比較演算子とは?真偽値の扱い方を学ぼう!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと比較演算子とは

  • プログラムでの数値や文字列の比較
  • 結果は真偽値で返される
  • 「>=」「<=」「!=」などの記号使用

比較演算子とは、値を比較し真偽を判断するものです。

概要説明

比較演算子とはプログラム中での数値や文字列の比較ツールである。なぜならば、正確な処理をするために、値の大きさや等しさを判断する必要があるからだ。

例えば5 >= 3は真である。そしてapple != orangeも真だ。 apple != appleは偽。

つまり、数値や文字列の比較が容易にできる。だから、コーディング中には欠かせない。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、日々のコーディングで使う。なぜなら、データの処理や判断が必要だから。例えば、ユーザーの入力値が条件を満たしているかを確認する場面など。

データ分析家

データ分析家は、大量のデータセットを比較する際に使う。なぜなら、特定の条件下でのデータの傾向を知るため。例えば、売上が前月と比べて増加したかを判定する場面。

システム管理者

システム管理者は、システムの状態やリソースをモニタリングする際に使う。なぜなら、リソースの使用量が閾値を超えたかどうかを判断するため。例えば、ディスク容量が限界を超えそうな時など。

比較演算子は、名前の由来は「比較する」という動作と「演算子」を組み合わせたものです。

類似語

関係演算子

関係演算子は、比較演算子と同じである。なぜなら、二つの値の関係性を判断するための記号を指すから。例えば==>

条件演算子

条件演算子は、真偽値を返す演算子の一つである。なぜなら、ある条件を満たしているかどうかを判断するのに使うから。例えば三項演算子? :

論理演算子

論理演算子は、真偽値を組み合わせるためのものである。なぜなら、ANDやORのような操作を行うために使うから。例えば&&||

反対語

合致

合致は、同じであることを示す。なぜなら、比較して二つの値が同じ場合に使う言葉だから。例えば==

超過

超過は、ある値より大きいことを示す。なぜなら、比較して一つの値がもう一つより大きい場合に使う言葉だから。例えば>

不一致

不一致は、異なることを示す。なぜなら、比較して二つの値が違う場合に使う言葉だから。例えば!=

比較演算子の注意点

比較演算子を使用する時の注意点は間違いやすい記号を使わないことである。なぜならば、似たような記号がいくつかあるからだ。例えば===である。そして、使用するプログラム言語によっては異なる記号を使うこともある。だから、常にドキュメントやリファレンスをチェックすることが大切だ。

比較演算子と関係演算子は、間違えやすいので注意しましょう。

比較演算子は、二つの値の大小や一致を判断するものです。

一方、関係演算子は、比較演算子と同じ意味で使われることが多い言葉です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました