初めてでもわかる!インテントデータについて

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインテントデータ

  • 顧客の行動を分析するデータ
  • 未来の購買意欲を予測する手がかり
  • マーケティング戦略を練る情報源

インテントデータとは、顧客の未来の行動を予測する手がかりです。

インテントデータとは

インテントデータとは、顧客の購買意向や行動傾向を予測するための情報である。なぜなら、そのデータは顧客がネット上でどのような行動をとったか、どのような情報に興味を示したかを詳細に記録しているからだ。例えば、あるユーザーが特定の商品のレビューを読んだり、比較サイトを見ていたりすると、そのユーザーがその商品に興味を持っている可能性が高いと判断できる。そして、この情報を元に企業はそのユーザーに対して適切な広告や提案を行うことができる。だから、インテントデータはマーケティング活動における重要な手掛かりとなるのだ。

インテントデータを使用する職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、顧客の購入意向を把握し、適切なタイミングで商品やサービスを提案するためにインテントデータを活用する。例えば、顧客が特定の商品についてオンラインで検索したり、関連記事を読んだりすると、その行動はインテントデータとして記録され、マーケティングマネージャーはその情報を元に具体的な提案を行うことができる。

セールスマネージャー

セールスマネージャーは、既存の顧客が次にどのような商品やサービスに興味を示す可能性があるかを予測するために、インテントデータを活用する。これにより、セールスチームはより効果的なアップセルやクロスセルの戦略を立てることが可能となる。

製品開発者

製品開発者は、市場のニーズを理解し、新しい製品やサービスを開発する際にインテントデータを参照する。インテントデータからは顧客の関心事や問題点を把握することができ、これが新製品のアイデアを生み出すきっかけになる。

インテントデータは、新しいマーケティング戦略を考える時や、製品開発のアイデアを求めている時におすすめです。

インテントデータで有名な企業や製品、サービス

Bombora

BomboraはB2Bマーケティングに特化したインテントデータプロバイダーで、企業の購買意向を把握するための情報を提供しています。Bomboraのデータは、顧客のオンライン行動や研究傾向などを分析して、どの企業がどの製品に興味を持っているのかを明らかにします。

EverString

EverStringはAI技術を活用した営業支援ツールを提供している企業で、インテントデータの一部として活用されます。EverStringのツールは、ユーザーが興味を持っている商品やサービス、関連性の高いキーワードなどを分析して提供します。

G2

G2はビジネスソフトウェアのレビューサイトで、このサイトでのユーザー行動は豊富なインテントデータを生成します。ユーザーがどの製品を検索し、比較し、レビューを読んだかを分析することで、具体的な購買意向を把握することが可能です。

インテントデータの類似語

ビヘイビアデータ

ビヘイビアデータはユーザーの行動に関するデータで、インテントデータと共に利用されることが多いです。しかし、ビヘイビアデータは行動そのもの(例えば、どのウェブページを訪れたか)を記録するのに対し、インテントデータはその行動から推測される意図(例えば、何を購入しようとしているか)を捉えます。

デマンドジェネレーション

デマンドジェネレーションは需要を生み出すマーケティング手法で、インテントデータを活用することが多いです。顧客の購買意向を理解し、そのニーズに合わせたコンテンツやサービスを提供することで需要を喚起します。

リードスコアリング

リードスコアリングは、リード(潜在顧客)の購買可能性を評価する方法で、インテントデータはこのプロセスで大いに役立ちます。リードスコアリングでは、特定の行動や特性に基づいて点数を割り当て、リードの優先順位を決定します。インテントデータを使用すると、リードの興味や関心をより正確に理解し、スコアリングをより精密に行うことが可能になります。

インテントデータの反対語

インテントデータの直訳的な反対語は存在しませんが、使用目的や取得方法などから考えると次のような言葉が反対の意味合いを持つと言えます。

ランダムデータ

ランダムデータは、特定のパターンや意図を持たないデータを指します。インテントデータは、ユーザーの行動から見える意図やパターンを見つけるために収集されます。これとは対照的に、ランダムデータは特定の目的やパターンを反映していません。

一次データ

一次データは、研究者が直接データ収集を行った結果得られるデータを指します。これは、調査やインタビューなどを通じて得られます。一方、インテントデータはユーザーのオンライン行動を追跡し、それから購買意図を推測するためのデータなので、間接的に収集された二次データと言えます。

過去のデータ

過去のデータは、過去の行動や状況を示す情報を指します。インテントデータは現在もしくは将来の購買意向を予測するためのデータであり、そのために現在の行動を分析します。これに対し、過去のデータは過去の行動や状況を反映しており、未来の行動を直接予測するものではありません。

インテントデータを使った会話の例文

マーケティングキャンペーン対象の特定

Q.「製品についての検索が活発な顧客は?」
A.「A社とB社が頻繁に製品調査を行っています。」

購買意向が高いリードの特定

Q.「製品ページの訪問が多いリードは?」
A.「Cさんが最も多く訪問しています。」

コンテンツ作成のための顧客ニーズの理解

Q.「顧客の最も関心がある製品特性は?」
A.「環境対応性に高い関心を示しています。」

インテントデータ使用時の注意点

インテントデータを使用する時の注意点は、データの質とその解釈に関するものである。なぜならば、インテントデータは、顧客の行動を解釈するための情報であり、その解釈が間違っていれば意味を成さないからだ。例えば、顧客が製品ページを頻繁に訪れているからといって、必ずしも購買意向が高いとは限らない。そこで、データを解釈する際には、その背後にある顧客の動機や状況を理解することが重要となる。だから、インテントデータを使用する際には、その質と解釈の正確性に十分注意するべきである。

視野を広げるインテントデータ。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました