プログラミングでの「定数、変数、関数」の違いを簡単解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT業界雑記

ざっくりと

  • 定数とは変わらない値を持つもの
  • 変数とは値を変えられるもの
  • 関数とは命令をまとめたもの

何に使われてるかを理解すれば覚えやすいです。

定数、変数、関数の例

定数: PI = 3.14

変数: 半径 =

関数: PI * 半径^2

結果はこちら

コード例

// 定数
const PI = 3.14;

// 関数
function calculateArea(radius) {
    return PI * Math.pow(radius, 2);
}

// 関数を呼び出して結果を表示
function calculate() {
    let radius = document.getElementById('radius').value;
    let area = calculateArea(radius);
    document.getElementById('result').innerHTML = "円の面積は " + area;
}

コードの説明

定数

定数は、一度設定されるとその値を変えることができない特別な種類の変数である。このコードでは、定数はPIとして宣言されている。その値は3.14と設定されており、一度設定した後は、プログラムの実行中に値を変更することはできない。

変数

変数は、値を保存するためのコンテナのようなもの。このコードでは、変数radiusがフォームから入力された値を保持している。変数は値を格納する場所で、その値はプログラムの実行中に変更することが可能。

関数

関数は、特定の処理を行うコードのまとまりである。このコードでは、関数calculateAreaが定義されており、引数として半径radiusを取り、円の面積を計算して返す。関数は再利用可能で、同じ処理を何度も行う場合に便利である。また、関数calculateはHTMLのボタンがクリックされた時に呼び出され、半径を取得して面積を計算し、結果をHTMLに表示する。

プログラミングで使用される数学用語

  1.  定数(Constant)
    数学では、一定の数値を表す。プログラミングでは、値が変わらない変数を指す。例えば、円周率のπや自然対数の底eなどは定数。
  2.  変数(Variable)
    数学で、特定の値を代表する記号。プログラミングでは、値を格納するための箱のようなものと考えることができる。その値はプログラムの実行中に変えることができる。
  3.  関数(Function)
    数学では、ある集合から別の集合への対応を表す。プログラミングでは、特定のタスクを実行するための一連の命令をまとめたものを指す。
  4.  式(Expression)
    数学とプログラミングの両方で使われる。数学では、数値や変数、演算記号で表され、プログラミングでは、値を計算するためのコードの断片を指す。
  5.  配列(Array)
    数学では、数値のリストやベクトルを表す。プログラミングでは、同一の型の複数のデータを一続きに格納するためのデータ構造を指す。
これらの用語は、数学とプログラミングの両方で基本的な概念を表している。ただし、その具体的な意味や使用方法は、数学とプログラミングの文脈で若干異なることがある。

これが定数、変数、関数の基本的な使い方です。

プログラミングではよく使われる用語なので、しっかり覚えましょう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT業界雑記IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました