ターンアラウンドタイムとは?その範囲を詳しく解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 指示から完了までの時間
  • レスポンスタイムより包括的
  • システム全体的を理解するための基準

ターンアラウンドタイムとは、指示から完了までの全体的な処理時間です。

概要説明

ターンアラウンドタイムとは指示から完了までの時間である。なぜならレスポンスタイムだけでは完全な処理時間を把握できないからだ。

例えば、コンピュータの処理の指示が出されてから完全にその処理が終わるまでの時間がターンアラウンドタイムである。そして、これはシステムの全体的な効率を理解するための重要な指標だ。

つまり、より早いターンアラウンドタイムは、より効率的なシステムを示している。だから、システムの性能を評価する時には、レスポンスタイムだけでなくターンアラウンドタイムも考慮することが重要だ。

職業職種

システムエンジニア

ターンアラウンドタイムは、システムの効率性を評価する重要な指標だ。なぜなら、完全な処理時間を理解することで、より良いシステムを設計し、改良することができるからだ。例えば、処理が遅い部分を見つけて、そこを改善する。

ネットワーク管理者

ターンアラウンドタイムは、ネットワークのパフォーマンスを測るための基準だ。なぜなら、全体の効率性を把握することで、ネットワークの問題を特定し、解決することができるからだ。例えば、特定の処理が遅いと感じたら、ターンアラウンドタイムを計測し、問題の原因を特定する。

データサイエンティスト

ターンアラウンドタイムは、データ処理の効率を測るための基準だ。なぜなら、大量のデータを扱う時、全体の処理時間を知ることで、処理の効率を上げるための戦略を立てることができるからだ。例えば、特定のアルゴリズムの処理が遅いと感じたら、ターンアラウンドタイムを計測し、そのアルゴリズムを改善する。

ターンアラウンドタイムの名前の由来は、英語の”turn around”(反転する)と”time”(時間)から来ていて、指示を出してから反転して結果が返ってくるまでの時間、つまり全体の処理時間を表しています。

類似語

レスポンスタイム

レスポンスタイムは、一部の反応時間を表している。なぜなら、これは指示を出した瞬間から何かの反応が返ってくるまでの時間だからだ。例えば、キーを押してから文字が表示されるまでの時間がこれに当たる。

処理時間

処理時間は、タスクを完全に終えるまでの時間を表す。なぜなら、これはタスクが開始されてから完全に終了するまでの時間だからだ。例えば、プログラムを開始してから完全に実行が終わるまでの時間がこれに当たる。

待ち時間

待ち時間は、タスクが実行可能になるまでの時間を表す。なぜなら、これは指示が出されてからタスクが開始するまでの間の時間だからだ。例えば、プリンタが他の仕事を終えてから次の印刷作業に取り掛かるまでの時間がこれに当たる。

反対語

リアルタイム処理

リアルタイム処理は、ターンアラウンドタイムの反対である。なぜなら、これは処理が指示された瞬間にすぐに始まり、データは遅延なく処理されるからだ。例えば、ライブビデオチャットではリアルタイム処理が必要だ。

即時応答

即時応答は、ターンアラウンドタイムの反対である。なぜなら、これはシステムがユーザーの指示に対してすぐに反応することを表しているからだ。例えば、ウェブページのクリックやスワイプなどのユーザー操作にすぐに反応することだ。

オンデマンド

オンデマンドは、ターンアラウンドタイムの反対である。なぜなら、これは要求があったときにすぐに提供することを表すからだ。例えば、ビデオストリーミングサービスで視聴者が選んだ映画をすぐに見られることだ。

会話例

コンピューター教室のシナリオ

「先生、ターンアラウンドタイムって何?」
「それは指示を出した時間から処理が完了するまでの時間だよ。」

IT企業のミーティングのシナリオ

「このシステムのターンアラウンドタイムを短縮するにはどうすればいいですか?」
「処理速度を上げるか、処理にかかる時間を短縮するアルゴリズムを開発するといい。」

家庭内の会話のシナリオ

「パパ、学校でターンアラウンドタイムっていうのを習ったけど、具体的に何?」
「それはね、パソコンが僕たちが押したキーの指示を受けてから、その結果が画面に表示されるまでの時間のことさ。」

注意点

ターンアラウンドタイムを測定する時の注意点は正確な計測である。なぜならば誤った計測はシステムの性能評価に誤りを生じさせるからだ。

例えば、計測のタイミングがズレると、ターンアラウンドタイムが長く見えてしまうかもしれない。そして、システムの改善が必要なのかどうかの判断が難しくなる。

だから、測定は慎重に行う必要がある。

ターンアラウンドタイムとレスポンスタイムは、間違えやすいので注意しましょう。

ターンアラウンドタイムは、指示を出した時間から処理が完了するまでの時間です。

一方、レスポンスタイムは指示を出した時間から、何かしらの反応が返ってくるまでの時間です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました