ヒューリスティック法とは?未知のウィルスを事前にブロック

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとヒューリスティック法とは

  • ウィルスセキュリティの新手法
  • 怪しい動きを事前に排除
  • 誤検出のリスクも

ヒューリスティック法とは、怪しい動きの監視と事前排除手法です。

概要説明

ヒューリスティック法とはウィルスセキュリティの新手法である。なぜならば既知のウィルスだけでなく、まだ攻撃を開始していない怪しい動きをするマルウェアも察知するからだ。

例えば、新しいタイプのウィルスが現れた場合でも対応できる。しかし、怪しい動きだけで排除するため、誤って正常なプログラムを排除することもある。

つまり、使う時は注意が必要である。だから、設定や利用時の調整が大切。

職業職種

IT管理者

IT管理者は、企業のPCやサーバーを守るためにヒューリスティック法を使用する。なぜなら、未知のウィルスからも事前に防御したいからだ。例えば、新しいマルウェアの攻撃を事前に遮断する。

個人ユーザー

個人ユーザーも、自分のデータを守るためにヒューリスティック法を持つセキュリティソフトを利用する。なぜなら、新しいウィルスでも安心して使いたいからだ。例えば、大切な写真や書類を守るため。

開発者

開発者は、ユーザーに安心してアプリを使用してもらうために、ヒューリスティック法を組み込むこともある。なぜなら、アプリ自体のセキュリティを強化したいからだ。例えば、ユーザーのデータを確実に保護するため。

ヒューリスティック法の名前の由来は「heuristic(発見的手法)」という意味があるからきています。

ヒューリスティック法の代表例

McAfee

McAfeeは、世界的に有名なセキュリティソフト企業である。なぜなら、長い歴史と技術力でユーザーのコンピュータを保護してきたから。例えば、ヒューリスティック法を採用した高度なマルウェア検出機能を持つ。

Avast

Avastは、無料で使えるセキュリティソフトとして知名度が高い。なぜなら、多くのユーザーに信頼されており、ヒューリスティック法も実装しているから。例えば、怪しい動きをするソフトウェアを事前に検出する。

John McAfee

John McAfeeは、McAfee社の創業者でありセキュリティの専門家として知られる。なぜなら、彼の名前を冠した企業が世界的に認知されているから。例えば、ヒューリスティック法の普及にも貢献した。

手順例

以下は、ヒューリスティック法を実行する手順です。

セキュリティソフトを選ぶ

セキュリティソフトは、ヒューリスティック法が実装されているものを選ぶ。なぜなら、怪しい動きをするソフトウェアを事前に検出できるから。例えば、McAfeeやAvastなど。

ソフトウェアをインストールする

ダウンロードしたソフトウェアをPCにインストールする。なぜなら、これが第一歩となるから。例えば、公式サイトからのダウンロードが安全。

ヒューリスティック検出をオンにする

セキュリティソフト内の設定で、ヒューリスティック法を活用する設定をオンにする。なぜなら、これにより怪しい動きをするソフトウェアを検出できるから。

定期的にソフトウェアを更新する

セキュリティソフトは、定期的に更新する。なぜなら、新しい脅威に対応するためのデータベースが更新されるから。例えば、一月に一回は確認する。

検出結果を確認する

ヒューリスティック法による検出結果を定期的に確認する。なぜなら、誤検出の可能性もあるから。例えば、大切なファイルが誤って隔離されていないかを確認する。

類似語

ヒューリスティクス

ヒューリスティクスは、ヒューリスティック法の原語で、試行錯誤の意味である。なぜなら、問題解決の近道やショートカットとして使われるから。例えば、経験に基づいて解を探る方法。

予測的検出

予測的検出は、まだデータベースに登録されていない新しいマルウェアを検出する方法。なぜなら、ヒューリスティック法の一部として動作や特徴から未知の脅威を見つけるから。例えば、怪しい動きを検知する。

シグネチャベースの検出

シグネチャベースの検出は、既知のマルウェアの特徴をもとに検出する方法。なぜなら、ヒューリスティック法とは異なり、既知の情報に基づくから。例えば、データベースに保存されている情報をもとに検出する。

反対語

署名ベース手法

署名ベース手法は、既知のウイルスの署名(特徴)を元に検出する。なぜなら、具体的なマルウェアの特徴を知っているからだ。例えば、特定のコードの断片。

リアクティブ方式

リアクティブ方式は、既に起こった攻撃の後で対応する。なぜなら、未知の脅威には対応できないためだ。例えば、新しいウイルスの出現後にアップデートする方法。

ホワイトリスト手法

ホワイトリスト手法は、許可されたものだけを動かす。なぜなら、不明なものはすべてブロックするからだ。例えば、信頼されたソフトウェアのみ実行。

ヒューリスティック法の注意点

ヒューリスティック法を使用する時の注意点は誤検出である。なぜならば、怪しいと判断したものを全て排除するからだ。

例えば、正常なアプリもマルウェアとして検出する場合がある。そして、大切なデータが消失するリスクもある。だから、定期的にバックアップを取ることが大切だ。

ヒューリスティック法とシグネチャベース型は、間違えやすいので注意しましょう。

ヒューリスティック法は、未知の脅威に反応する方法です。

一方、シグネチャベース型は、既知のウイルスの特徴を元に検出する方法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました