デバッガとは?開発者の強い味方、バグ発見ツール

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • バグを見つけるツール
  • ソフトウェアの修正を支援
  • 統合開発環境に組み込むことが多い

デバッガとは、バグ発見ツールです。

概要説明

デバッガとはプログラミングやソフトウェア開発でのバグを見つけるツールである。なぜなら、バグはプログラムの実行を阻害し、ユーザーの体験を低下させるからだ。

例えば、Webサイトのログイン機能が正しく動かないとき、デバッガは問題のコードを特定するのに役立つ。そして、それを修正するための情報を提供する。

つまり、デバッガはソフトウェアをより良くするための重要なツールである。だから、すべての開発者がデバッガを理解し、使いこなすことが重要だ。

職業職種

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者はデバッガを使う。なぜなら、バグを見つけるのに役立つからだ。例えば、新しい機能を作成した時にバグが発生したら、デバッガを使って問題の箇所を特定する。

Web開発者

Web開発者もデバッガを使う。なぜなら、Webサイトのコードに問題がある場合、デバッガでそれを見つけることができるからだ。例えば、ユーザーがWebサイトの特定の部分にアクセスできない場合、デバッガはその原因を解明する。

データサイエンティスト

データサイエンティストもデバッガを使う。なぜなら、データ分析のコードにバグがある場合、デバッガで見つけることができるからだ。例えば、予期しない結果が出たときに、デバッガを使ってコードの問題を特定する。

バグを発見するデバッグ(Debug)を、代わりに見つけてくれるデバッガ(Debugger)です。

代表例

Microsoft Visual Studio

Microsoft Visual Studioは、デバッガが組み込まれたIDEだ。開発者に役立つ道具箱みたいなもので、プログラムの不具合を見つけるのに使える。

Eclipse

Eclipseは、Java言語向けの強力なIDEだ。このIDEもデバッガを持っていて、Javaのプログラムをデバッグできるよ。

LLDB

LLDBは、プログラムのエラーをチェックするツールだ。特にCやC++の言語で作られたソフトウェアのデバッグに便利だよ。

手順例

  1. デバッガを開く
    まずは、デバッガを開こう。IDEに組み込まれているなら、IDEを起動すればいいんだ。
  2. デバッグ対象のコードを読み込む
    次に、デバッグしたいコードをデバッガに読み込む。読み込む方法はデバッガによって違うから、公式ドキュメンテーションを読んでみてね。
  3. ブレークポイントを設定する
    ブレークポイントを設定すると、プログラムの特定の部分で止めることができるよ。エラーが発生する箇所にブレークポイントを設定すれば、その部分でプログラムを止めて問題を見つけられる。
  4. デバッグを開始する
    デバッグを開始すると、プログラムが動き出す。ブレークポイントでプログラムが停止したら、その箇所のコードや変数の状態を確認できるよ。
  5. 問題箇所を修正する
    問題箇所を見つけたら、その部分を修正しよう。修正したら、再度デバッグを行って、問題が解決したか確認しよう。

類似語

トレーサー

トレーサーもデバッガの一種で、プログラムの実行過程を逐一記録するツールだ。デバッグと同じく、プログラムの問題を見つけるために使われる。

プロファイラ

プロファイラは、プログラムの実行時間やメモリ使用量などのパフォーマンス情報を集めるツールだ。これもデバッグと同じく、問題を見つけ出すために使うことができる。

静的解析ツール

静的解析ツールは、プログラムが実行される前にコードを解析し、問題を見つけるツールだ。デバッガと同様に、ソフトウェアの品質を確保するためのツールとして使われる。

反対語

バグメーカー

バグメーカーは、デバッガの反対語である。なぜなら、デバッガがバグを見つけて修正するのに対し、バグメーカーはプログラムに誤りを作り出すからだ。例えば、誤ったコードを書くプログラマーがバグメーカーと呼ばれることがある。

バグ

バグは、デバッガの反対語である。なぜなら、デバッガが問題を解決するために存在するのに対し、バグは問題そのものだからだ。例えば、ソフトウェアの中にある間違いや欠陥をバグと呼ぶ。

会話例

  1. ソフトウェア開発会議
    Q.「最近、このプログラムのバグが多いんだけど、どうやって見つけて修正してる?」
    A.「デバッガを使って一歩ずつコードを確認しながらバグを見つけているよ。」
  2. プログラミングクラス
    Q.「先生、プログラムのエラーがなくならないんですけど。」
    A.「そうなんだ。デバッガを使ってどこに問題があるか調べてみよう。」

注意点

デバッガを使用する時の注意点は焦らないことである。なぜならばデバッガはコードの中で何が起こっているかを詳細に見るツールなので、それを使用する際は時間と忍耐が必要だからだ。

例えば、一つ一つの変数の状態を確認していく作業が必要だ。そしてバグの場所を見つけたら、その原因を理解し、適切な修正をする。

デバッガとテスターの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

デバッガはプログラムのバグを見つけ出し、解析し、修正するツールです。

一方、テスターは人間の役割で、システムが正しく動くかを確認する作業を行います。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました