サンドボックスとは?サイバーセキュリティを高める手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • OSからプログラムを分ける手法
  • セキュリティを高めるために用いる
  • 悪意あるソフトウェアからデータを守る

サンドボックスとは、プログラムを分けてデータを守る手法です。

概要説明

サンドボックスとはOSからプログラムを分ける手法である。なぜならば、これによりデータが悪意あるソフトウェアから守られるからだ。

例えば、マルウェアがPCに侵入しても、サンドボックス内のデータだけが影響を受ける。そして、他のデータは安全を保つ。つまり、全体への影響を最小限に抑えることができる。

だから、サンドボックスはセキュリティを高める重要な手段なのだ。

職業職種

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、サンドボックスを使ってシステムを保護する。なぜなら、これにより悪意ある攻撃からシステムを守ることができるからだ。例えば、ウイルスに感染したアプリを隔離し、他のシステムに影響を及ぼさない。

ソフトウェアデベロッパー

ソフトウェアデベロッパーは、サンドボックスを使って新しいソフトウェアを安全にテストする。なぜなら、ミスやバグが他のシステムに影響を及ぼさないようにするからだ。例えば、新しいソフトウェアが予期せぬエラーを引き起こしても、それはサンドボックス内だけで完結し、他には影響しない。

ITマネージャー

ITマネージャーは、サンドボックスを利用してシステムの安全性を確保する。なぜなら、これによりデータ漏洩などのリスクを最小限に抑えられるからだ。例えば、社内ネットワークが外部からの攻撃に対してより強固になる。

サンドボックスの名前の由来は、子どもが遊ぶ砂場「sandbox」から来ています。これは、砂場のように自由に遊べる安全な範囲を示すためです。

代表例

Google Chrome

Google Chromeは、インターネットブラウザの一つだ。なぜなら、Webサイトを表示するのに必要な機能を持っているから。例えば、Google Chromeの「サンドボックスモード」はユーザのPCを守るために重要な役割を果たしている。

VMware

VMwareは、仮想化技術を提供する企業だ。なぜなら、ユーザーが一つの物理的なマシン上で複数の仮想マシンを実行できるソフトウェアを開発しているから。例えば、これらの仮想マシンはサンドボックスとして機能し、異なるオペレーティングシステムを安全に実行できる。

Docker

Dockerは、アプリケーションを開発・デプロイするためのプラットフォームだ。なぜなら、独自のコンテナ技術を使用しているから。例えば、Dockerのコンテナはサンドボックスとして機能し、それぞれが独自の実行環境を持つ。

手順例

  1. Google Chromeを開く
    Google Chromeを開くのは、サンドボックスモードを有効にするための第一歩だ。なぜなら、ブラウザの設定を変更するには先に開く必要があるから。例えば、PCのデスクトップからGoogle Chromeのアイコンをダブルクリックする。
  2. 設定を開く
    設定を開くのは、ブラウザのオプションを変更するためだ。なぜなら、ここからサンドボックスモードのオン・オフを切り替えることができるから。例えば、ブラウザの右上にある「…」をクリックして設定を選択する。
  3. 詳細設定を開く
    詳細設定を開くのは、ブラウザのより深いレベルのオプションにアクセスするためだ。なぜなら、これによりサンドボックスモードの設定が可能になるから。例えば、設定画面の下部にスクロールして「詳細」をクリックする。
  4. サンドボックスモードを有効にする
    サンドボックスモードを有効にするのは、ブラウジングの安全性を確保するためだ。なぜなら、これにより悪意のあるWebサイトからPCを保護できるから。例えば、詳細設定の中から「サンドボックスモード」を見つけてチェックを入れる。
  5. ブラウザを再起動する
    ブラウザを再起動するのは、新しい設定を適用するためだ。なぜなら、ブラウザの設定変更は再起動後に有効になるから。例えば、設定を保存した後、ブラウザを閉じて再度開く。

類似語

仮想マシン

仮想マシンは、物理的なハードウェアを模倣したソフトウェア上のコンピュータだ。なぜなら、それは自己完結型のコンピュータ環境を提供するから。例えば、仮想マシンは各々が独立した環境を持つサンドボックスとして働く。

コンテナ

コンテナは、アプリケーションを実行するための独立した空間だ。なぜなら、アプリケーションとその依存関係を一緒に包んで分離するから。例えば、Dockerという技術はサンドボックスの一種としてコンテナを使用する。

仮想環境

仮想環境は、特定のアプリケーションやタスク用に分離されたコンピューティング環境だ。なぜなら、他のタスクやアプリケーションから隔離されているから。例えば、Pythonの仮想環境は、特定のPythonプロジェクトで必要なライブラリを管理するためのサンドボックスだ。

反対語

モノリシックシステム

モノリシックシステムは、サンドボックスの反対だ。なぜなら、すべてのプログラムが一つの大きな塊として存在するからだ。例えば、一つの不具合が全体に影響を及ぼすことがある。

フラットシステム

フラットシステムもまた、サンドボックスとは反対だ。なぜなら、セキュリティの隔てなく、全てが同じレベルにあるからだ。例えば、一つの部分が攻撃されると、システム全体がリスクに晒される。

インセキュアシステム

インセキュアシステムは、サンドボックスの反対と言える。なぜなら、それはユーザの情報を外部から守らないからだ。例えば、個人データが攻撃者に利用される可能性がある。

会話例

友人との話題

「おい、サンドボックスって何だ?」
「それは、OSからプログラムを隔てる手法だよ。セキュリティを強化するために使われるんだ。」

クラスでのプレゼンテーション

「サンドボックスってどんな効果があるの?」
「サンドボックスは、敵意ある攻撃から私たちのデータやプログラムを保護するんだ。それにより、外部から一切遮断された状態になり、悪意のあるソフトウェアから身を守ることができるんだよ。」

親との会話

「サンドボックスって、使ってみたらどう?」
「いいと思うよ。それにより、パソコンがウイルスなどから守られるからさ。」

注意点

サンドボックスを使用する時の注意点は以下のとおりだ。なぜならば、適切に使用しないと、効果を十分に発揮できないからだ。

例えば、サンドボックスの中での行動は、外部に影響を及ぼさないが、それは逆もまた然りだ。だから、サンドボックス内で重要な作業をする場合は、それが外部に保存されないことを忘れずに。

サンドボックスとヴァーチャルマシンは、間違えやすいので注意しましょう。サンドボックスは一部のアプリケーションを隔離する技術で、ヴァーチャルマシンは全体のOSを模倣する技術です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました