ディスラプターとは?ビジネスモデルを一変させる企業の存在

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 業界を変革する企業
  • デジタル技術を活用
  • 顧客を取り込む

ディスラプターとは、業界変革の企業です。

概要説明

ディスラプターとは業界を塗り替える企業である。なぜならば新たな技術を駆使して、既存のビジネスモデルを覆すからだ。

例えばSpotifyやNetflixがその一例である。そして、これらの企業は新しい顧客体験を提供する。つまり、彼らは消費者のニーズに合わせて業界のルールを作り変える。

だから、彼らはディスラプターと呼ばれる。

職業職種

起業家

起業家は、ディスラプターであることを目指す。なぜなら、業界の新しい潮流を作り出し、競争を勝ち抜くためだ。例えばUberやAirbnb。

投資家

投資家は、ディスラプターを探す。なぜなら、大きなリターンをもたらす可能性があるからだ。例えばAmazonの初期の投資家。

経営者

経営者は、ディスラプターから学ぶ。なぜなら、自社のビジネスモデルを更新する必要があるからだ。例えば従来のレンタルビデオ業界の経営者。

ディスラプターの名前の由来は英語の”Disrupt”から来ていて、これは”混乱させる”、”破壊する”といった意味があります。

代表例

Spotify

Spotifyは、音楽業界のディスラプターだ。なぜなら、月額制で音楽を聴き放題にしたからだ。例えば、レコードやCDを買わなくても、Spotifyがあれば新曲から旧曲まで聴くことができる。

Netflix

Netflixは、映像業界のディスラプターだ。なぜなら、月額制で映画やドラマを見放題にしたからだ。例えば、レンタルショップに行かなくても、Netflixがあれば自宅で様々な映像コンテンツを楽しむことができる。

Amazon

Amazonは、小売業界のディスラプターだ。なぜなら、インターネットでの販売と物流ネットワークを作ったからだ。例えば、店に行かなくても、Amazonがあれば自宅で商品を注文し、届けてもらうことができる。

手順例

業界のトレンドをキャッチする

トレンドを知ることは、ディスラプターになるために必要だ。なぜなら、ディスラプターは新しいトレンドを作り出すものだからだ。例えば、SNSの情報や業界の専門誌をチェックすることが重要だ。

新しい技術を活用する

新しい技術を使うことは、ディスラプターになるために必要だ。なぜなら、ディスラプターは新しい技術を駆使してビジネスを進めるからだ。例えば、AIやブロックチェーンのような新しい技術に目を向け、それを自社のビジネスにどう生かすか考えることだ。

斬新な発想でビジネスモデルを作る

斬新な発想でビジネスモデルを作ることは、ディスラプターになるために必要だ。なぜなら、ディスラプターは従来のビジネスモデルを覆すからだ。例えば、顧客が何を求めているのかを深く理解し、それに応える新しいサービスを考えることだ。

類似語

イノベーター

イノベーターは、ディスラプターと似た言葉だ。なぜなら、両者とも新しいことを生み出す者を指すからだ。例えば、ディスラプターが業界全体を変える力を持つのに対し、イノベーターは特定の商品やサービスで新しい価値を生み出す。

ゲームチェンジャー

ゲームチェンジャーは、ディスラプターと似た言葉だ。なぜなら、両者とも業界のルールを変える力を持つ者を指すからだ。例えば、ディスラプターが既存のビジネスモデルを破壊するのに対し、ゲームチェンジャーは新しいルールや規範を作り出す。

トレンドセッター

トレンドセッターは、ディスラプターと似た言葉だ。なぜなら、両者とも新しい流行を生み出す者を指すからだ。例えば、ディスラプターが業界全体を変革するのに対し、トレンドセッターは特定の領域で新しいトレンドを作り出す。

反対語

保守企業

保守企業はディスラプターの反対だ。なぜなら、新しい技術やビジネスモデルに抵抗し、既存の方式を維持するからだ。例えば大手の電話会社などがそれにあたる。

伝統的企業

伝統的企業もディスラプターの反対だ。なぜなら、過去の成功体験を基にした手法を続けるからだ。例えば、長い歴史を持つレンタルビデオ店がそれにあたる。

フォロワー企業

フォロワー企業はディスラプターの反対だ。なぜなら、他の企業が作った新しい市場やビジネスモデルに追従するからだ。例えば、大手企業が新興企業の成功を見てから、同じビジネスモデルを導入するケースがそれにあたる。

会話例

スタートアップの会議で

「この企業がディスラプターになるためには何が必要だと思う?」
「既存の業界を変える新しいアイデアと、それを実現するための技術だと思う。」

ビジネススクールの授業で

「ディスラプターの例を教えてもらえますか?」
「音楽業界でSpotifyや映像業界でNetflixがディスラプターの良い例だよ。」

投資家とのミーティングで

「ディスラプター企業に投資するメリットは何ですか?」
「既存の市場を破壊し、新しい市場を作る可能性があるからだ。成功すれば大きな利益が期待できる。」

注意点

ディスラプターをなる時の注意点は周囲の反発だ。なぜならば新しい事に挑戦することは既存のルールや利権を壊すことからだ。

例えばタクシー業界でのUberのように、規制などから大きな抵抗に遭うこともある。そして、新たなビジネスモデルが社会に認知され受け入れられるまでには時間と努力が必要だ。

だから、挑戦する際は丁寧な説明と緻密な計画が必要だ。

ディスラプターとイノヴェーターの間違えやすいので注意しましょう。

ディスラプターは既存の業界を破壊し、新たな市場を作ることです。

一方、イノべーターは新しいアイデアや製品を作り出し、既存の市場を変えることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました