4P分析とは?顧客をつかむ4つの要素を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと4P分析

  • マーケティング戦略のフレームワーク
  • 製品、価格、プロモーション、場所の4要素
  • 顧客を獲得するための具体的な手法

4P分析とは、マーケティングの4つの要素を使って顧客を獲得する手法です。

概要説明

4P分析とはマーケティング戦略を具体化するフレームワークである。なぜならば、製品、価格、プロモーション、場所の4つの要素を総合的に考慮するから。例えば、新製品を出すときに価格設定や販売場所も考える。そして、これらをバランスよく組み合わせる。つまり、成功するための全体戦略を作る。だから、ビジネスで非常に重要。

4Pの要素

Product(製品)

この部分では、何を売るのか、その製品がどんな特長や機能を持っているのかを考える。顧客が何を求めているのかを理解し、そのニーズに合った製品を提供することが重要。

Price(価格)

製品をどのくらいの価格で売るかを決める。高すぎても安すぎてもダメ。顧客が納得する価格であり、かつ、企業が利益を上げられる価格設定が求められる。

Promotion(プロモーション)

製品をどうやって知ってもらい、購入してもらうかを考える部分。広告やセール、イベントなど、多くの方法がある。目的に応じて最適なプロモーション手法を選ぶ。

Place(場所)

製品をどこで買えるようにするか、つまり販売チャンネルを考える。オンラインショップ、実店舗、またはその両方か。場所選びは顧客が製品にアクセスしやすいように工夫する。

これらの4つの要素は、単独で考えるよりも、全体としてバランスよく組み合わせることで、効果的なマーケティング戦略が生まれます。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、戦略立案である。なぜなら、製品の売り方や価格設定を決めるから。例えば、新製品のローンチ戦略。

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーは、製品開発である。なぜなら、顧客のニーズに合った製品を作るから。例えば、新製品の機能やデザイン。

販売員

販売員は、店舗運営である。なぜなら、商品を顧客に合わせて配置するから。例えば、店内の商品レイアウト。

4P分析の名前の由来は、英語の”Product”(製品)、”Price”(価格)、”Promotion”(プロモーション)、”Place”(場所)の頭文字を取っています。

4P分析の代表例

ユニクロ

ユニクロは、4P分析で有名である。なぜなら、製品、価格、プロモーション、場所の4つをうまく組み合わせて、世界中で成功しているから。例えば、高品質で低価格な製品を多くの場所で販売している。

トヨタ自動車

トヨタ自動車は、4P分析で名高い存在である。なぜなら、多様な製品ラインナップと効果的なプロモーション戦略で、世界中の顧客を引きつけているから。例えば、プリウスは環境に優しいというニーズに応えた製品である。

日本マクドナルド

日本マクドナルドは、4P分析で世間に知られている。なぜなら、手頃な価格と広告、そして都市部を中心に多くの店舗を展開しているから。例えば、期間限定の商品で話題を集め、プロモーションを強化している。

手順例

以下は、4P分析の基本手順です。

製品の特定

最初は、何を売るのかを決める。なぜなら、これが全ての基本であるから。例えば、新しいスマホケースを売る。

価格設定

次に、その製品の価格を決める。なぜなら、価格が高すぎると売れないし、低すぎると利益が出ないから。例えば、競合商品の価格を調査する。

プロモーション戦略

どうやって製品を知ってもらうか考える。なぜなら、知らない製品は買われないから。例えば、SNSで広告を出す。

販売場所の選定

製品をどこで販売するかを決める。なぜなら、買いやすい場所でないと、顧客は来ないから。例えば、オンラインショップと実店舗の両方で販売する。

類似語

マーケティングミックス

マーケティングミックスは、4P分析の類似語である。なぜなら、製品、価格、プロモーション、場所の4要素を組み合わせてマーケティング戦略を考えるから。例えば、新製品のローンチ戦略に使う。

SWOT分析

SWOT分析は、4P分析の類似語である。なぜなら、企業や製品の強み、弱み、機会、脅威を分析するもので、4P分析と同じく戦略を考えるために使われるから。例えば、新市場への参入を考える際に使用する。

STP分析

STP分析は、4P分析の類似語である。なぜなら、セグメント(市場の切り分け)、ターゲット(対象顧客)、ポジショニング(製品の位置づけ)を考え、4P分析と併用されることが多いから。例えば、新ブランドを立ち上げるときに使う。

反対語

無計画

無計画は、4P分析の反対語である。なぜなら、4P分析は戦略的な考え方であり、無計画はその逆で戦略がないから。例えば、何も考えずに商品を市場に出すこと。

一方的販売

一方的販売は、4P分析の反対語である。なぜなら、4P分析は顧客のニーズに応じた戦略を考えるが、一方的販売は顧客のニーズを無視するから。例えば、顧客の意見を聞かずに商品を売ること。

短期集中

短期集中は、4P分析の反対語である。なぜなら、4P分析は長期的な成功を目指すが、短期集中は一時的な利益しか考えないから。例えば、季節のイベントだけに力を入れること。

4P分析の注意点

4P分析を使用する時の注意点は、市場調査をしっかり行うことである。なぜならば、誤った情報で4P分析を行うと、失敗する可能性が高いからだ。例えば、競合他社の価格を知らないで価格設定をすると失敗する。そして、顧客のニーズもしっかりと把握すること。だから、事前調査は必須。

4P分析とマーケティングミックスは、間違えやすいので注意しましょう。

4P分析は、製品、価格、プロモーション、場所の4要素を総合的に考える手法です。

一方、マーケティングミックスは、これらの要素を個別に深く掘り下げる手法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました