メリコの法則とは?商品を選ばれやすくするデザインの法則

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとメリコの法則

  • (メ)目立っているか
  • (リ)理解できるか
  • (コ)好感を持てるか

メリコの法則とは、商品が選ばれる、目立ち・理解・好感の3要素のことです。

概要説明

メリコの法則とは商品が選ばれるための3つの要素である。なぜならば消費者は目立つ商品に手を伸ばし、理解できる商品を信頼し、好感を持つ商品を買うから。例えば、鮮やかな色で目立ち、シンプルな説明で理解しやすく、可愛いキャラクターで好感を持つ。つまり、これら3つが揃うと商品はヒットしやすい。だから、パッケージデザインにはメリコの法則が重要。

職業職種

デザイナー

デザイナーは、パッケージ作成で使う。なぜなら、目立ち・理解・好感の3要素をデザインに活かすから。例えば、色や形で目立たせる。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、商品戦略で使う。なぜなら、消費者の心をつかむためには、これらの要素が必要だから。例えば、ターゲットに合わせて好感を持たせる。

小売業者

小売業者は、商品配置で使う。なぜなら、店頭で目立つ商品はよく売れるから。例えば、エンドキャップに目立つ商品を置く。

メリコの法則の名前の由来は、目立っているか(メ)、理解できるか(リ)、好感を持てるか(コ)の各頭文字を取って名付けれました。

メリコの法則の代表例

ポッキー(グリコ)

ポッキーは、メリコの法則で有名である。なぜなら、パッケージが目立ち、内容がすぐに理解でき、キャラクターやデザインで好感を持てるから。例えば、赤いパッケージで目立ち、シンプルな形で何が入っているかすぐわかる。

ユニクロ

ユニクロは、メリコの法則で名高い存在である。なぜなら、店舗デザインと商品陳列が目立ち、価格と品質がすぐに理解でき、シンプルなデザインで好感を持てるから。例えば、明るい店内とわかりやすい価格表示。

LINE

LINEは、メリコの法則で世間に知られている。なぜなら、アイコンが目立ち、使い方が簡単で理解しやすく、スタンプや絵文字で好感を持てるから。例えば、緑のアイコンとシンプルなUI

手順例

以下は、メリコの法則を実行する手順です。

目立たせる要素を決定

目立たせる要素は、色や形である。なぜなら、人の目は鮮やかな色やユニークな形に引かれるから。例えば、赤や黄色を使う。

理解しやすくする情報を整理

理解しやすくする情報は、商品の主要な特徴や価格である。なぜなら、消費者は購入する前に必要な情報を知りたいから。例えば、簡潔な説明文を書く。

好感を持たせる要素を追加

好感を持たせる要素は、キャラクターやロゴである。なぜなら、親しみやすいデザインは人々に好感を与えるから。例えば、かわいいキャラクターを使う。

ターゲット層を明確に

ターゲット層を明確にすることは、商品が誰に向けているのかを知るためである。なぜなら、全ての人に合う設計は難しいから。例えば、年齢や性別、趣味を考慮する。

テストとフィードバック

テストとフィードバックは、改善点を見つけるためである。なぜなら、実際に使ってもらわないと分からないことが多いから。例えば、サンプルを配って意見を集める。

類似語

4P(プロダクト、プライス、プレイス、プロモーション)

4Pは、メリコの法則の類似語である。なぜなら、商品を成功させるための要素を整理しているから。例えば、プロダクト(商品)のデザインやプライス(価格)設定。

ユーザーエクスペリエンス(UX)

ユーザーエクスペリエンス(UX)は、メリコの法則の類似語である。なぜなら、使いやすさや感じる満足度を重視しているから。例えば、使いやすいインターフェースや好感を持たせるデザイン。

SWOT分析(Strengths, Weaknesses, Opportunities, Threats)

SWOT分析は、メリコの法則の類似語である。なぜなら、成功するために必要な要素と課題を明確にするから。例えば、強み(Strengths)や機会(Opportunities)を活かす戦略。

反対語

三原則を無視することが、メリコの法則の反対語にあたる。なぜなら、目立たない、理解しづらい、好感を持てないというパッケージになるから。例えば、地味なパッケージや複雑な説明。

メリコの法則の注意点

メリコの法則を使用する時の注意点はバランスである。なぜならば、一つの要素だけに偏ると他が疎かになるからだ。例えば、目立つだけで理解しづらいと、顧客は手を出さない。そして、全ての要素が調和するように工夫する。だからバランスが大事。

メリコの法則と4Pは、間違えやすいので注意しましょう。

メリコの法則は、商品のパッケージデザインに関するものです。

一方、4Pは、マーケティング全般に適用される要素です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました