仮想マシンの基本!その意味と活用法を知ろう

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • コンピュータ上に新たなPCを作る
  • 複数のOSを同時に動かす
  • 実機より安全に試せる

仮想マシンとは、新しいPCを作り複数のOSを動かし試せる技術です。

概要説明

仮想マシンとはコンピュータ上に新たなPCを作る技術である。 なぜなら一台のPC上で複数の異なるOSを同時に動作させることが可能だからだ。

例えば、Windowsが動作しているPC上でLinuxを動作させることができる。 そして、仮想マシンは実際のPCよりも安全に試用することができる。

つまり、仮想環境で問題が発生しても実際のPCには影響を与えない。 だから仮想マシンは、複数のOSの試用や開発環境としてよく利用される。

職業・職種

ソフトウェア開発者

仮想マシンは、テスト環境を手軽に構築するのに便利である。なぜなら、実際のPCに影響を与えずに異なるOSで動作確認ができるからだ。例えば、Windowsで開発したアプリをLinux上でテストする。

ITアーキテクト

仮想マシンは、リソースを効率的に活用するツールである。なぜなら、一台のサーバで複数の独立した環境を作ることができるからだ。例えば、負荷分散や障害対策として活用する。

エンドユーザー

仮想マシンは、異なるOSを試す方法として便利である。なぜなら、新しいOSをインストールしても実機に影響を与えないからだ。例えば、新バージョンのOSを試す前に、仮想マシン上でテストする。

仮想マシンは、新しいOSを試したいとき、開発環境を分離したいとき、システムの負荷を分散させたいときに使います。

企業・製品

VMware

VMwareは、仮想マシン技術のパイオニアである。なぜなら、彼らの製品が業界標準となり、その革新性で知られているからだ。例えば「VMware Workstation」や「VMware vSphere」など。

Microsoft Hyper-V

Microsoft Hyper-Vは、Windows Serverに内蔵された仮想化プラットフォームである。なぜなら、ユーザーはWindows Serverライセンスの一部として無償で利用することができるからだ。例えば、複数の仮想マシンを同時に実行することが可能。

Amazon EC2

Amazon EC2は、Amazon Web Services (AWS)が提供するクラウド上の仮想マシンサービスである。なぜなら、ユーザーは必要なリソースを自由に選択し、すぐに利用開始できるからだ。例えば、WindowsやLinuxなど、様々なOSを選択可能である。

手順例

目的と要求

仮想マシンを作成する前に、まずは目的と要求を明確にしましょう。なぜなら、ハードウェアリソースやOSの選択は、これらの要求に基づいて決定されるからです。例えば、開発環境を作成する場合、要求するリソースは比較的少なくて済むかもしれません。

手割り当て

適切なハードウェアリソース(CPU、RAM、ストレージ等)を割り当てましょう。なぜなら、これらのリソースは仮想マシンの性能に直結するからです。例えば、重いアプリケーションを動かす場合は、より多くのCPUとRAMが必要になるでしょう。

OSインストール

選択したOSをインストールします。なぜなら、これが仮想マシンの基盤となるからです。例えば、Windows ServerやLinuxなど、アプリケーションの動作環境に応じて選択します。

アプリインストール

仮想マシン上に必要なアプリケーションをインストールします。なぜなら、これが実際の作業を行うためのツールになるからです。例えば、データベースサーバやウェブサーバなどを設定します。

状態を確認

最後に、仮想マシンの状態を確認し、必要に応じて調整を行います。なぜなら、リソースの調整やセキュリティの設定などは、運用開始後でも行うことができるからです。例えば、パフォーマンスの問題が発生した場合には、リソースの割り当てを見直すことができます。

類似語

仮想化プラットフォーム

仮想化プラットフォームは、仮想マシンと類似の概念である。なぜなら、物理的なハードウェアを仮想化し、複数の独立した環境を作り出すからだ。例えば、VMware vSphereやMicrosoft Hyper-Vなど。

クラウドインスタンス

クラウドインスタンスは、仮想マシンと類似の概念である。なぜなら、クラウドサービスプロバイダのサーバー上で実行される仮想マシンの一種だからだ。例えば、AWSのEC2インスタンスやGoogle CloudのCompute Engineインスタンスなど。

仮想サーバー

仮想サーバーは、仮想マシンと類似の概念である。なぜなら、物理サーバー上で独立して動作する。

反対語

物理マシン

物理マシンは、仮想マシンの反対語である。なぜなら、それは物理的なリソースを直接使用するからである。例えばデスクトップPCやラップトップなど。

ベアメタル

ベアメタルは、仮想マシンの反対語である。なぜなら、ハードウェアに直接インストールされ、仮想化を介さずに動作するOSを指すからである。例えば、ベアメタルサーバーなど。

ネイティブアプリケーション

ネイティブアプリケーションは、仮想マシンの反対語である。なぜなら、特定のハードウェアやOSに直接インストールして使用するアプリケーションを指すからである。例えば、Windows用のソフトウェアなど。

会話例

場面: IT部署のミーティングでのシステム更新について

Q.「新しいシステムは仮想マシン上で動作するのですか?」
A.「はい、新システムは仮想マシン上で動作し、それによりリソースを効率的に利用します。」

場面: 新入社員が上司に仮想マシンについて質問する

Q.「仮想マシンって具体的に何を指すのですか?」
A.「仮想マシンは、一つの物理的なマシン上で複数の独立した仮想的なマシンを動作させる技術を指します。」

場面: テックトークでのパネルディスカッション

Q.「仮想マシンとクラウドコンピューティングの違いは何ですか?」
A.「仮想マシンは物理的なマシンを複数のマシンに仮想化する技術ですが、クラウドコンピューティングはその仮想化技術を利用してインターネット上でサービスを提供する概念です。」

注意点

仮想マシンを使用する時の注意点はリソースの分散である。 なぜならば各仮想マシンはホストのリソースを共有するからだ。

例えば、メモリやCPUなどのリソースを適切に割り当てなければならない。 そして、仮想マシンの数が多すぎると、パフォーマンスが低下する可能性がある。

だから仮想マシンのリソース管理は重要な課題である。

仮想マシン、リソース効率化の主役

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました