デバッグとは?バグ探しの手法とその重要性

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとデバッグとは

  • バグを見つけて直す作業
  • 品質の高いサービスを提供する手段
  • プログラミングでは必ず行う作業

デバッグとは、バグを見つけて直す作業です。

概要説明

デバッグとはプログラムのバグを見つけ、原因を追究し、直すことである。なぜならバグがあるとプログラムが正しく動かないからだ。

例えば、電子決済システムで誤った計算が行われるバグがあった場合、ユーザーに不便をかけるだけでなく、企業の信頼も失われる。

そして、デバッグを行うことで、そういったバグを修正し、リリース時の不具合を減らすことができる。つまり、品質の高いサービス提供につながる。だから、デバッグは重要な作業だ。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、デバッグを行う。なぜなら、プログラムを書く作業中にバグが発生することがよくあり、それを見つけて修正するためだ。例えば、新たな機能を開発中に未知のバグが発生することがある。

テストエンジニア

テストエンジニアも、デバッグを行う。なぜなら、品質を確保するためには、バグを見つけることが必要だからだ。例えば、テストエンジニアは、ソフトウェアの各機能を試験し、バグを見つけ出す。

システムエンジニア

システムエンジニアもまた、デバッグを行う。なぜなら、システムの設計や構築の過程で、問題が発生することがあり、その原因を解明し、問題を修正するためだ。例えば、システムの運用中に発生する問題を解決するためには、デバッグが必要となる。

デバッグは、英語の”debug”で、”de-“は”取り除く”、”bug”は”バグ(不具合)”を意味します。つまり、文字通り”バグを取り除く”作業のことを指します。

デバッグの手順例

バグの特定

まず始めに、何が問題なのかを探す。なぜなら、バグの位置を知らなければ修正できないからだ。例えば、プログラムが予期せぬ動作をした時、それがバグのヒントになる。

バグの原因調査

次に、なぜそのバグが発生したのかを調査する。なぜなら、バグの原因を理解しなければ同じバグを繰り返すからだ。例えば、コードのどの部分が問題を引き起こしているかを見つける。

バグの修正

そして、問題のある部分を修正する。なぜなら、それがデバッグの目的だからだ。例えば、誤ったコードを修正したり、機能を改善したりする。

テスト

修正後、プログラムが正常に動作するかをテストする。なぜなら、修正が正しいことを確認するためだ。例えば、同じ操作を再度行って、同じバグが再発しないことを確認する。

バグの再発防止

最後に、同じバグが再び発生しないように対策する。なぜなら、同じバグに何度も遭遇するのは時間の無駄だからだ。例えば、プログラムを改善する方法を見つけて、未来のバグを防ぐ。

類似語

バグフィックス

バグフィックスは、デバッグと同じ意味だ。なぜなら、どちらもプログラムのエラーを見つけて修正する作業だからだ。例えば、アップデートによって新たに発見されたバグを修正するのもバグフィックスと呼ぶ。

トラブルシューティング

トラブルシューティングは、問題解決の一部としてデバッグを行う。なぜなら、トラブルシューティングは一般的に問題を特定し、その原因を見つけ、解決策を探すプロセスだからだ。例えば、コンピュータが予期せぬ挙動を示した時、その原因を追求する作業はトラブルシューティングと呼ばれる。

エラーハンドリング

エラーハンドリングは、エラーが発生したときにそれを適切に処理することであり、デバッグの一部とも言える。なぜなら、エラーハンドリングはプログラムが予期せぬエラーに対してどのように反応するかを決定するからだ。例えば、エラーメッセージを表示するか、プログラムを終了するかなど、その対策はエラーハンドリングの一部である。

反対語

コーディング

コーディングは、デバッグの反対語だ。なぜなら、デバッグはバグを見つけて修正する作業で、一方、コーディングは新しいプログラムを作る作業だからだ。例えば、新しい機能を追加するときはコーディングを行う。

バグ生成

バグ生成もまた、デバッグの反対語と言える。なぜなら、デバッグはバグを取り除く作業で、バグ生成は逆にバグを作り出すことだからだ。例えば、テスト目的で意図的にバグを作り出すこともある。

リリース

リリースもデバッグの反対語だ。なぜなら、デバッグは問題を見つけ出して解決する作業で、一方、リリースは製品を世に出す作業だからだ。例えば、アプリの新バージョンを公開する時はリリースという。

デバッグの注意点

デバッグを行う時の注意点は慌てないことだ。なぜならばバグは必ずどこかに存在するものだからだ。

例えば、初めて見つけたバグにパニックになることはない。そして冷静になってバグの原因を探すこと。だから焦らずに。

デバッグとトラブルシューティングは、間違えやすいので注意しましょう。

デバッグは、プログラム中のエラーを見つけて修正する作業です。

一方、トラブルシューティングは、システム全体の問題を特定し、その原因を見つけ、解決策を探すプロセスです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました