コネクテッド・モビリティとは?これからの移動を変える技術!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ネットと車が繋がる
  • 遠隔操作可能な技術
  • 次世代の移動体験を生む

コネクテッド・モビリティ(Connected Mobility)= つながった移動

コネクテッド・モビリティとは、ネットと車の融合です。

概要説明

コネクテッド・モビリティとはインターネットと車がつながる技術である。 なぜなら、これにより遠隔から車を制御したり、車内でインターネットを使うことが可能になるからだ。

例えば、自宅からスマホで車を予熱したり、エンジンを始動したりすることができる。そして、運転中も音楽をストリーミングしたり、ナビゲーション情報をリアルタイムで更新したりすることができる。

つまり、次世代の移動体験を実現する技術である。 だから、これからの車の形を大きく変える存在だ。

職業職種

エンジニア

エンジニアは、コネクテッド・モビリティの開発者である。なぜなら、新しい技術を設計、開発するのは彼らの仕事だからだ。例えば、テスラのエンジニアは自動運転システムの開発に関与している。

ドライバー

ドライバーは、コネクテッド・モビリティのユーザーである。なぜなら、これらの技術を日常の移動に使うのは彼らだからだ。例えば、スマホを使って車のエンジンを遠隔で始動させることが可能だ。

自動車業界の企業経営者

自動車業界の企業経営者は、コネクテッド・モビリティの推進者である。なぜなら、新しい技術を採用してビジネスを拡大するのは彼らの役割だからだ。例えば、自動運転車の開発やサービス化に積極的に取り組む会社が増えている。

コネクテッド・モビリティの名前の由来は英語の”Connected”(つながった)と”Mobility”(移動)から来ていて、インターネットと車がつながり、新たな移動体験を作り出すことを表しています。

代表例

テスラ

テスラは、電気自動車業界をリードする会社だ。なぜなら、最先端のコネクテッド・モビリティ技術を活用しているからだ。例えば、自動運転システムやリモートソフトウェアアップデートなどがある。

ウーバー

ウーバーは、ライドシェアリング業界の代表格だ。なぜなら、乗車と配車をスマートデバイスで結びつけることで、移動をより便利にするコネクテッド・モビリティの一端を担っているからだ。例えば、アプリ一つでタクシーを呼び寄せ、乗車から決済までを一貫して行える仕組みを持つ。

マイク・アブレスソフ

マイク・アブレスソフは、コネクテッド・モビリティの分野で注目を浴びる研究者だ。なぜなら、インターネットを活用した移動体ネットワーク技術の開発に大きな影響を与えているからだ。例えば、自動運転車のネットワーク化を進める研究で知られる。

手順例

アプリをダウンロード

まず、デバイスにアプリをダウンロードする。なぜなら、コネクテッド・モビリティのサービスは大半がアプリを通じて提供されているからだ。例えば、ウーバーのアプリなど。

アカウント作成

次に、アカウントを作る。なぜなら、サービスの利用には個人情報の登録が必要だからだ。例えば、メールアドレスやクレジットカード情報などを登録する。

サービスを利用

アカウント作成後、サービスを利用する。なぜなら、これがコネクテッド・モビリティの本質だからだ。例えば、アプリ上で目的地を設定し、車を呼び出す。

アプリで評価

サービス終了後、アプリで評価をする。なぜなら、これによりサービスは改善されるからだ。例えば、ドライバーの運転スキルや車の清潔さなどを評価する。

アプリを更新

最後に、定期的にアプリを更新する。なぜなら、新機能やセキュリティ強化のために定期的なアップデートが必要だからだ。例えば、アプリストアから最新版をダウンロードする。

類似語

スマートモビリティ

スマートモビリティは、コネクテッド・モビリティと似た概念だ。なぜなら、どちらもICTを用いた効率的な移動手段を指すからだ。例えば、共有バイクや電動キックスクーターなどがある。

インテリジェント・トランスポート・システム

インテリジェント・トランスポート・システムは、コネクテッド・モビリティと類似した概念だ。なぜなら、両者ともに情報と通信技術を用いて交通の効率化や安全性向上を図るからだ。例えば、自動車の通信機能を使ったトラフィック情報の提供や交通事故防止などがある。

モビリティ・アズ・ア・サービス

モビリティ・アズ・ア・サービスは、コネクテッド・モビリティと並び称されることもある。なぜなら、これらは移動手段を個別の所有からサービスとして利用するパラダイムシフトを示しているからだ。例えば、定額制で様々な交通手段を自由に利用できるサービスなどがある。

反対語

アナログ交通

アナログ交通は、コネクテッド・モビリティの反対語だ。なぜなら、アナログ交通ではテクノロジーを使わないからだ。例えば、地図で道を探すこと。

非連携交通

非連携交通は、コネクテッド・モビリティの反対語だ。なぜなら、非連携交通は個々の交通手段が連携していないからだ。例えば、バスや電車の時間が合っていないこと。

切断されたモビリティ

切断されたモビリティは、コネクテッド・モビリティの反対語だ。なぜなら、切断されたモビリティでは交通手段がデータやネットワークに接続されていないからだ。例えば、GPSが使えない車。

会話例

  1. 友達と未来の車について話す
    Q.「最近、コネクテッド・モビリティって言葉をよく聞くんだけど、それって何?」
    A.「それは、車がインターネットにつながり、情報を共有することさ。例えば、車が交通情報をリアルタイムで収集して、ドライバーに最適なルートを提案したりするんだよ。」

  2. 家族とドライブの計画を立てる
    Q.「コネクテッド・モビリティの車って、ドライブに行くときに役立つ?」
    A.「もちろんさ。例えば、渋滞情報や天気予報、ガソリンスタンドの位置など、リアルタイムの情報が手に入るから、スムーズにドライブを楽しむことができるよ。」

  3. 教師が生徒に科学技術の進歩について教える
    Q.「コネクテッド・モビリティが進むと、どんな未来が待っているの?」
    A.「自動車だけでなく、電車やバスなどの公共交通もデータを共有するようになるから、もっと効率的で便利な移動が可能になるよ。例えば、バスがいつ来るかが正確に分かったり、電車とバスの接続がスムーズになったりするんだ。」

注意点

コネクテッド・モビリティを使用する時の注意点はプライバシー保護だ。 なぜならば、車がインターネットにつながり、リアルタイムの情報を共有するため、個人情報の取り扱いには注意が必要だからだ。

例えば、位置情報が第三者に漏れる可能性がある。 そして、その情報を悪用される可能性がある。 だから、コネクテッド・モビリティを使用するときは、プライバシー設定や情報の取り扱いについて十分に理解しておくことが大切だ。

コネクテッド・モビリティと自動運転は、間違えやすいので注意しましょう。コネクテッド・モビリティは車がインターネットにつながり、情報を共有することで、自動運転はコンピュータが車の操作をすることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました