コーポレートアイデンティティとは?企業が持つ一貫したイメージ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 会社のビジョン
  • 社員の行動規範
  • ブランドやロゴのデザイン

コーポレートアイデンティティは、会社のイメージを作るための重要な手段です。

概要説明

コーポレートアイデンティティとは、会社のイメージを作るものである。なぜなら、お客さんや社員にとって会社のビジョンや価値観を伝えるためだ。

例えば、スタバの緑のロゴやアップルのリンゴのマークは、それぞれの会社のコーポレートアイデンティティの一部だ。そして、これらの象徴は、その会社を認識するのに役立つ。

つまり、コーポレートアイデンティティは会社の「顔」である。だから、それを作るのには十分な注意が必要だ。

職業職種

  1. CEO
    CEOは、会社のビジョンを決める人。だから、コーポレートアイデンティティを作る際には、CEOの意見が最も重要。

  2. マーケティングチーム
    マーケティングチームは、会社のブランドやロゴを作る部門。彼らは会社のイメージを視覚的に表現する役割を持つ。

  3. 社員全員
    そして、すべての社員がコーポレートアイデンティティを実践する役割を持つ。だから、それぞれが会社のビジョンを理解し、それを具体的な行動に移す必要がある。

コーポレートアイデンティティという言葉は、英語の”corporate”(企業の)と”identity”(正体、身元)から来ています。

代表例

Apple

Appleのロゴといえば、かじられたリンゴのマーク。これは世界中の人々に認知され、Appleのアイデンティティを強く象徴している。

McDonald’s

McDonald’sの「M」の黄色いロゴは、その存在をすぐに認識させる。これは彼らの強力なコーポレートアイデンティティの一部だ。

Coca-Cola

Coca-Colaの赤と白のロゴは、そのブランドを強く象徴している。それは、彼らのコーポレートアイデンティティの重要な要素だ。

手順例

ビジョン作成

ビジョン作成は、最初のステップだ。なぜなら、会社の目指す未来を明確にするからだ。例えば、環境に優しい企業を目指すなら、「持続可能な社会への貢献」がビジョンになる。

価値観

次に、価値観を決める。これは、会社の行動規範を示すからだ。例えば、顧客重視や品質重視といった価値観を設定する。

ビジュアル要素

ロゴや色使い、フォントなどのビジュアル要素を作成する。これが会社の外観として知られるからだ。例えば、アップルの bitten apple のロゴはすぐに会社を思い出させる。

浸透させる

社員にアイデンティティを浸透させる。なぜなら、内部の人々が理解し行動しなければ、外部に伝わらないからだ。例えば、社員研修や社内イベントを通じて浸透させる。

定期的に見直す

アイデンティティを保つために定期的に見直す。なぜなら、時代や社会の変化に対応するためだ。例えば、5年に一度の大規模な見直しを設ける。

類似語

ブランドイメージ

ブランドイメージは、人々がブランドについて持っている印象だ。なぜなら、それは人々の心の中に存在するからだ。例えば、ロレックスは高級と贅沢のイメージを持つ。

企業文化

企業文化は、組織の慣習や価値観である。なぜなら、それが組織内の行動を指導するからだ。例えば、Googleはイノベーションと自由を重視する文化を持つ。

ブランドパーソナリティ

ブランドパーソナリティは、ブランドが人間であればどのような特性を持つかという概念だ。なぜなら、それが消費者にブランドの「人間性」を伝えるからだ。例えば、ジープは冒険心溢れるパーソナリティを持つ。

反対語

パーソナルアイデンティティ

パーソナルアイデンティティは、個人のアイデンティティである。なぜなら、それは一つの個体、一人の人間を特定するからだ。例えば、趣味や信念、人格などがそれに当たる。

消費者アイデンティティ

消費者アイデンティティは、消費者の購入行動やブランド選択を通じて形成される自己像だ。なぜなら、それは個人の消費行動を通じて形成されるからだ。例えば、環境に優しい製品を選ぶ人は「環境意識の高い」消費者アイデンティティを持つ。

無個性

無個性は、特徴的な個性や特性がない状態を指す。なぜなら、それは他者との違いを認識できない状態から来るからだ。例えば、全ての製品やサービスが同じで差別化がない状態を指す。

会話例

新商品開発のミーティング

Q.「新商品のデザインは、私たちのコーポレートアイデンティティに合っていますか?」
A.「そうだね、色使いとロゴが弊社のイメージにピッタリだよ。」

社内ブランディングの議論

Q.「コーポレートアイデンティティをもっと明確に表現するために何をすべきですか?」
A.「それなら、全社員が理解して行動できるようなガイドラインを作るべきだと思うよ。」

広報活動の打ち合わせ

Q.「新しい広報マテリアルは、どうやってコーポレートアイデンティティを反映させますか?」
A.「具体的な色、形、メッセージなどを使って、私たちのブランドイメージを一貫して表現しよう。」

注意点

コーポレートアイデンティティとブランディングは、似ているけど全く違うものだ。コーポレートアイデンティティは企業の「個性」を表すもので、それは会社のビジョン、使命、価値、文化などを含んでいる。これらは企業の内部から生まれるもので、企業が自分自身をどのように理解し、表現しているかを示している。

一方、ブランディングはその企業が顧客や社会にどのように認識されるか、つまり企業の「評判」を形成する手段。ブランディングはロゴやスローガンなどの視覚的要素だけでなく、マーケティング活動や顧客体験などを通じて企業のイメージを構築するもの。

コーポレートアイデンティティは企業の個性なので、明確であると競合との差別化もしやすいです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました