ポスティシャル広告とは?ユーザーの注目を集める強力な広告手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとポスティシャル広告とは

  • アクションと同時に表示される広告
  • ×ボタンで消せる
  • 広告のクリック率効能に期待

ポスティシャル広告とは、ユーザーのアクションで表示される広告です。

概要説明

ポスティシャル広告とは、ユーザーがアクションしたタイミングで表示される広告である。 なぜなら、ユーザーがコンテンツを閲覧し終えた瞬間が、新しい情報に対する注意が高まるから。

例えば、記事を読み終わった後に表示される広告や、次のページに移動するアクションで表示される広告である。

ユーザーのコンテンツ閲覧を中断せず、アクション後のタイミングで広告を表示することができる。このタイミングでの表示は、ユーザーの注目を集めやすく、広告のクリック率を向上させる効果が期待できる。

職業職種

マーケティングマネージャー

ポスティシャル広告は、効果的なオンライン広告戦略の一部である。なぜなら、ユーザーの注目を集めやすく、ROIが高いから。例えば、新製品のローンチキャンペーン。

ウェブデザイナー

ポスティシャル広告は、ユーザーエクスペリエンスを損なわない広告デザインの選択肢である。なぜなら、コンテンツ閲覧後に表示されるため、ユーザーの邪魔をしないから。例えば、美しいビジュアルでブランドイメージを高める。

広告代理店のプランナー

ポスティシャル広告は、クライアントの広告キャンペーンを効果的に展開する手段である。なぜなら、高いクリック率とコンバージョンを期待できるから。例えば、特別なプロモーションの告知。

ポスティシャル広告は、名前の由来は「Post(後)」と「Interstitial(間に挟む)」の組み合わせになります。つまり、ユーザーのアクション後に間に挟む形で表示される広告という意味です。

ポスティシャル広告の代表例

Google

Googleは、ポスティシャル広告で有名である。なぜなら、広告プラットフォーム「Google AdSense」でポスティシャル広告のオプションを提供しているから。例えば、ブログやウェブサイトの閲覧後に表示される広告。

Facebook

Facebookは、ポスティシャル広告で名高い存在である。なぜなら、ユーザーがコンテンツを閲覧した後に広告を表示する形式を採用しているから。例えば、動画視聴後に表示される広告。

Twitter

Twitterは、ポスティシャル広告で世間に知られている。なぜなら、ユーザーがツイートを閲覧した後に広告を表示する形式を取り入れているから。例えば、タイムラインのスクロール後に表示される広告。

手順例

以下は、広告プラットフォームのポスティシャル広告の実行手順です。

広告プラットフォームを選ぶ

広告プラットフォームを選ぶは、最初のステップである。なぜなら、どのプラットフォームで広告を出すかが重要だから。例えば、Google AdSense。

広告内容を設計する

広告内容を設計するは、効果的なメッセージを考える工程である。なぜなら、ユーザーの興味を引く内容が必要だから。例えば、新製品の特長を強調する文言。

予算を設定する

予算を設定するは、広告のコストをコントロールするステップである。なぜなら、コスト効率の良い広告運用が可能になるから。例えば、一日の予算を1000円に設定する。

ターゲット層を決める

ターゲット層を決めるは、広告を見せたいユーザーグループを特定する工程である。なぜなら、効果的にユーザーにアプローチできるから。例えば、20代の女性をターゲットに設定する。

広告を公開し、結果を分析する

広告を公開し、結果を分析するは、広告の効果を確認し改善するステップである。なぜなら、最適な広告運用に繋がるから。例えば、クリック率やコンバージョンのデータを確認する。

類似語

インタースティシャル広告

インタースティシャル広告は、ポスティシャル広告の類似語である。なぜなら、両者ともにコンテンツの間に表示される広告形式だから。例えば、アプリの画面遷移時に表示される広告。

エキスパンダブル広告

エキスパンダブル広告は、ポスティシャル広告の類似語である。なぜなら、ユーザーのインタラクションに応じて広告が拡大する点が似ているから。例えば、広告をクリックすると詳細情報が展開される。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、ポスティシャル広告の類似語である。なぜなら、コンテンツの上に重ねて表示される形式が共通しているから。例えば、動画の再生中に表示されるテキスト広告。

反対語

プレロール広告

プレロール広告は、ポスティシャル広告の反対語である。なぜなら、コンテンツが始まる前に表示される広告だから。例えば、動画を視聴する前に流れる広告。

インフィード広告

インフィード広告は、ポスティシャル広告の反対語である。なぜなら、コンテンツの途中に自然に組み込まれる広告だから。例えば、SNSのタイムラインに表示される広告。

ページトップ広告

ページトップ広告は、ポスティシャル広告の反対語である。なぜなら、ページの最上部に表示される広告だから。例えば、ウェブサイトを開いたときに最初に見る広告。

ポスティシャル広告の注意点

ポスティシャル広告を使用する時の注意点はユーザー体験の低下である。なぜならば、広告が突然表示されるため、ユーザーがイライラする可能性があるからだ。

例えば、重要な情報を読んでいて、次のページ遷移しようとしたら広告が表示される場合である。そして、広告の頻度も調整が必要。

だから、ユーザーの反応をよく観察し、調整を行うことが大切。である。そして、広告のデザインもクリーンで魅力的に。だから、ユーザーの体験を第一に考え、設定を行う。

ポスティシャル広告とインタースティシャル広告は、間違えやすいので注意しましょう。

ポスティシャル広告は、ユーザーが次のアクションをしたタイミングで表示される広告です。

一方、インタースティシャル広告は、コンテンツの間に全画面で表示される広告です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました