フルスタックエンジニアとは?市場で求められるITの全領域をカバーする技術者

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフルスタックエンジニアとは

  • 一人でシステム開発・ネットワーク・DBをこなす
  • マルチな知識と技術を持つ
  • 市場での中心的存在に

フルスタックエンジニアとは、一人で全てをこなすエンジニア職です。

概要説明

フルスタックエンジニアとはITの全領域をカバーするエンジニアである。なぜならばシステムの開発からネットワークの構築、データベースの管理までを一手に担当するからだ。

例えばシステムの開発と同時にネットワークのトラブルシューティングをすることもできる。そして、この幅広いスキルが市場での需要を生んでいる。

つまり、一人で多岐にわたる業務を遂行できるマルチタスクエンジニアである。だから、今後のIT業界での中心的存在となるだろう。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、フルスタックエンジニアを重宝する。なぜなら、多岐にわたる業務を一人でこなせるからだ。例えば、開発と同時にネットワークの問題も解決できる。

スタートアップ企業のCEO

CEOは、コストを削減できるフルスタックエンジニアを求める。なぜなら、少ない人数で効率的にプロジェクトを進行させられるからだ。例えば、初期のスタートアップで多機能を持つエンジニアは価値が大きい。

システムコンサルタント

システムコンサルタントは、フルスタックエンジニアのアドバイスを頼りにする。なぜなら、幅広い知識を持つ彼らの意見はプロジェクト全体を見渡せるからだ。例えば、システムの全体像を理解しながら、各部分の最適化も提案できる。

フルスタックエンジニアは、名前の由来は「full stack」という言葉からです。これは、全ての「スタック」、つまり技術の層を一人でこなせるエンジニアを意味します。

フルスタックエンジニアの代表例

Mark Zuckerberg

Mark Zuckerbergは、Facebookの創設者である。なぜなら、大学生の頃にこのサービスを1人で始め、その後世界中の人々に利用されるプラットフォームに成長させたから。例えばFacebookは今や数十億のユーザーを持つ。

Drew Houston

Drew Houstonは、Dropboxの共同創業者である。なぜなら、彼は大学のプロジェクトとしてこのクラウドストレージサービスのアイディアを思いつき、少数のチームと共にサービスを立ち上げたから。例えばDropboxは今や数億のユーザーに利用されるサービスになる。

Jack Dorsey

Jack Dorseyは、Twitterの共同創業者である。なぜなら、彼は短文メッセージを共有する新しい形のソーシャルメディアのアイディアを持ち、それを現実にしたから。例えばTwitterは今や世界中で政治家から一般ユーザーまで幅広く利用される。

手順例

以下は、フルスタックエンジニアになるための手順です。

基本のプログラミング知識を学ぶ

プログラミングの基礎は必須である。なぜなら、全ての開発作業の根底になるから。例えば、PythonやJavaScriptなどの言語を学ぶ。

フロントエンド技術を習得する

ウェブページのデザインや動きを作る技術を学ぶ。なぜなら、ユーザーと直接触れ合う部分を作成するから。例えば、HTMLやCSS、JavaScriptのフレームワークを学ぶ。

バックエンド技術を習得する

サーバーサイドの処理を学ぶ。なぜなら、データベースとの連携やサーバーの管理が必要だから。例えば、Node.jsやRuby on Railsを学ぶ。

データベース技術を学ぶ

データの保存や取得を学ぶ。なぜなら、アプリケーションのデータを管理する必要があるから。例えば、MySQLやMongoDBを学ぶ。

継続的に新しい技術を学ぶ

IT業界は日進月歩である。なぜなら、新しい技術やツールが常に登場するから。例えば、クラウドサービスやAI技術に関する知識を更新する。

類似語

マルチスタックエンジニア

マルチスタックエンジニアは、複数の技術スタックを持つエンジニアである。なぜなら、フルスタックと同じく幅広い技術を習得しているから。例えば、フロントエンドからバックエンドまでの開発ができる。

ジェネラリスト

ジェネラリストは、特定の分野に限らず多岐にわたる知識やスキルを持つ人である。なぜなら、一つの分野だけでなく複数の分野に対応できるから。例えば、設計から実装、運用までを一手に担う。

オールラウンダー

オールラウンダーは、多方面の技術や知識を持ち合わせる人である。なぜなら、多岐にわたる業務をこなせるから。例えば、システム開発だけでなく、ネットワークやデータベースの知識も持っている。

反対語

専門家

専門家は、特定の分野のエキスパートである。なぜなら、特定の領域での深い知識や技術を持っているから。例えばデータベースエンジニアはデータベースの知識に特化する。

入門者

入門者は、知識や技術の基本を学び始めたばかりの人である。なぜなら、まだ多くのことを知らない初心者の段階だから。例えばプログラミングの基本を学ぶ初学者。

一部スタックエンジニア

一部スタックエンジニアは、特定の部分の技術や知識だけを持っているエンジニアである。なぜなら、フルスタックエンジニアが多くの技術を持つのに対し、一部スタックは一部分だけを持つから。例えばフロントエンド専門のエンジニア。

フルスタックエンジニアの注意点

フルスタックエンジニアを使用する時の注意点は過度な依存である。なぜならば一人で多岐にわたるタスクを持つと過労になりやすいからだ。

例えば長時間労働や休息不足である。そして、特定の部分の知識が浅くなるリスクもある。だから彼らの健康や専門性にも注意が必要だ。

フルスタックエンジニアとフロントエンドエンジニアは、間違えやすいので注意しましょう。

フルスタックエンジニアは、フロントエンドからバックエンドまでの全体的な知識と技術を持つ人です。

一方、フロントエンドエンジニアは、ユーザーインターフェースの設計や実装に特化しています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました