リストアとは?データを安全に復元する方法を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとリストア

  • データを元の状態に戻す
  • バックアップから復元する
  • OSやアプリも正常化する

リストアとは、データやシステムを元に戻すことです。

概要説明

リストアとはデータやシステムを元の状態に戻すことである。なぜならば、データの破損や消失が起きたときに、事前に保存したバックアップから復元するからだ。

例えば、写真や文書が消えた場合にそれを元に戻す。そして、OSやアプリケーションも正常な状態に戻せる。

つまり、データだけでなくシステム全体を安全に保つ手段である。だから、非常に重要な機能である。

職業職種

ITマネージャー

ITマネージャーは、リストアを頻繁に使う。なぜなら、社内のデータ管理と保全が彼らの仕事だから。例えば、サーバーがクラッシュしたとき。

一般ユーザー

一般ユーザーは、緊急時にリストアを使う。なぜなら、誤ってデータを消してしまったときやウイルス感染で。例えば、大切な写真や文書を消してしまった場合。

システムエンジニア

システムエンジニアは、開発中やテスト段階でリストアを使う。なぜなら、新しいシステムを安全に試すためだから。例えば、新しいアプリケーションのテスト中に。

リストアは、名前の由来は英語の “Restore” から来ていて、”Restore” は「元に戻す」という意味で、まさにその機能を表しています。

リストアの代表例

Acronis

Acronisは、リストアで有名である。なぜなら、高度なデータバックアップと復元ソリューションを提供しているから。例えば、Acronis True Imageという製品がある。

Dropbox

Dropboxは、リストアで名高い存在である。なぜなら、クラウドストレージサービスでありながら、簡単なデータ復元オプションを提供しているから。例えば、ファイルのバージョン履歴を使って復元できる。

EaseUS

EaseUSは、リストアで世間に知られている。なぜなら、EaseUS Todo Backupという手軽で効率的なバックアップ・リストアソフトウェアを提供しているから。例えば、システムトランスファーやデータ復元が可能。

手順例

以下は、データリストアの基本手順です。

バックアップデータの確認

最初に、バックアップデータが存在するか確認する。なぜなら、復元するデータがないとリストアはできないから。例えば、外部ドライブやクラウドに保存されているか確認。

リストアソフトウェアを開く

次に、リストアソフトウェアを開く。なぜなら、そのソフトウェアを通じてデータを復元するから。例えば、AcronisやEaseUSなど。

復元するデータを選択

復元するデータやファイルを選択する。なぜなら、何を復元するか明確にする必要があるから。例えば、消失したフォルダやファイルを選ぶ。

リストアを実行

選択したデータでリストアを実行する。なぜなら、これがデータを元に戻す作業だから。例えば、リストアボタンをクリックする。

結果を確認

最後に、リストアが成功したか確認する。なぜなら、失敗した場合は再度実行する必要があるから。例えば、ファイルが元の場所に戻っているか確認する。

類似語

リカバリー

リカバリーは、リストアの類似語である。なぜなら、両方ともシステムやデータを元の状態に戻す作業だから。例えば、OSのリカバリー機能。

復元

復元は、リストアの類似語である。なぜなら、データを以前の状態に戻すという点で似ているから。例えば、ゴミ箱からファイルを復元する。

バックアップ

バックアップは、リストアの類似語である。なぜなら、リストアが行える前提としてバックアップが必要だから。例えば、データを外部ドライブに保存する。

反対語

削除

削除は、リストアの反対語である。なぜなら、リストアはデータを元に戻すが、削除はデータを消去するから。例えば、ゴミ箱からファイルを消す行為。

破壊

破壊は、リストアの反対語である。なぜなら、リストアがデータやシステムを修復するのに対し、破壊はそれを壊すから。例えば、ウイルスによるデータ損失。

初期化

初期化は、リストアの反対語である。なぜなら、リストアは以前の状態に戻すが、初期化は全てをゼロに戻すから。例えば、工場出荷状態に戻す。

リストアの注意点

リストアを使用する時の注意点は、最新のバックアップを確認することである。なぜならば、古いデータを復元すると、新しいデータが失われる可能性があるからだ。例えば、昨日のバックアップから復元すると、今日のデータは消える。そして、リストア前には必ずバックアップを取る。だから、失敗しても安心。

リストアとリカバリーは、間違えやすいので注意しましょう。

リストアは、特定のデータやファイルを元に戻すです。

一方、リカバリーは、システム全体を元の状態に戻すです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました