演算子とは?プログラミングの基本を解説

IT用語辞典

プログラミングで使う演算子の役割とは何でしょうか?

この記事では演算子を分かりやすく解説します。

演算子とは

演算子とはコード内で数学的操作を行う記号のこと。 なぜならば計算したり、値を比較したり、条件によって動作を分けたりするため。

例えば、5 + 3+が演算子である。そして+ - * /など多くの種類がある。つまり演算子はプログラミングの基本要素。だから理解することが重要。

演算子の種類

算術演算子とは

算術演算子とは、数値を足したり引いたりするための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、数学の問題をプログラムで解くことができるからだ。例えば、+は足し算、-は引き算、*は掛け算、/は割り算、%は余りを求める演算だ。つまり、これらの記号を使って計算を表現する。だから、これらを算術演算子と呼ぶ。

算術演算子の例コード

a = 5
b = 2
print(a + b)  # 足し算:7
print(a - b)  # 引き算:3
print(a * b)  # 掛け算:10
print(a / b)  # 割り算:2.5
print(a % b)  # 余り:1

文字列結合演算子とは

文字列結合演算子とは、文字列をつなげるための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、異なる文字列をひとつにまとめることができるからだ。例えば、+を使うと、HelloWorldをつなげて、HelloWorldを作れる。つまり、+は文字列をつなげる演算子だ。だから、これを文字列結合演算子と呼ぶ。

文字列結合演算子の例コード

str1 = "Hello"
str2 = "World"
print(str1 + str2)  # "HelloWorld"

代入演算子とは

代入演算子とは、ある値を変数に保存するための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、データを保持して再利用することができるからだ。例えば、=を使うと、5という数値をaという名前の変数に代入できる。つまり、=は値を変数に保存する演算子だ。だから、これを代入演算子と呼ぶ。

代入演算子の例コード

a = 5  # 5をaに代入
print(a)  # aの値を表示:5

インクリメント演算子とは

インクリメント演算子とは、変数の値を1増やすための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、カウンターなどの値を簡単に増やすことができるからだ。例えば、++や<code>+=を使うと、aの値を1増やすことができる。つまり、これらの記号は値を増やす演算子だ。だから、これをインクリメント演算子と呼ぶ。

インクリメント演算子の例コード

a = 5
a += 1  # aの値を1増やす
print(a)  # aの値を表示:6

デクリメント演算子とは

デクリメント演算子とは、変数の値を1減らすための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、カウンターなどの値を簡単に減らすことができるからだ。例えば、---=を使うと、aの値を1減らすことができる。つまり、これらの記号は値を減らす演算子だ。だから、これをデクリメント演算子と呼ぶ。

デクリメント演算子の例コード

a = 5
a -= 1  # aの値を1減らす
print(a)  # aの値を表示:4

比較演算子とは

比較演算子とは、二つの値を比べるための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、ある値が他の値と等しい、大きい、小さいなどを調べることができるからだ。例えば、==は等しい、<は小さい、>は大きいなどの比較を表す。つまり、これらの記号は値を比較する演算子だ。だから、これを比較演算子と呼ぶ。

比較演算子の例コード

a = 5
b = 2
print(a == b)  # 等しい:False
print(a < b)   # 小さい:False
print(a > b)   # 大きい:True

論理演算子とは

論理演算子とは、複数の条件を一緒に考えるための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、”かつ”や”または”などの複数の条件を組み合わせることができるからだ。例えば、&&は”かつ”、||は”または”を表す。つまり、これらの記号は複数の条件を一緒に考える演算子だ。だから、これを論理演算子と呼ぶ。

論理演算子の例コード

a = 5
b = 2
c = 7
print(a > b && a < c)  # aはbより大きく、かつ、aはcより小さい:True
print(a > b || a > c)  # aはbより大きい、または、aはcより大きい:True

等価演算子とは

等価演算子とは、値や型が等しいかどうかを調べる記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、値だけでなく型も一緒に比較できるからだ。例えば、===は値と型が等しいことを調べる。つまり、===は値と型が一致することを調べる演算子だ。だから、これを等価演算子と呼ぶ。

等価演算子の例コード

let a = '5'
let b = 5
console.log(a === b)  // 値と型が等しいか:False

三項演算子とは

三項演算子とは、条件によって結果を変えるための記号だ。なぜなら、この演算子を使うと、”もし〜なら〜、そうでなければ〜”という条件を簡単に書くことができるからだ。例えば、?:を使うと、条件によって異なる結果を得られる。つまり、?:は条件によって結果を選択する演算子だ。だから、これを三項演算子と呼ぶ。

三項演算子の例コード

let a = 5
let b = 2
let result = (a > b) ? "aはbより大きい" : "aはbより小さい"
console.log(result)  // "aはbより大きい"

その他の演算子

ビット演算子

二進数表記の数値に対して操作を行う演算子。AND(&)、OR(|)、XOR(^)、NOT(~)、左シフト(<<)、右シフト(>>)などがある。

代入演算子の拡張

値を更新する際に、一度に演算も行うための演算子。例えば、+=は左辺の値に右辺の値を足して代入します。同様に-=, *=, /=, %=などがある。

メンバアクセス演算子

オブジェクトのメンバ(プロパティやメソッド)にアクセスするための演算子。ピリオド(.)やアロー(->)などがある。

配列要素アクセス演算子

配列の特定の要素にアクセスするための演算子。大抵の言語ではブラケット([])を使う。

型変換演算子

値のデータ型を別のデータ型に変換するための演算子。例えばC++ではstatic_cast<>などがある。

条件演算子

他の言語では”null coalescing operator”(??)、”null conditional operator”(?.)などとも呼ばれる。値がnullかどうかを判定し、nullでなければその値を、nullならばデフォルトの値を使用する。

演算子についての解説は完了です。

この記事で得た知識を活かし、より良いコードを書けることを願ってます!

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典JavaScript
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました