コンパイルエラーとは?ソースコードのバグを見つける仕組み

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • プログラミングのミスを見つけるツール
  • ソースコードのエラー箇所を指摘する
  • エラーメッセージで問題点を教えてくれる

コンパイルエラーは、プログラミングのミスを見つけて指摘してくれます。

概要説明

コンパイルエラーとはプログラムを正しく作るための大切な手がかりである。 なぜなら、プログラムにミスがあると教えてくれるからだ。

例えば、タイプミスや文法の間違いなどである。 そして、エラーがある行の情報をくれる。 つまり、エラー箇所を特定しやすくしてくれるツールだ。 だから、効率的にプログラムの修正ができる。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、コンパイルエラーを頻繁に使用する。なぜなら、自分が書いたコードにエラーがないか確認するためだ。例えば、新しい機能を追加する時には必ずコンパイルを行う。

学生

学生も、プログラミングを学ぶときにコンパイルエラーをよく見る。なぜなら、学習過程でのミスを見つけるのに役立つからだ。例えば、プログラミングの課題を解く時には、コンパイルエラーが出たら、何が間違っているのかを理解するためにエラーメッセージを読む。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システムを開発する際にコンパイルエラーを利用する。なぜなら、安定したシステムを作るためにはエラーを早期に発見し、修正することが重要だからだ。例えば、新しいシステムを作るとき、テスト段階でコンパイルエラーを修正する。

コンパイルエラーは、名前の由来はプログラムを”compile”(翻訳)する際の”error”(間違い)から来ています。

代表例

Microsoft

Microsoftは、Visual Studioという開発ツールを提供している。なぜなら、このツールは、コンパイルエラーを詳しく教えてくれる機能があるからだ。例えば、エラーが出た行とエラーメッセージを表示してくれる。

Apple

Appleは、Xcodeという開発ツールを提供している。なぜなら、このツールもコンパイルエラーを見つけてくれるからだ。例えば、iOSアプリ開発において、エラー箇所を見つけて修正するのに役立つ。

Google

Googleは、Android開発におけるコンパイルエラーを見つけるツール、Android Studioを提供している。なぜなら、このツールにより、開発者は自分のコードの問題点を見つけて修正できるからだ。例えば、Androidアプリの開発中に、エラー箇所を指摘してくれる。

手順例

コードを書く

コードを書く時は、慎重さが重要だ。なぜなら、小さなミスもコンパイルエラーを引き起こすからだ。例えば、セミコロンの欠落など。

エラーメッセージを読む

エラーメッセージを読むのは、必須スキルだ。なぜなら、エラーの原因や位置が示されているからだ。例えば、”Syntax Error on line 20″など。

問題箇所の修正

問題の箇所を修正することは、次のステップだ。なぜなら、エラーを直さないとプログラムは動かないからだ。例えば、誤って入力した変数名を直すとか。

再度コンパイルを実行

修正後は、再度コンパイルを実行することが大切だ。なぜなら、エラーが消えたかどうかを確認するためだ。例えば、エラーメッセージが消えたかどうかを確認する。

プログラムの進行

エラーが直ったら、次に進むことができる。なぜなら、コンパイルエラーはプログラムの進行を止めるからだ。例えば、次のコードの記述に移ること。

類似語

シンタックスエラー

シンタックスエラーは、コンパイルエラーの一種だ。なぜなら、プログラムの構文が間違っているときに発生するからだ。例えば、セミコロンの欠落や括弧の不一致など。

リンクエラー

リンクエラーは、コンパイルエラーと同様にプログラムが動かなくなる。なぜなら、これは必要なリソースや関数が見つからないときに発生するからだ。例えば、必要なライブラリが見つからない時など。

ランタイムエラー

ランタイムエラーは、コンパイルエラーと少し異なる。なぜなら、これはプログラムが動作中に発生するエラーだ。例えば、ゼロで割る操作を行ったときなど。

反対語

成功したコンパイル

成功したコンパイルは、コンパイルエラーの反対だ。なぜなら、エラーなしでプログラムがコンパイルされるからだ。例えば、全ての文法が正しいとき。

クリーンビルド

クリーンビルドもまた、コンパイルエラーの反対だ。なぜなら、これはプログラムが問題なくビルドされ、実行可能な状態になるからだ。例えば、全てのコードが正しくリンクされたとき。

バグフリーコード

バグフリーコードは、エラーが一つもないコードだ。なぜなら、これはコードが期待通りに動くという意味だからだ。例えば、テストをパスしたコードなど。

会話例

教室でのプログラミング授業

Q.「先生、このコードがどうしてコンパイルエラーを出すんですか?」
A.「その行を見てみると、セミコロンが足りないからだよ。」

コーディングクラブの集まり

Q.「このコンパイルエラー、何の意味だと思う?」
A.「それは、おそらく変数名を間違えているからだと思うよ。」

プロの開発者同士の話

Q.「このエラーメッセージを見て、どの部分が問題か分かる?」
A.「うん、その関数の定義が見つからないんだね。リンクエラーだよ。」

注意点

コンパイルエラーを解消する時の注意点は忍耐強さである。 なぜならば、エラーはしばしば何度も出るものだからだ。

例えば、一つのエラーを直した後、新たなエラーが出てくることがよくある。 そして、エラーメッセージは必ず理解しなければならない。

だから、焦らず、一つ一つのエラーメッセージを丁寧に読んで解決しよう。

コンパイルエラーとランタイムエラーは、間違えやすいので注意しましょう。コンパイルエラーはプログラムが実行される前に発生し、主にプログラミングの文法の問題が原因です。一方、ランタイムエラーはプログラムが実行中に発生するエラーで、主にプログラムの論理の問題が原因です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました