コンバージョンとは? – ウェブの世界での行動目標達成

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ウェブサイトの目標達成行動
  • 施策と改善を重ねて運用
  • CPACVRを指標にする

コンバージョンとは、ウェブ上で目標とする行動の達成ことです。
CVと表記されることがあります。

概要説明

コンバージョンとはウェブ上での目標達成行動のことである。 なぜならば、例えば購入や問い合わせ、登録などがコンバージョンとなるからだ。

そして、これらの行動を引き出すことがウェブサイトの目的である。

つまり、コンバージョンはウェブサイトの成功を示す指標である。 だから、コンバージョンを上げるための施策と改善が重要となる。

職業職種

マーケティング担当者

コンバージョンは、ウェブ上での目標達成行動を増やす指標である。なぜなら、ウェブサイトの成功を示すからだ。例えば、商品の購入や問い合わせ、登録などがこれに該当する。

ウェブデザイナー

コンバージョンは、訪問者が目標行動をとるようなサイト設計をする指標である。なぜなら、ユーザーフレンドリーなデザインがコンバージョンを向上させるからだ。例えば、使いやすいUIや直感的なナビゲーションが重要となる。

ビジネスオーナー

コンバージョンは、ビジネスの成果を示す重要な指標である。なぜなら、コンバージョンの高さがビジネスの成功を示すからだ。例えば、コンバージョン率(CVR)を高めるためには、適切なマーケティング戦略とウェブサイトの改善が必要となる。

コンバージョンは、英語の”conversion”からきており、”転換”や”変換”という意味があります。ウェブマーケティングの世界では、「訪問者から顧客への変換」を指す言葉として使用されています。

代表例

アマゾン

アマゾンは、高いコンバージョン率で知られている。なぜなら、使いやすいUIと豊富な商品情報、レビューにより、訪問者を購入者へと誘導する仕組みが整っているからだ。

Google AdWords

Google AdWordsは、CPA(コストパーミッション)広告で有名である。なぜなら、広告からのコンバージョンを追跡し、広告費を最適化する機能があるからだ。

ライオン

ライオンは、ウェブサイトからの商品問い合わせ数を増やすための施策を実施している。なぜなら、それがコンバージョンの一つとして設定されているからだ。

手順例

  1. 目標設定
    目標設定は、成功の鍵である。なぜなら、目標がないと何を達成すべきかわからないからだ。例えば、「会員登録を月に100件増やす」。

  2. Webサイト改善
    Webサイト改善は、コンバージョンを上げる大切な手段だ。なぜなら、使いやすさや見た目の良さが人々を引きつけるからだ。例えば、使いにくいサイトのレイアウトを変更する。

  3. 集客
    広告を適切に運用することは、集客に必要だ。なぜなら、適切な広告は人々をWebサイトに誘導するからだ。例えば、広告文の見直しや広告配信の最適化。

  4. 評価指標の管理
    評価指標の管理は、施策の成功を測る方法だ。なぜなら、CVRやCPAのような数値は施策がうまく行っているかを示すからだ。例えば、Google Analyticsを使用してデータを分析する。

  5. 継続的な改善
    改善策を継続的に実施することは、結果を出すために必要だ。なぜなら、一度の施策だけでは十分な結果は出ないからだ。例えば、新たな広告施策の実施やWebサイトの再改善。

類似語

成約

成約は、コンバージョンの一種である。なぜなら、商品の購入や契約の締結などもコンバージョンとして数えられるからだ。例えば、オンラインショップでの商品購入。

会員登録

会員登録も、コンバージョンの一部だ。なぜなら、ユーザーがアクションを起こし、Webサイトとの関係性を深めることがコンバージョンの目的だからだ。例えば、SNSサイトでの新規アカウント作成。

リード獲得

リード獲得は、コンバージョンに関連する概念だ。なぜなら、情報提供の申し込みなども、ユーザーとの接触を深める手段として重要だからだ。例えば、ニュースレターへの登録。

反対語

ブランド認知

ブランド認知は、コンバージョンの前段階である。なぜなら、ユーザーがアクションを起こす前に、まずブランドを知る必要があるからだ。例えば、TVCMや雑誌広告でのブランド露出。

ブラウズ

ブラウズは、コンバージョンの逆行動だ。なぜなら、ただサイトを見るだけで何も行動を起こさない状態を指すからだ。例えば、ウィンドウショッピング。

ボウンス

ボウンスは、コンバージョンとは反対の事象だ。なぜなら、ユーザーがサイトをすぐに離れてしまうことを指すからだ。例えば、サイト訪問後すぐに閉じる行動。

会話例

ビジネスの計画会議で

Q.「私たちのWebサイトのコンバージョン率ってどれくらいなの?」
A.「現在、私たちのWebサイトのコンバージョン率は約3%です。」

マーケティング戦略のレビューで

Q.「次のキャンペーンでは、コンバージョン率をどのように改善しますか?」
A.「新しいランディングページをテストし、ユーザーエクスペリエンスを向上させることで、コンバージョン率を向上させる予定です。」

製品のパフォーマンスについてのミーティングで

Q.「私たちの製品はどれくらいのコンバージョン率がありますか?」
A.「最新の報告によると、私たちの製品のコンバージョン率は約5%です。」

注意点

データ分析をする時の注意点は、客観的なデータを基にすることだ。なぜならば、主観的な判断だけでは正確なコンバージョン率を算出できないからだ。

例えば、Webサイトの訪問者数やクリック数など具体的なデータを使用する。そして、これらのデータを定期的に見直し、コンバージョン率を改善するための施策を考えることが大切だ。

だから、データに基づいた施策を立てる。

コンバージョンとクリックスルーレート(CTR)は、間違えやすいので注意しましょう。コンバージョンは目標達成の数を全訪問者数で割った率で、CTRは広告がクリックされる率です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました