レタッチとは?SNS時代の写真加工の必要性

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとレタッチ

  • 写真や画像のデジタル加工
  • 色調整、トリミング、フィルター適用
  • 美化や修正を目的とする

レタッチとは、画像データをデジタルで美化や修正することです。

概要説明

レタッチとは写真や画像の色や明るさ、コントラストを調整するデジタル加工である。 例えば、写真の背景をぼかしたり、シワを消したりすることである。そして、プロの写真家やデザイナーもよく使用する。つまり、写真をより魅力的に見せる手法である。無料アプリで簡単にレタッチできるためプロ以外の使用も増えている。

職業職種

写真家

写真家は、作品をより美しく見せるためにレタッチを使う。なぜなら、写真の色や明るさを調整できるから。例えば、ポートレート写真での肌の美白。

デザイナー

デザイナーは、広告やウェブサイトのビジュアルを作る際にレタッチを使用する。なぜなら、視覚的なインパクトを高めるため。例えば、商品写真の色を鮮やかにする。

一般人

一般人も、SNSやブログの写真をアップする前にレタッチをすることがある。なぜなら、より多くの「いいね!」を集めたいから。例えば、自撮り写真の肌を綺麗に見せる。

レタッチは、名前の由来はフランス語の「Retoucher」から来ていて、この言葉は「修正する」や「手を加える」という意味があります。

レタッチの代表例

アドビシステムズ(Adobe Systems Incorporated)

アドビシステムズは、レタッチで有名である。なぜなら、Photoshopという業界標準のソフトウェアを提供しているから。例えば、プロの写真家やデザイナーが多く使用している。

Wacom株式会社

Wacomは、レタッチで名高い存在である。なぜなら、高性能なペンタブレットを提供し、精密なレタッチ作業を可能にするから。例えば、CintiqやIntuosシリーズが人気。

山岸逢花(Yoshika Yamagishi)

山岸逢花は、レタッチで世間に知られている。なぜなら、SNSでのビフォーアフターが話題になり、多くのフォロワーを持つから。例えば、Instagramでのレタッチ術の解説が評価されている。

手順例

以下は、基本的なレタッチ手順です。

写真選び

写真選びは、レタッチの第一歩である。なぜなら、良い元の写真があれば、より高品質なレタッチが可能だから。例えば、解像度が高い写真を選ぶ。

ソフトウェア起動

ソフトウェア起動は、作業を始める前の必須手順である。なぜなら、レタッチには専用のソフトウェアが必要だから。例えば、Photoshopを開く。

基本調整

基本調整は、レタッチの基盤を作る工程である。なぜなら、明るさやコントラストを整えることで、後の作業がスムーズになるから。例えば、レベル調整をする。

詳細修正

詳細修正は、写真の特定の部分を修正する工程である。なぜなら、目立つ傷やシミを消すことで、全体の品質が上がるから。例えば、クローンスタンプツールを使う。

保存

保存は、レタッチ作業の最終手順である。なぜなら、作業内容を確定させるために必要だから。例えば、JPEGやPNG形式で保存する。

類似語

写真加工

写真加工は、レタッチの類似語である。なぜなら、写真を改善または修正する行為全般を指すから。例えば、フィルターをかける行為も含む。

イメージエディティング

イメージエディティングは、レタッチの類似語である。なぜなら、写真だけでなく、画像全般の編集を指すから。例えば、テキストを追加する作業も含む。

修整

修整は、レタッチの類似語である。なぜなら、写真や画像の小さな欠点を修正する行為を指すから。例えば、シミや傷を消す作業。

反対語

オリジナル

オリジナルは、レタッチの反対語である。なぜなら、何も修正や加工をしていない状態を指すから。例えば、加工前の写真。

非加工

非加工は、レタッチの反対語である。なぜなら、加工や修正が一切されていないことを意味するから。例えば、スマホで撮ったそのままの写真。

生データ

生データは、レタッチの反対語である。なぜなら、元のデータそのものであり、何も手が加えられていないから。例えば、カメラで撮影した直後の写真。

レタッチの注意点

レタッチを使用する時の注意点は、過度な加工である。なぜならば、自然さを失い、不自然な写真になる可能性があるからだ。例えば、肌の色を極端に変えると、人物が別人に見える可能性がある。そして、その写真がSNSなどで拡散されると、誤解を招く可能性がある。だから、加工は控えめに。

レタッチと写真編集は、間違えやすいので注意しましょう。

レタッチは、特定の部分を修正や加工することです。

一方、写真編集は、写真全体にフィルターをかけたり、トリミングするなど、より広範な変更を加えることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました