある。

プロパーは、名前の由来は英語の「Proper」からきていて、適切、正式な、正当なという意味があります。

プロパーの代表例

電通

電通は、日本の広告業界でのリーダー的存在であり、プロパー採用の伝統がある。なぜなら、新卒一括採用文化が根付いており、多くの新卒がプロパーとして採用されるから。例えば、その多くの新卒社員が電通の独特な社風や業務内容を学ぶ。

財務省

財務省は、日本政府の中心的な経済行政機関であり、プロパー採用が多い。なぜなら、公務員試験に合格した者が直接その組織に所属し、独自のキャリアを築くことが期待されるから。例えば、財務官僚としてのキャリア形成が重視される。

読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツは、プロ野球界でのトップチームとして知られ、プロパーとしての若手選手の育成に力を入れている。なぜなら、ジャイアンツ独自のファームシステムやユース組織が存在し、そこからトップチームに昇格する選手が多いから。例えば、かつての名選手や現役のスター選手の中には、ジャイアンツのユースやファーム出身者が多数いる。

手順例

以下は、プロパー社員の採用手順です。

募集の告知

募集の告知は、求人サイトや大学のキャリアセンターで行う。なぜなら、多くの応募者を得るため。例えば「リクナビ」や「マイナビ」。

書類選考

書類選考は、履歴書や職務経歴書をチェックする。なぜなら、第一印象や適性を判断するため。例えば学歴や経験。

面接

面接は、応募者の性格や適性を深く知る手段である。なぜなら、直接会話することで真の能力を見極められるから。例えばグループディスカッションや個別面接。

内定

内定は、最終的に選ばれた応募者に伝える手続きである。なぜなら、採用の意志を正式に示すため。例えば内定式や通知書。

入社

入社は、新しいプロパー社員としてのスタートラインである。なぜなら、ここから本格的な業務が始まるから。例えば入社式や研修。

類似語

正社員

正社員は、会社の正式な社員である。なぜなら、正規の雇用形態で働いているから。例えば福利厚生や雇用の安定性。

生え抜き

生え抜きは、新卒でその企業に入った社員のことである。なぜなら、他の会社を経ずにその企業だけでキャリアを積んでいるから。例えば長年の勤続や会社の文化をよく知っている。

新卒入社

新卒入社は、大学や高校を卒業してすぐその企業に入った社員のことである。なぜなら、学生時代の経験しか持っていない初心者からスタートするから。例えば研修やOJTの受講。

反対語

中途社員

中途社員は、途中入社した社員である。なぜなら、新卒での入社ではなく、経験を持った状態での入社となるからだ。例えば、転職サイトを利用して入社する人々。

非正規雇用

非正規雇用は、正規の社員とは異なる雇用形態である。なぜなら、派遣やパート、アルバイトなど期間限定や労働条件が正規社員と異なるからだ。例えば、時給制で働くアルバイト。

出向社員

出向社員は、元の会社から別の会社や組織へ一時的に派遣される社員である。なぜなら、一定期間だけ他の場所で勤務し、その後元の会社に戻ることが多いからだ。例えば、グループ会社間の人材交流。

プロパーの注意点

プロパーを会話で使用する時の注意点は、まず会社や業界の文脈での意味合いを正確に理解することである。なぜならば、同じ「プロパー」という言葉でも、業界や企業によって意味が大きく異なるからだ。

例えば、一般的な会社では、新卒で入社した社員を指すことが多いが、正社員、自社社員のことをプロパーを指す場合もある。

また卸売業や小売業界ではプロパーは「正規の流通ルートで仕入れられた商品」を指す。金融業界での「プロパー融資」やカード業界の「プロパーカード」も、それぞれ独特の意味合いを持つ。

そして、間違った文脈で使うと誤解を招く可能性がある。だから、使用する前にちゃんと意味を確認し、相手が理解できる文脈で使うことが大切だ。

プロパーと正規雇用は、間違えやすいので注意しましょう。

プロパーは、その企業が直接採用した社員や新卒で入社した社員のことです。

一方、正規雇用は、雇用形態として正社員を指すものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました