ダイナミックプライシング:AIが決める価格設定、理解と対策を探る

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 需要に応じた価格調整
  • 企業利益と顧客満足のバランス
  • AIの役割と影響

ダイナミックプライシングとは、AIによる需要に応じて価格を変動させることです。

概要説明

ダイナミックプライシングとは需要に応じて価格を変動させることである。なぜなら、需要と供給のバランスによって最適な価格を導き出せるからだ。

例えば、旅行シーズンのホテル料金やコンサートのチケット価格などがそれである。そして、最近ではAIがこの価格変動のタイミングや値段を制御する役割を担っている。

つまり、AIはビッグデータを利用して最適な価格を決定し、企業の収益を最大化する。だから、多くの企業がダイナミックプライシングを採用している。

職業職種

マーケティングマネージャー

ダイナミックプライシングは、価格戦略の一部である。なぜなら、適切な価格設定がビジネスの成功を左右するからだ。例えば、需要の高い時期には高価格を設定し、低い時期には低価格を設定する。

データアナリスト

ダイナミックプライシングは、データ分析の一部である。なぜなら、顧客の需要や行動を理解するためにはビッグデータの分析が不可欠だからだ。例えば、AIを使用して顧客行動を分析し、最適な価格を算出する。

消費者

ダイナミックプライシングは、商品購入の考慮要素である。なぜなら、価格は商品選択に大きく影響するからだ。例えば、価格が変動することを理解し、賢くショッピングする。

ダイナミックプライシングは、名前の由来は英語の「dynamic」(動的な)と「pricing」(価格設定)から来ています。

代表例

エクスペディア

旅行予約サイトのエクスペディアは、ダイナミックプライシングを導入している。なぜなら、宿泊先や航空券の需要に応じた価格設定を行っている。例えば、オフシーズン時には安く、オンシーズン時には高く宿泊料を設定する。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)

テーマパークのUSJは、ダイナミックプライシングを導入している。なぜなら、入場チケットの価格を訪れる客数に応じて変動させている。例えば、休日や長期休暇期間中は価格が上がり、平日やオフシーズン時には価格が下がる。

ローソン

コンビニエンスストアのローソンは、ダイナミックプライシングを導入している。なぜなら、弁当やお惣菜の価格を時間帯や在庫量によって変動させている。例えば、夜間には残った商品の価格を下げて売り切れを促す。

手順例

  1. ビジネスの評価
    自社の商品やサービスがダイナミックプライシングに適しているか評価する。なぜなら、全ての商品やサービスがダイナミックプライシングに適しているわけではない。例えば、消費者の需要が時間やシーズンにより大きく変動する商品やサービスが適している。
  2. データの収集
    過去の販売データや市場動向などを収集する。なぜなら、これらの情報が価格設定の基盤になる。例えば、商品の売り上げ高や売り切れ時間、季節性などのデータを収集する。
  3. 価格設定のルール作り
    価格を変動させるルールを作る。なぜなら、価格変動は一貫したルールに基づいて行われるべきだ。例えば、需要が高い時期や時間帯、在庫状況によってどのように価格を変えるかを決める。
  4. システムの導入
    ダイナミックプライシングを実行するシステムを導入する。なぜなら、手動で価格を変動させることは時間と労力がかかる。例えば、AIを用いた自動化システムを採用する。
  5. 評価と改善
    ダイナミックプライシングの結果を評価し、必要に応じて改善する。なぜなら、最初から完璧なシステムは存在しない。例えば、価格変動の結果を見て、設定ルールを微調整する。

類似語

変動価格設定

変動価格設定は、ダイナミックプライシングの類似語である。なぜなら、どちらも需要や供給に応じて価格を変動させるという意味合いを持つからだ。例えば、航空券の価格が予約状況によって変わる。

サージプライシング

サージプライシングは、ダイナミックプライシングの類似語である。なぜなら、需要が高まった時点で価格を上げるという手法を指すからだ。例えば、タクシー配車アプリの料金が混雑時間帯に上がる。

リアルタイムプライシング

リアルタイムプライシングは、ダイナミックプライシングの類似語である。なぜなら、現時点の市場状況を反映して価格を即座に変更する手法を指すからだ。例えば、電力会社が電力供給の需要と供給に応じて価格を変動させる。

反対語

均一価格

均一価格は、全ての商品やサービスが同じ価格である。なぜなら、需要の変動に関係なく価格が一定だからだ。例えば、コンビニのおにぎり。

固定価格

固定価格は、商品やサービスの価格が変わらないである。なぜなら、需要や供給に関わらず価格が一定だからだ。例えば、公共交通機関の運賃。

定価販売

定価販売は、製造者が定めた価格で販売することである。なぜなら、売り手が価格を自由に変更できないからだ。例えば、書籍の販売。

会話例

友人とのランチ中

「このお店、何で同じピザなのに僕らが来たときより高くなってるの?」
「それ、ダイナミックプライシングっていうんだよ。需要が高い時は価格も上がるってシステムだよ。」

旅行計画を立てているとき

「なんでホテルの料金が日によって違うの?」
「それもダイナミックプライシングの一環だよ。予約が多い日は高く、少ない日は安くなるんだ。」

観光地のチケットブースで

「なんで午前中より今の方がチケットが高いの?」
「それもダイナミックプライシングのせいさ。この時間帯は人が多いから、価格が高くなるんだよ。」

注意点

ダイナミックプライシングを使用する時の注意点は顧客の反感を買わないことである。なぜならば価格が頻繁に変動すると、消費者から不信感を持たれる可能性があるからだ。

例えば、あまりに高額な価格に設定された場合、消費者はその商品を購入する意欲を失うかもしれない。そして、逆に価格を低く設定しすぎると利益が出なくなる可能性もある。

だから、適切な価格設定とバランスが重要である。

ダイナミックプライシングとサージプライシングの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ダイナミックプライシングは、全体的な需要や供給に基づき価格を変動させる行為です。

一方、サージプライシングは短期間の急激な需要増に対して、価格を急上昇させる行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました