リファラーとは?Webマーケティングで知っておくべき流入元情報

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリファラー

  • ユーザーの移動前のWebサイト
  • SEOやマーケティングで重要
  • アクセス解析でよく使う

リファラーとは、ユーザーがどこから来たかの情報です。

概要説明

リファラーとは、ユーザーが自サイトに流入する前にいたWebサイトのことである。 なぜならば、この情報を使ってWebサイトの効果測定や改善ができるから。

例えば、どのサイトから多くのユーザーが来ているかを知ることができる。そして、そのデータを基にマーケティング戦略を考える。

つまり、リファラーはWebサイト運営において非常に重要な要素である。だから、しっかりと理解しておくべき。

職業職種

Webマーケター

リファラーは、マーケティング戦略に必須である。なぜなら、どのサイトからの流入が多いかを知ることで、効果的な広告やコンテンツを作れるから。例えば、Google Analyticsでリファラーをチェック。

SEO専門家

リファラーは、SEO対策に重要である。なぜなら、流入元によっては検索エンジンの評価が変わる可能性があるから。例えば、信頼性の高いサイトからの流入が多いと評価が上がる。

ブロガー

リファラーは、ブログの人気を測る指標である。なぜなら、どのサイトから読者が来ているかを知ることで、ターゲット層を明確にできるから。例えば、SNSからの流入が多い場合、そのSNSに力を入れる。

リファラーは、名前の由来は英語の”Refer”(参照する、言及する)から来ています。

代表例

Matomo

Matomoは、リファラーで有名である。なぜなら、Google Analyticsのオープンソースの代替として、詳細なリファラー情報を提供するから。例えば、流入元のURLや検索キーワードを分析できる。

SEMrush

SEMrushは、リファラーで名高い存在である。なぜなら、SEOと競合他社のリファラー情報を総合的に分析できるツールを提供しているから。例えば、どのサイトからどれだけのトラフィックが来ているかを知ることができる。

Neil Patel

Neil Patelは、リファラーで世間に知られている。なぜなら、彼のブログやYouTubeチャンネルでリファラーに関する有用な情報を提供しているから。例えば、リファラーを使ってトラフィックを増やす方法を教えている。

リファラー確認の手順例

以下は、Google Analyticsでリファラーを確認する手順です。

Google Analyticsにログイン

最初のステップはログインである。なぜなら、リファラー情報はアカウント内でしか見られないから。例えば、Googleアカウントでログインする。

レポートを開く

次に「レポート」を開く。なぜなら、リファラー情報はここに格納されているから。例えば、「獲得」タブをクリック。

リファラー情報を探す

「全てのトラフィック」の下の「リファラー」を選ぶ。なぜなら、このセクションにリファラー情報が表示されるから。例えば、流入元のURLやセッション数が見られる。

データを解析

リファラー情報を確認して解析する。なぜなら、このデータを使ってWebサイトの改善ができるから。例えば、どのサイトから多くの訪問者が来ているかを確認。

戦略を考える

最後に、得られたデータを基に戦略を考える。なぜなら、効果的なマーケティングやSEO対策につながるから。例えば、特定のリファラーからの流入が多い場合、そのサイトとの提携を考える。

類似語

流入元

流入元は、リファラーの類似語である。なぜなら、どちらもユーザーが自サイトに来る前に最後にいたWebサイトを指すから。例えば、Google Analyticsで「流入元」を確認することもある。

トラフィックソース

トラフィックソースは、リファラーの類似語である。なぜなら、ユーザーがどこから来たかを知る情報源として使われるから。例えば、検索エンジンやSNS、他のサイトなど。

バックリンク

バックリンクは、リファラーの類似語である。なぜなら、他のサイトから自分のサイトへのリンク(参照)を意味するから。例えば、バックリンクが多いとSEOに良い影響を与える。

反対語

出口ページ

出口ページは、リファラーの反対語である。なぜなら、リファラーがユーザーが来た元のサイトを指すのに対し、出口ページはユーザーが去る先のサイトを指すから。例えば、Webサイトのアクセスログで確認できる。

流出先

流出先は、リファラーの反対語である。なぜなら、リファラーが「どこから来たか」を示すのに対し、流出元は「どこへ行ったか」を示すから。例えば、アクセスログで「流出先」を確認する場合がある。

目的地

目的地は、リファラーの反対語である。なぜなら、リファラーが出発点を示すのに対し、目的地は到達点を示すから。例えば、旅行で言えば出発地と目的地の関係。

リファラーの注意点

リファラーを使用する時の注意点はプライバシーである。なぜならば、ユーザーがどのサイトから来たかがわかる情報だからだ。例えば、個人を特定できる可能性がある。そして、その情報が第三者に漏れると問題になる。だから、安全な管理が必要。

リファラーと流入元はほぼ同じ意味で使われることが多いです。両方とも、ユーザーがあるWebサイトにアクセスする前に最後に訪れたWebサイトのことを指します。

ただし、文脈や使用する解析ツールによっては、細かい違いがある場合もあります。簡単に言えば、リファラーも流入元も「どこから来たか」を示す情報です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました