コールドスタンバイとは?システムの安全なバックアップ方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとコールドスタンバイとは

  • システムのバックアップ方法
  • 障害時に自動で使用
  • 同一環境を別に用意

コールドスタンバイとは、障害時の自動バックアップです。

概要説明

コールドスタンバイとはシステムのバックアップ方法である。なぜならば、メインシステムに障害が発生したときに自動的に別のシステムが動作を開始するから。

例えば、企業の重要なデータベースがクラッシュした場合である。そして、このバックアップシステムはメインと同じ環境を持つ。つまり、障害発生時に迅速にシステムを復旧できる。だから、データの安全性が高まる。

職業職種

システム管理者

コールドスタンバイは、データ保全の手段である。なぜなら、重要なシステムがダウンしても迅速に復旧できるから。例えば、金融機関の取引システム。

ネットワークエンジニア

コールドスタンバイは、ネットワークの安定性を保つ方法である。なぜなら、大規模なネットワーク障害時にもサービスを継続できるから。例えば、通信会社の基幹ネットワーク。

CTO(最高技術責任者)

コールドスタンバイは、企業のビジネス継続の戦略である。なぜなら、重大なシステム障害から迅速に回復し、ビジネスの停滞を最小限に抑えられるから。例えば、大規模なECサイト。

コールドスタンバイは、名前の由来は「冷えた待機」を意味する英語からです。これは、バックアップシステムが常時待機しているが、メインシステムが正常な場合は「冷えた」状態、つまり動作していない状態で待機していることからきています。

コールドスタンバイの代表例

Amazon Web Services (AWS)

Amazon Web Services (AWS)は、コールドスタンバイで有名である。なぜなら、AWSのDisaster Recoveryサービスがコールドスタンバイのオプションを提供しているから。例えば、S3とGlacierを使ったデータバックアップ。

Microsoft Azure

Microsoft Azureは、コールドスタンバイで名高い存在である。なぜなら、Azure Site Recoveryサービスが企業の災害復旧計画の一環としてコールドスタンバイをサポートしているから。例えば、仮想マシンの自動フェイルオーバー機能。

IBM

IBMは、コールドスタンバイで世間に知られている。なぜなら、IBMのDisaster Recovery Servicesがコールドスタンバイオプションを含む幅広い災害復旧ソリューションを提供しているから。例えば、IBM Cloud Resiliency Orchestration。

手順例

以下は、コールドスタンバイの設定手順です。

バックアップ環境の準備

バックアップ環境の準備は、最初のステップである。なぜなら、障害時に切り替えるシステムを確保する基盤が必要だから。例えば、同じ仕様のサーバを用意する。

データの同期設定

データの同期設定は、重要である。なぜなら、メインシステムのデータをバックアップシステムにコピー保持する必要があるから。例えば、定期的なデータバックアップのスケジュールを設定する。

自動切り替えの設定

自動切り替えの設定は、コールドスタンバイの核心である。なぜなら、メインシステムがダウンしたときに、自動でバックアップシステムに切り替わるようにする必要があるから。例えば、監視ツールを使ってシステムの健康状態をチェックし、障害を検知したら切り替えを行う設定をする。

テストと検証

テストと検証は、必須である。なぜなら、実際の障害時にしっかりと機能するかを確認する必要があるから。例えば、定期的にフェイルオーバーテストを実施する。

監視とメンテナンス

監視とメンテナンスは、継続的な作業である。なぜなら、システムの状態を常に最適に保ち、障害時に確実に切り替えが行えるようにする必要があるから。例えば、システムの監視ツールを使って定期的に状態をチェックし、必要に応じて更新や修正を行う。

類似語

ホットスタンバイ

ホットスタンバイは、コールドスタンバイの類似語である。なぜなら、両方ともシステムのバックアップ方法だけれど、ホットスタンバイはバックアップシステムが常に稼働状態である点が異なる。例えば、リアルタイムでのデータ同期。

フェイルオーバー

フェイルオーバーは、コールドスタンバイの類似語である。なぜなら、システム障害時に別のシステムに自動で切り替える機能を指す言葉で、コールドスタンバイの一部として実現されるから。例えば、メインサーバがダウンした時にバックアップサーバに自動で切り替える。

ディザスタリカバリ

ディザスタリカバリは、コールドスタンバイの類似語である。なぜなら、大規模な障害からシステムを復旧するための全体的な戦略や手段を指し、コールドスタンバイはその一つの方法であるから。例えば、地震や火災などの災害からシステムを守るための計画。

反対語

ホットスタンバイ

ホットスタンバイは、コールドスタンバイの反対語である。なぜなら、ホットスタンバイはバックアップシステムが常に稼働状態で、即時に切り替え可能な状態を保つから。例えば、リアルタイムでのデータ同期。

アクティブシステム

アクティブシステムは、コールドスタンバイの反対語である。なぜなら、アクティブシステムは現在稼働している主要なシステムを指し、コールドスタンバイはそれのバックアップを意味するから。例えば、ウェブサーバの運用中のシステム。

オンデマンド

オンデマンドは、コールドスタンバイの反対語である。なぜなら、オンデマンドは必要に応じてリソースを確保・使用する方式で、コールドスタンバイは常に一定のリソースを確保しているから。例えば、クラウドコンピューティングの利用。

コールドスタンバイの注意点

コールドスタンバイを使用する時の注意点は、定期的なテストである。なぜならば、実際の障害時に確実に切り替えが行えるかを確認する必要があるからだ。

例えば、月に一度のフェイルオーバーテストを実施する。そして、テスト結果に基づいて設定を更新する。だから、常にシステムの状態を最適に保つ。

コールドスタンバイとホットスタンバイは、間違えやすいので注意しましょう。

コールドスタンバイは、バックアップシステムが待機状態で、メインシステムがダウンした時に手動または自動で切り替えるものです。

一方、ホットスタンバイは、バックアップシステムが常に稼働状態で、リアルタイムにデータを同期し、メインシステムがダウンした瞬間に自動で切り替えが行われるものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました