ホワイトリストとは?安全なアクセスを保証する方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとホワイトリストとは

  • 特定のアクセスだけ許可
  • セキュリティの強化
  • 不正アクセスの防止

ホワイトリストとは、許可されたアクセスのリストです。

概要説明

ホワイトリストとは特定のアクセスだけを許可するリストである。なぜならば、セキュリティを強化し、不正なアクセスを防ぐため。

例えば、企業の内部ネットワークに外部からの不正なアクセスを防ぐためである。そして、許可されたアドレスからのアクセスのみを通す。

つまり、安全な通信環境を作るための手段である。だから、データの保護と安全な運用が可能。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ホワイトリストを使用する。なぜなら、企業のネットワークを安全に保つため。例えば、不正なアクセスをブロックするため。

ウェブマスター

ウェブマスターは、ホワイトリストを設定する。なぜなら、ウェブサイトへの安全なアクセスを保証するため。例えば、特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可するため。

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者は、ホワイトリストを活用する。なぜなら、組織の情報セキュリティを高めるため。例えば、社内のデータを外部の脅威から守るため。

ホワイトリストは、名前の由来は「白(White)」と「リスト(List)」から来ています。白は純粋や無害を象徴し、リストに載っているものだけが許可され、安全とされることからこの名前がつけられました。

ホワイトリストの代表例

Cloudflare

Cloudflareは、ホワイトリストで有名である。なぜなら、ウェブセキュリティとパフォーマンスの向上を提供する大手企業で、IPアドレスのホワイトリスト機能があるから。例えば、特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可する設定が可能。

McAfee

McAfeeは、ホワイトリストで名高い存在である。なぜなら、世界的なセキュリティソフトウェア企業で、ホワイトリストを活用したセキュリティソリューションを提供しているから。例えば、信頼されたプログラムだけを実行許可する機能がある。

Brian Krebs

Brian Krebsは、ホワイトリストで世間に知られている。なぜなら、セキュリティジャーナリストとして、ホワイトリストの重要性について詳細に報道しているから。例えば、彼のブログ「Krebs on Security」で、ホワイトリストの導入方法や利点について解説している。

手順例

以下は、ホワイトリストの設定手順です。

目的の明確化

目的の明確化は、最初のステップである。なぜなら、何を守りたいのか明確にすることが大切だから。例えば、社内ネットワークを外部の攻撃から守るため。

許可するアドレスの選定

許可するアドレスの選定は、重要な工程である。なぜなら、どのアドレスからのアクセスを許可するか決める基本的なステップだから。例えば、社内のIPアドレス範囲を選定する。

ホワイトリストの設定

ホワイトリストの設定は、具体的な作業である。なぜなら、選定したアドレスをシステムに登録し、設定を行うから。例えば、ファイアウォールで特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可する設定をする。

テストと確認

テストと確認は、設定後の重要なステップである。なぜなら、設定が正しく機能しているかを確認する必要があるから。例えば、許可したアドレスからのアクセスが可能で、それ以外からはブロックされているかを確認する。

定期的な見直し

定期的な見直しは、継続的な安全を保つために必要である。なぜなら、状況が変わると設定も更新する必要があるから。例えば、新たに許可するアドレスが出た場合、ホワイトリストを更新する。

類似語

許可リスト

許可リストは、ホワイトリストの類似語である。なぜなら、特定のアドレスやプログラムだけを許可するリストという意味が同じだから。例えば、企業のファイアウォール設定で使われる。

セーフリスト

セーフリストは、ホワイトリストの類似語である。なぜなら、安全とされるアドレスやプログラムのリストという意味で、ホワイトリストと同じ機能を果たすから。例えば、メールの迷惑メールフィルタで使われる。

信頼リスト

信頼リストは、ホワイトリストの類似語である。なぜなら、信頼できると判断されたアドレスやプログラムだけをリストに登録するという点で、ホワイトリストと同じ概念だから。例えば、セキュリティソフトでの設定に使われる。

反対語

ブラックリスト

ブラックリストは、ホワイトリストの反対語である。なぜなら、ホワイトリストが許可する対象だけをリストアップするのに対し、ブラックリストは禁止する対象をリストアップするから。例えば、特定のIPアドレスからのアクセスを拒否する設定。

拒否リスト

拒否リストは、ホワイトリストの反対語である。なぜなら、ホワイトリストがアクセスを許可するリストであるのに対し、拒否リストはアクセスを拒むリストだから。例えば、スパムメールの送信元をブロックする設定。

排除リスト

排除リストは、ホワイトリストの反対語である。なぜなら、ホワイトリストが特定の対象のみを許可するのに対し、排除リストは特定の対象を明示的に除外するから。例えば、特定のウェブサイトへのアクセスを遮断する設定。

ホワイトリストの注意点

ホワイトリストを使用する時の注意点は、誤って重要なサービスをブロックしないようにすることである。なぜならば、設定ミスがあると業務に必要なサービスにもアクセスできなくなる可能性があるからだ。

例えば、社内の重要なサーバへのアクセスが遮断される場合がある。そして、定期的に設定を見直すことが大切。だから、設定後はしっかりとテストを行い、運用中も定期的に確認をする。

ホワイトリストとブラックリストは、間違えやすいので注意しましょう。

ホワイトリストは、許可する対象だけをリストアップして、それ以外をブロックする設定です。

一方、ブラックリストは、禁止する対象をリストアップして、それ以外を許可する設定です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました