リバースオークションとは?売り手が競り合う逆転のオークション

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリバースオークション

  • 買い手が主導するオークション
  • 売り手が価格や品質で競う
  • ビジネスや個人購入で使われる

リバースオークションとは、買い手が主導し売り手が競うオークションです。

概要説明

リバースオークションとは買い手が主導するオークションである。なぜならば、売り手が価格や品質で競り合い、買い手が選ぶからだ。

例えば、建築業で材料を安く手に入れたい時に使う。そして、個人でも使える。つまり、買い手が最終的に選ぶオークションである。だから、価格と品質のバランスが取れる。

職業職種

調達担当者

調達担当者は、リバースオークションをよく使う。なぜなら、多くの供給者から最適な価格と品質を選べるからだ。例えば、オフィス用品の購入。

個人消費者

個人消費者も、リバースオークションを使える。なぜなら、インターネットで簡単に参加でき、お得な買い物ができるからだ。例えば、家電の購入。

事業主

事業主は、リバースオークションで材料やサービスを手に入れる。なぜなら、コスト削減と効率化が可能だからだ。例えば、広告業務の外注。

リバースオークションは、名前の由来は英語の「Reverse」(逆)と「Auction」(オークション)から来ています。通常のオークションが買い手が競る形式なのに対し、この形式はその逆、つまり売り手が競る形式だからです。

リバースオークションの代表例

Alibaba.com

Alibaba.comは、リバースオークションで有名である。なぜなら、多くの売り手が商品やサービスを提供し、買い手が選ぶ仕組みがあるからだ。例えば、工業製品の購入。

Freelancer.com

Freelancer.comは、リバースオークションで名高い存在である。なぜなら、フリーランサーが自分のスキルを競り合い、プロジェクトオーナーが選ぶからだ。例えば、ウェブ開発プロジェクト。

uShip

uShipは、リバースオークションで世間に知られている。なぜなら、運送業者が運賃を競り合い、顧客が選ぶ仕組みがあるからだ。例えば、家具の運送。

手順例

以下は、リバースオークションの基本手順です。

プラットフォーム選び

最初は、どのプラットフォームでオークションを行うか選ぶ。なぜなら、それぞれのプラットフォームには特色があるからだ。例えば、Alibaba.comは工業製品に強い。

要件設定

次に、何を購入するのか、どのような品質が必要なのかを明確にする。なぜなら、売り手がそれに応じて競り合うからだ。例えば、材料の種類や数量。

オークション開始

オークションを開始し、売り手からの提案を待つ。なぜなら、これがリバースオークションの核心だからだ。例えば、価格や納期の提案。

評価と選定

提案が集まったら、価格と品質を総合的に評価して選ぶ。なぜなら、最適な選択をするためだからだ。例えば、コストパフォーマンスが高いものを選ぶ。

取引成立

最終的に選んだ売り手と取引を成立させる。なぜなら、これでオークションが完了するからだ。例えば、契約書の作成と署名。

類似語

逆オークション

逆オークションは、リバースオークションの類似語である。なぜなら、両者とも買い手が主導するオークション形式だからだ。例えば、価格競争で最も低い値段を出した売り手が選ばれる。

競争入札

競争入札は、リバースオークションの類似語である。なぜなら、複数の売り手が価格や条件で競り合う点が似ているからだ。例えば、公共事業でよく使われる。

ダッチオークション

ダッチオークションは、リバースオークションの類似語である。なぜなら、価格が下がっていく点でリバースオークションと似ているからだ。例えば、価格が一定期間ごとに下がる。

反対語

通常のオークション

通常のオークションは、リバースオークションの反対語である。なぜなら、買い手が複数いて価格を競り上げる形式だからだ。例えば、アートオークション。

固定価格販売

固定価格販売は、リバースオークションの反対語である。なぜなら、価格が固定されていて競争がないからだ。例えば、スーパーマーケットの商品。

単一入札

単一入札は、リバースオークションの反対語である。なぜなら、一つの価格や条件で売買が成立するからだ。例えば、不動産の購入。

リバースオークションの注意点

リバースオークションを使用する時の注意点は、情報の透明性である。なぜならば、売り手が不明確な情報で参加すると、不利益な取引になる可能性があるからだ。例えば、品質が不明確な場合。そして、買い手もしっかりと評価する必要がある。だから、評価基準を明確にする。

リバースオークションと競争入札は、間違えやすいので注意しましょう。

リバースオークションは、買い手が主導して価格や品質を競わせる形式です。

一方、競争入札は、公式な手続きで最も条件の良い売り手が選ばれる形式です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました