サニタイジングとは?Web攻撃を防ぐ重要手段

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

サニタイジングとは、Web攻撃を防ぐ無害化手段です。

概要説明

サニタイジングとは、Webアプリケーションのセキュリティ対策の一つである。 なぜなら、悪意のあるコードを含むHTMLタグやJavaScript、SQL文を無害化するからだ。

例えば、ユーザからの入力値をそのまま使用せずに、エスケープ処理することで、攻撃コードを無害化する。そして、XSSやSQLインジェクションなどの攻撃からサイトを守る。

つまり、Webサイトの安全性を保つ重要な手段である。だから、サニタイジングの理解と実施は必須。

サニタイジングのコード例

Pythonではhtmlというライブラリが用意されていて、その中にはサニタイジングを行う関数escape()がある。この関数は、HTMLの特殊文字(たとえば ‘<‘, ‘>’, ‘&’ など)を対応するHTMLエンティティに書き換える。

import html

def sanitize(user_input):
    return html.escape(user_input)

user_input = "<script>alert('Bad!');</script>"
sanitized_input = sanitize(user_input)

print(sanitized_input)

このコードを実行すると、user_inputに入っていた<script>alert('Bad!');</script>&lt;script&gt;alert('Bad!');&lt;/script&gt;という形に書き換えられる。<>がそれぞれ&lt;&gt;に変換されることで、ブラウザはこれをタグとして解釈しなくなる。これはサニタイジングの一例。

職業職種

Webデベロッパー

Webデベロッパーは、サニタイジングを行う。なぜなら、Webアプリケーションのセキュリティを担当しているからだ。例えば、ユーザからの入力を適切に処理して、悪意のあるコードを無害化する。

システム管理者

システム管理者も、サニタイジングを行う。なぜなら、全体のシステムセキュリティを確保する役割を持っているからだ。例えば、システム全体の脆弱性をチェックし、必要に応じてサニタイジングを適用する。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアも、サニタイジングを使う。なぜなら、最前線でシステムのセキュリティを守る役割があるからだ。例えば、新たな脅威に対して迅速に対応し、サニタイジングを含む対策を立てる。

サニタイジングは、英語の “sanitize”(無害化する)から来ています。

代表例

Google

Googleは、サニタイジングの大手企業だ。なぜなら、彼らのウェブアプリケーションではこの技術を幅広く活用しているからだ。例えばGmailでは、ユーザーの安全を確保するために入力内容のサニタイジングを行っている。

Facebook

Facebookは、サニタイジングを行うことでセキュリティを強化している。なぜなら、ユーザーが投稿する内容を無害化することで、XSSやSQLインジェクションといった攻撃からユーザーを守っているからだ。

Cloudflare

Cloudflareは、サニタイジングの専門企業である。なぜなら、ウェブアプリケーションのセキュリティを向上させるための数多くのサービスを提供しており、その中にはサニタイジングも含まれているからだ。

手順例

ウェブアプリケーションでのサニタイジングの手順です。

入力情報の受け取り

最初は、ユーザーからの入力情報を受け取る。なぜなら、これがサニタイジングの対象となるデータだからだ。

サニタイジングの実行

次に、受け取った入力情報をサニタイジングする。なぜなら、これによりデータを安全な形に変換できるからだ。

サニタイジング後のデータの利用

最後に、サニタイジングしたデータをアプリケーション内で使用する。なぜなら、このデータは無害化されているので、安全に利用できるからだ。

類似語

エスケープ処理

エスケープ処理は、サニタイジングと同じくデータを安全にする手法だ。なぜなら、特殊な文字を別の表現に置き換えることで、予期せぬ動作を防ぐからだ。

データクリーニング

データクリーニングも、サニタイジングと同じ目的を持つ。なぜなら、こちらも不適切なデータを排除してデータの品質を保つ手法だからだ。

バリデーション

バリデーションは、サニタイジングと共によく使われる。なぜなら、入力データが期待する形式に合っているかを確認することで、データの信頼性を保つからだ。

反対語

脆弱化

脆弱化は、セキュリティの弱点を作ることだ。なぜなら、安全性を落とす行為だからだ。例えば、パスワードを簡単に設定することだ。

会話例

友達との会話で、ウェブサイトのセキュリティについて話す場面

Q.「なんでウェブサイトはサニタイジングが必要なの?」
A.「それは攻撃者が悪意あるコードを埋め込むのを防ぐためだよ。」

教師が生徒にコンピューターセキュリティについて教える場面

Q.「サニタイジングって具体的に何をするの?」
A.「コード中の特殊な文字を無害な形に書き換えるんだ。」

注意点

サニタイジングを行う時の注意点は正確性だ。なぜならば、間違った書き換え方をすると、元の意味が変わってしまうからだ。

例えば、1<2という比較を行うコードが1<2と書き換えられた場合、<という記号がHTMLのタグと誤解されなくなる。だから、正確に行う必要がある。

サニタイジングとエンコーディングは、間違えやすいので注意しましょう。サニタイジングは攻撃を防ぐための無害化で、エンコーディングはデータの形式を変えることです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました