サロゲートキーとは?データベースをスマートに管理

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 直接的な意味を持たないキー
  • 重複や欠落防止に役立つ
  • DBの変更影響を受けにくい

サロゲートキーとは、データの安全と効率を守るキーです。

概要説明

サロゲートキーとはデータベースの主キーとして使用される意味を持たないキーである。なぜなら、主キーとしてデータの重複や欠落を防止し、データベースの効率的な運用を実現するからだ。

例えば、システムはデータに対して自動的に連番を生成し、主キーの体系が変化した際の影響を最小限に抑える。そして、これがサロゲートキーの大きな利点となる。つまり、データの管理をスムーズにするための一つの工夫である。

だから、データベースの運用をスムーズにする手段として重要とされる。

職業職種

データベース管理者

データベース管理者は、サロゲートキーを頻繁に使用する。なぜなら、データの整合性を保つために必要だからだ。例えば、重複のないデータの管理に役立つ。

システムエンジニア

システムエンジニアも、サロゲートキーを使うことがある。なぜなら、システム設計時にデータベースの構造を決定する時に役立つからだ。例えば、データベースの効率的な運用に貢献する。

ビジネスアナリスト

ビジネスアナリストも、サロゲートキーを理解しておくと有益だ。なぜなら、データ分析時にデータベースの理解が深まるからだ。例えば、データの取扱いがスムーズになる。

サロゲートキーは、名前の由来は英語の”surrogate”(代理)と”key”(鍵)からきています。

代表例

Oracle

Oracleは、データベース管理システムの巨人だ。なぜなら、そのシステムは世界中の大企業に使われているからだ。例えば、Oracleのデータベースでは、サロゲートキーの概念が重要な役割を果たしている。

Amazon

Amazonは、巨大なオンラインマーケットプレイスだ。なぜなら、その製品の数は数百万以上に上るからだ。例えば、それぞれの製品に一意のサロゲートキーが割り当てられて、効率的な管理と検索が可能になっている。

Bill Inmon

Bill Inmonは、データウェアハウスの父と呼ばれている人物だ。なぜなら、彼がデータウェアハウスの理論を初めて提唱したからだ。例えば、彼の理論の中では、サロゲートキーの使用がデータ整合性を保つために重要とされている。

手順例

サロゲートキーの生成手順です。

データベース設計

まずは、データベースの全体構造を設計する。なぜなら、それが全体のフレームワークを提供するからだ。例えば、各テーブルやフィールドの関係性を明らかにする。

主キーの選定

次に、各テーブルで一意の主キーを選定する。なぜなら、それが各レコードを特定するための基盤だからだ。例えば、ユーザーIDや商品コードなどを選ぶ。

サロゲートキーの導入

主キーとしてふさわしくない、または変更の可能性があるデータに対して、サロゲートキーを導入する。なぜなら、それが安定した識別子を提供するからだ。例えば、自動的に連番のデータ型を生成する。

類似語

代理キー

代理キーは、サロゲートキーの同義語だ。なぜなら、どちらも同じ概念を指しているからだ。例えば、一意の識別子を生成するための手段として使われる。

シンセティックキー

シンセティックキーは、サロゲートキーの一種だ。なぜなら、人工的に作り出される識別子を指すからだ。例えば、人間が理解できない乱数やコードを用いる。

オートキー

オートキーは、サロゲートキーを生成する一手法だ。なぜなら、自動的に連番を割り当てる仕組みを指すからだ。例えば、新たなレコードが追加されるたびに新しいキーが生成される。

反対語

ナチュラルキー

ナチュラルキーは、サロゲートキーの反対語だ。なぜなら、それはデータそのものが持つ意味ある値をキーとするからだ。例えば、生徒の学籍番号や商品のバーコード番号なんかがナチュラルキーだ。

ビジネスキー

ビジネスキーもサロゲートキーとは対象的だ。なぜなら、それはビジネス上のルールや情報から生まれるキーだから。例えば、顧客の会員番号や書籍のISBNコードなんかがビジネスキーだ。

会話例

  1. データベース設計会議で
    Q.「サロゲートキーって何?」
    A.「それはデータとは直接関係ない、システムが自動でつける番号だよ。データが変わってもその番号は変わらないから、管理しやすいんだ。」

  2. システムエラー発生時
    Q.「このデータベースエラー、どうやって直すの?」
    A.「データが重複してるみたいだね。こういうときサロゲートキーがあると便利だよ。データ自体は重複してても、サロゲートキーは違う番号がついてるから、どれがどれだかわかるんだ。」

注意点

サロゲートキーを使用する時の注意点はDBの容量増大である。なぜならばサロゲートキーはデータ自体とは関係ない項目だからだ。

例えば、データ1つ1つに対して新たな番号をつけると、その分だけデータベースの容量が大きくなる。

だから、使用する時はその点を考慮に入れるべきだ。

サロゲートキーとナチュラルキーは、間違えやすいので注意しましょう。サロゲートキーはシステムが自動で生成する番号で、ナチュラルキーはデータそのものが持つ意味ある値だからです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました