アービトラージとは?差額を狙った投資テクニック

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • アービトラージとは低リスク取引
  • アービトラージとは価格差利用
  • アービトラージとは効率的投資

アービトラージ(Arbitrage)とは低リスク取引、日本語読みで「裁定取引」。市場間の価格差を利用して利益を得る方法。

概要説明

アービトラージとは、異なる市場での価格差を利用することである。なぜならば、同じ資産が異なる市場で異なる価格で取引されるから。例えば、株式が異なる国の市場で異なる価格で売買されることがある。そして、これを利用することで、リスクが低い利益を得ることができる。つまり、市場の非効率性を利用する投資戦略である。だから、多くの投資家に注目される。メリットはリスクが比較的低いこと、デメリットは市場の効率性が高まると利益を得にくくなること。

職業職種

投資家

アービトラージは、市場の非効率性を利用する。なぜなら、同じ資産が異なる価格で取引されることを見つけるから。例えば、株や通貨の取引。

トレーダー

アービトラージは、短期間での利益追求に使う。なぜなら、瞬時の価格差を捉えて即座に反応する必要があるから。例えば、高速取引システムの利用。

金融アナリスト

アービトラージは、市場分析に基づく戦略立案に利用する。なぜなら、市場動向の理解が重要だから。例えば、データ分析を通じた投資判断。

アービトラージの名前の由来は、フランス語の「arbitrage」です。これは「裁定」や「仲裁」という意味があり、市場間の価格差を裁定することから来ています。

代表例

野村證券

野村證券は、アービトラージで有名である。なぜなら、独自の金融商品とサービスで市場の価格差を利用しているから。例えば、国際市場間の株式取引。

三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJフィナンシャル・グループは、アービトラージで名高い存在である。なぜなら、幅広い金融商品を通じて複数市場での取引を行っているから。例えば、通貨取引。

楽天証券

楽天証券は、アービトラージで世間に知られている。なぜなら、オンライン取引プラットフォームを通じて様々な市場での投資機会を提供しているから。例えば、ETFの取引。

手順例

以下は、アービトラージの実行手順です。

市場を分析する

市場を分析することは、価格差を見つける基本である。なぜなら、異なる市場で同じ資産の価格を比較する必要があるから。例えば、株式や通貨の価格。

投資戦略を立てる

投資戦略を立てることは、効率的に利益を得るために重要である。なぜなら、市場の動きに合わせて素早く行動する必要があるから。例えば、リスク管理。

資産を購入する

資産を購入することは、アービトラージの実行の一歩である。なぜなら、価格が低い市場で資産を手に入れる必要があるから。例えば、株や通貨。

資産を売却する

資産を売却することは、利益を確定する手段である。なぜなら、価格が高い市場で資産を売ることで利益が生まれるから。例えば、異なる取引所での売買。

リスクを評価する

リスクを評価することは、継続的な成功のために不可欠である。なぜなら、市場環境は常に変化するから。例えば、政治的な変動や経済的なニュース。

類似語

裁定取引(Arbitrage Trading)

裁定取引は、アービトラージの類似語である。なぜなら、異なる市場間での価格差を利用して利益を得ることを指すから。例えば、異なる株式市場での同じ株の価格差を利用する。

ヘッジ取引(Hedging)

ヘッジ取引は、アービトラージの類似語である。なぜなら、リスクを回避しつつ利益を狙う取引方法を指すから。例えば、相対的に安全な資産を同時に保有する。

スプレッド取引(Spread Trading)

スプレッド取引は、アービトラージの類似語である。なぜなら、異なる金融商品間の価格差を利用する取引を指すから。例えば、先物市場での異なる期限の商品間での取引。

反対語

直接投資

直接投資は、アービトラージの反対語である。なぜなら、アービトラージは短期間での価格差利用を指すが、直接投資は長期的な資産への投資を意味する。例えば、企業への株式投資。

スポット取引

スポット取引は、アービトラージの反対語である。なぜなら、アービトラージは複数市場での価格差を利用するが、スポット取引は即時または非常に短期間での取引を指す。例えば、現金での商品購入。

長期保有

長期保有は、アービトラージの反対語である。なぜなら、アービトラージは短期間の取引に焦点を当てるが、長期保有は時間をかけて価値の増加を期待する投資手法。例えば、長期的な株式投資。

会話例

投資会社での打ち合わせ中

「アービトラージって具体的にどんな手法なの?」
「アービトラージは、異なる市場で同じ資産の価格差を利用して利益を得る手法だよ。」

トレーダー同士の会話

「アービトラージでリスクはどのくらい?」
「アービトラージは比較的リスクが低いよ。市場の価格差を上手く利用すればね。」

金融分析会議での質問

「アービトラージの成功例は?」
「例えば、異なる国の株式市場での同じ企業の株を取引することで利益を出したケースがあるよ。」

注意点

アービトラージを行う時の注意点は市場情報の正確性である。なぜならば市場の動きは常に変わるからだ。例えば、政治的な出来事や経済の変動である。そして、迅速な決断が必要。だから、常に最新の市場データに注意する必要がある。

アービトラージとヘッジ取引は、間違えやすいので注意しましょう。アービトラージは、異なる市場での価格差を利用して利益を得る手法です。

一方、ヘッジ取引は、リスクを軽減するために行う取引です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

  1. アビトラージはIT系なのか?

タイトルとURLをコピーしました