DNSサーバーって何?その働きと重要性を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ドメイン名とIPアドレスの通訳
  • サイト情報を高速に伝えるキャッシュ機能
  • 情報不足なら上位のサーバーへ問い合わせ

DNSサーバーとは、ネットの通訳です。

概要説明

DNSサーバーとは、ドメイン名とIPアドレスの通訳役である。なぜならば、ユーザーはドメイン名でサイトを認識し、コンピュータはIPアドレスで通信を行うからだ。

例えば、あなたが「www.google.com」と入力すると、DNSサーバーはそれをGoogleのIPアドレスに変換する。そして、次回からは変換した情報をキャッシュしておく。

つまり、DNSサーバーはウェブブラウジングをスムーズにするための存在である。だから、DNSサーバーなしではインターネットは便利に使えない。

職業職種

ウェブ開発者

ウェブ開発者はDNSサーバーを使う。なぜなら、サイトのドメイン名とIPアドレスを紐づけるためだ。例えば、新たに作成したウェブサイトのドメインを設定する時。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアもDNSサーバーを使う。なぜなら、ネットワーク内の通信を管理するためだ。例えば、企業内のネットワークを管理する時。

普通のユーザー

普通のユーザーも間接的にDNSサーバーを使う。なぜなら、ウェブブラウジングをする時、DNSサーバーが背後で働いているからだ。例えば、Googleで何かを検索する時。

DNSサーバーは、名前の由来は「Domain Name System」の略語から来ています。これは「ドメイン名システム」という意味で、ドメイン名とIPアドレスを繋げるシステムを指す言葉です。

代表例

Google

Googleは、パブリックDNSサービス”Google Public DNS”を提供している。なぜなら、速度とセキュリティに重きを置き、世界中のインターネットユーザーに対して高品質なDNSリゾルバを提供しているからだ。例えば、Google Public DNSは、不必要なリダイレクトを排除し、ウェブページの読み込み速度を向上させる。

Cloudflare

Cloudflareは、”1.1.1.1″という独自のDNSサービスを提供している。なぜなら、プライバシー保護と高速性を目指しているからだ。例えば、1.1.1.1は、ユーザーのクエリ情報を24時間以上保持せず、ユーザーのインターネットのプライバシーを守る。

Paul Mockapetris

Paul Mockapetrisは、DNSの父とも言える人物である。なぜなら、彼が1980年代にDNSを設計・開発したからだ。例えば、彼の仕事は、今日のインターネット利用にとって絶対に不可欠な要素となっている。

手順例

DNSサーバー設定の手順です。

IP設定画面へ

最初にPCやスマホのネットワーク設定画面へ行く。なぜなら、DNSサーバーの設定はこの画面で行うからだ。例えば、Windowsなら「コントロールパネル」から「ネットワークとインターネット」を選ぶ。

ネットワークアダプター設定

次に、使用中のネットワークアダプターのプロパティを開く。なぜなら、そこでDNSサーバーのIPアドレスを設定するからだ。例えば、一般的なWi-Fi接続なら「Wi-Fi」を選んで「プロパティ」を開く。

DNSサーバー設定

プロパティ画面で「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選び、「プロパティ」をクリックする。そこで、「次のDNSサーバーアドレスを使用する」を選び、希望のDNSサーバーのIPアドレスを入力する。なぜなら、これがDNSサーバーを指定する操作だからだ。例えば、Google Public DNSを使うなら「8.8.8.8」や「8.8.4.4」を入力する。

類似語

DNSリゾルバ

DNSリゾルバは、DNSサーバーと同じ機能を果たす。なぜなら、DNSリゾルバはクライアントの一部として動作し、ユーザーからのドメイン名の問い合わせをDNSサーバーに送信するからだ。例えば、ユーザーがウェブサイトにアクセスしようとすると、そのドメイン名をIPアドレスに変換するためにDNSリゾルバが活動する。

DNSキャッシュサーバー

DNSキャッシュサーバーは、DNSサーバーの一部として機能する。なぜなら、それは最近のドメイン名とIPアドレスの対応を一時的に保存するからだ。例えば、同じドメイン名に対する問い合わせが繰り返されると、DNSキャッシュサーバーはその応答時間を大幅に短縮する。

反対語

DNSサーバーの反対語はない。なぜなら、DNSサーバーの概念自体が特定の働きをするためのもので、その直接的な反対概念は存在しないからだ。

会話例

サーバー設定の場面

「私たちのウェブサイトを訪れるユーザーにとっては、IPアドレスよりドメイン名の方が覚えやすいんですよね?」
「そうだよ。DNSサーバーがドメイン名をIPアドレスに変換するからだよ。」

トラブルシューティングの場面

「ドメイン名がIPアドレスに変換できないトラブルが発生したんですが、何が原因ですか?」
「それはDNSサーバーが正しく機能していないかもしれない。確認してみよう。」

ウェブサイトパフォーマンス最適化の場面

「同じドメイン名のリクエストが頻繁にある時は、どうしたらいいですか?」
「DNSキャッシュサーバーを利用するといい。これは一度解決したドメイン名の情報を保持しておくサーバーだから、同じリクエストが来た時に素早く対応できるんだ。」

注意点

DNSサーバーを使用する時の注意点は、設定ミスだ。なぜなら設定ミスはユーザーがウェブサイトにアクセスできない問題を引き起こすからだ。

例えばドメイン名とIPアドレスの紐付けが間違っていると、ユーザーはウェブサイトにアクセスできなくなる。そして、設定を変更したら、その変更が全てのDNSサーバーに反映されるまで少し時間がかかることも覚えておこう。

だから設定変更後は必ず確認を行い、問題が無いことを確認しよう。

DNSサーバーとDHCPサーバーは、間違えやすいので注意しましょう。

DNSサーバーは、ドメイン名をIPアドレスに、変換する働きがあります。

一方、DHCPサーバーは、ネットワーク内のデバイスに、IPアドレスを自動的に割り当てる役割があります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました