MBSEとは?要求分析から検証までの全手順

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとMBSEとは

  • システムの要求分析から検証までを効率化
  • 図解モデルを使ってわかりやすく説明
  • 設計と検証の一貫性を保つ

MBSEとは、図解モデルでシステム開発を効率化です。

概要説明

MBSEとは、システム開発の各フェーズを効率的に進めるアプローチである。なぜならば、図解モデルを用いて複雑なシステムを簡単に理解できるから。

例えば、要求分析の段階でモデルを作って共有することで、誤解を防ぐ。そして、設計と検証の一貫性も保つ。

つまり、全体の品質と効率が向上する。だから、新しいプロジェクトには欠かせない。

職業職種

システムエンジニア

MBSEは、プロジェクトの初期段階で有用である。なぜなら、要求分析や設計の方向性を明確にするから。例えば、新しいソフトウェア開発。

プロジェクトマネージャー

MBSEは、プロジェクト全体の効率化に貢献する。なぜなら、各フェーズの課題やリスクを早期に把握できるから。例えば、スケジュールの最適化。

品質保証担当者

MBSEは、品質の一貫性を保つ手段である。なぜなら、設計から検証までの過程が明確になるから。例えば、テストケースの作成。

MBSEは、名前の由来は「Model-Based Systems Engineering」です。これは「モデルを基にしたシステムエンジニアリング」という意味で、そのアプローチの特性を反映しています。

MBSEの代表例

Siemens

Siemensは、MBSEで有名である。なぜなら、彼らのソフトウェア「Teamcenter」がMBSEの実践に広く使われているから。例えば、自動車産業での製品開発。

IBM

IBMは、MBSEで名高い存在である。なぜなら、IBMの「Rational Rhapsody」がエンジニアリング業界でよく使われているから。例えば、航空宇宙産業でのシステム設計。

No Magic, Inc.

No Magic, Inc.は、MBSEで世間に知られている。なぜなら、同社の「MagicDraw」がMBSEの教育や研究でよく参照されるから。例えば、大学の研究プロジェクト。

手順例

以下は、MBSEを始める基本手順です。

要求分析

最初は、要求分析を行う。なぜなら、プロジェクトの目的や必要な機能を明確にする基盤となるから。例えば、顧客からの要望をリストアップ。

モデル作成

次に、モデルを作成する。なぜなら、複雑なシステムも視覚的に理解しやすくするから。例えば、UMLやSysMLを使って図を描く。

設計

設計フェーズでは、具体的なシステムの構造を決める。なぜなら、モデルが基盤となって効率よく進められるから。例えば、コンポーネントインターフェースの設計。

検証

検証を行う。なぜなら、設計が正しいかどうかを確認する重要なステップだから。例えば、シミュレーションやテストケースの実行。

評価

最後に、全体を評価する。なぜなら、プロジェクトの成功を確認し、次への改善点を見つけるためだから。例えば、性能評価や顧客フィードバック。

類似語

システムエンジニアリング(SE)

SEは、MBSEの類似語である。なぜなら、両者ともにシステム開発の効率化と品質向上を目指すから。例えば、要求分析や設計手法。

コンピュータ支援設計(CAD)

CADは、MBSEの類似語である。なぜなら、両者ともにモデルや図を使って設計を行うから。例えば、機械設計や建築設計。

プロジェクトマネジメント(PM)

PMは、MBSEの類似語である。なぜなら、両者ともにプロジェクトを効率よく遂行する手法を提供するから。例えば、スケジュール管理やリスク分析。

反対語

アドホック設計

アドホック設計は、MBSEの反対語である。なぜなら、計画やモデルなしに設計を進めるから。例えば、手探りでのプログラミング。

手書き設計

手書き設計は、MBSEの反対語である。なぜなら、コンピュータモデルを使わずに紙とペンで設計するから。例えば、紙に図を描いて設計する方法。

経験主義

経験主義は、MBSEの反対語である。なぜなら、理論やモデルよりも経験に基づいて行動するから。例えば、過去の成功例に依存する。

MBSEの注意点

MBSEを使用する時の注意点は、全員が同じ理解を持っているか確認することである。なぜならば、誤解が生じると設計ミスにつながるからだ。

例えば、要求分析の段階でしっかりと確認すること。そして、モデルが複雑になりすぎないようにする。だから、定期的なレビューが必要。

MBSEとシステムエンジニアリング(SE)は、間違えやすいので注意しましょう。

MBSEは、モデルを使ってシステム設計を効率化する方法です。

一方、SEは、モデルを使わない場合も含めて、システムを設計・運用する全般的な手法です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました