スプリットテストとは?Web広告でよく使われるテスト方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 一つの条件を変えて比較するテスト
  • 広告の効果を最大化するために使われる
  • 一つだけを変えて結果を比較する

スプリットテストとは、一つだけを変えて比較するテストです。

概要説明

スプリットテストとは一つの条件を変えて二つを比較するテストである。なぜならば、その結果から広告やデザインなどの効果を最大化するため。

例えば赤色と青色の広告を出して、どちらが多く見られるか比較する。そしてその結果を元に次回の広告を計画する。つまり、スプリットテストは広告の改善や効果の測定に役立つ手法である。

だから、広告業界でよく使われる。

職業職種

広告制作者

広告制作者はスプリットテストを行う。なぜなら、広告の効果を最大化するため。例えば色や文言を変えて広告の効果を比較する。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーはスプリットテストを行う。なぜなら、商品やサービスのプロモーション効果を検証するため。例えばサイトのデザインを変えて訪問者の反応を見る。

Webデザイナー

Webデザイナーはスプリットテストを行う。なぜなら、ユーザビリティを改善するため。例えばメニューの配置を変えて利用者の行動を調べる。

スプリットテストの名前の由来は、英語の’Split’(分割する)から来ています。

類似語

A/Bテスト

A/Bテストは、スプリットテストの別名である。なぜなら、2つのバージョン(AとB)を比較検証する手法だから。例えば、A版とB版のウェブサイトデザインを作って、どちらがユーザーに受け入れられるかを調べる。

コントロールテスト

コントロールテストは、スプリットテストと似ている。なぜなら、共通の目標に対して異なる変数をテストする手法だから。例えば、医薬品の試験で、新薬(テスト群)と既存の治療法(コントロール群)の効果を比較する。

マルチバリエートテスト

マルチバリエートテストは、スプリットテストの拡張版である。なぜなら、同時に複数の要素を変更して効果を測定するから。例えば、ウェブサイトのヘッダー、画像、ボタンの色を同時に変えて、どの組み合わせが最も効果的かを見つける。

反対語

一括テスト

一括テストは、スプリットテストの反対語である。なぜなら、すべての要素を一度にテストするからだ。例えば、広告キャンペーンを一度に全体を対象に実行し、全体の効果を測定する。

ランダムテスト

ランダムテストは、スプリットテストの反対である。なぜなら、特定の要素を変更せず、ランダムにデザインや内容を変えて検証するからだ。例えば、広告の内容をランダムに変えて、どれが一番反響があるかを見る。

全要素テスト

全要素テストは、スプリットテストの反対語である。なぜなら、同時に全ての要素を変更して検証するからだ。例えば、ウェブサイトの全ての部分を一度に変更し、全体の効果を見る。

会話例

新製品の開発チームのミーティングで

「新製品のデザイン、AとBどっちがいいと思う?」
「それなら、スプリットテストを実施してみてはどうか?ユーザーがどっちを好むか確かめるのが一番だよ。」

広告代理店との打ち合わせで

「赤いバナーと青いバナー、どっちがクリックされるかな?」
「スプリットテストをやってみれば確認できるよ。」

ウェブデザイナー同士のディスカッションで

「この新しいホームページ、大きな画像がいいと思う?」
「それともテキストが多い方がいいかもしれないね。だけど、スプリットテストで検証すれば、正確な答えが出るよ。」

注意点

スプリットテストを使用する時の注意点は、テストする要素を一つに限定することである。なぜならば、複数の要素を同時に変えると、どの要素が結果に影響を与えたのかを特定できなくなるからだ。

例えば、バナーの色とフォントを同時に変えた場合、クリック数の変化が色によるものなのか、フォントによるものなのかはっきりしない。そして、結果の解釈が難しくなる。

だから一つずつ要素を変えてテストすることが大切だ。

スプリットテストとマルチバリエートテストは、間違えやすいので注意しましょう。

スプリットテストは一つの要素を変更してその影響を検証します。

一方、マルチバリエートテストは同時に複数の要素を変更して、どの組み合わせが最も効果的かを探します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました