HRテックとは?DXの中の人事部門

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとHRテック

  • 人事業務のデジタル化
  • 人材管理を効率化
  • パフォーマンス向上の支援

HR Tech(Human Resources Technology)= 人事テクノロジー

HRテックとは、人事業務のデジタル化、人材管理の効率化、パフォーマンス向上の支援です。

HRテックとは

HRテックとは、人事業務のデジタル化を実現するテクノロジーである。 なぜならば、業務効率化と人材の最大化を可能にするからだ。

例えば、採用プロセスを自動化したり、パフォーマンス管理をシステム化したりできる。 そして、データ分析を活用することで、人材開発や組織開発に必要な戦略を描くのに役立つ。

つまり、HRテックは人事戦略の最適化という組織の重要な課題を解決するツールである。 だから、企業にとってHRテックの活用は避けて通れない道と言える。

使用する職種

人事担当者

HRテックは、人事業務を効率化するツールである。なぜなら、時間とコストを節約でき、人材の最大化が可能になるからだ。例えば、採用や評価の自動化などが可能。

経営者

HRテックは、組織の成長を支援するツールである。なぜなら、データ分析を通じて人事戦略を最適化でき、より良い経営判断を下すのに役立つからだ。例えば、適切な人材配置や育成プランの立案。

従業員

HRテックは、キャリア開発をサポートするツールである。なぜなら、パフォーマンスの可視化やスキル開発のサポートを通じて、自己成長の道筋を示すからだ。例えば、自己評価システムやオンライン学習プラットフォーム。

IT系でもHRテックを導入してない会社は全然あります。

有名な企業や製品、サービス

Workday

Workdayは、クラウドベースの人事管理システムである。なぜなら、労働者の勤怠管理から給与計算、人事評価まで一元管理するための機能を提供しているからだ。例えば、”Workday HCM”という製品は、組織の人事管理を効率的に行える。

LinkedIn

LinkedInは、プロフェッショナル向けのSNSであり、採用ツールとしても利用されている。なぜなら、多数のプロフェッショナルが自身のスキルや経歴を公開し、採用者がこれを基に求人を出したり候補者を検索したりすることが可能だからだ。例えば、”LinkedIn Recruiter”はタレント採用に特化したツールである。

Josh Bersin

Josh Bersinは、HRテック業界の著名な分析家である。なぜなら、彼の会社である”Bersin by Deloitte”は、人材管理や企業の学習開発等に関する研究を公開し、業界のトレンドや見識を提供しているからだ。例えば、”The Bersin by Deloitte HR Tech Market Report”は多くのHRプロフェッショナルにとって有益な情報源となっている。

大まかな手順

目的の設定

目的を明確にすることは、HRテック導入の最初のステップである。なぜなら、どのような問題を解決しようとしているのか、どのような成果を求めているのかを理解することで、適切なツールを選択できるからだ。例えば、リクルートプロセスを効率化したい場合は、ATS(Applicant Tracking System)の導入を考える。

市場調査

市場調査を行うことは、次のステップである。なぜなら、ツールの機能や価格、サポート体制等を比較することで、自社に最適な製品を見つけることができるからだ。例えば、製品のレビューサイトや専門家のブログを参照する。

試用

製品のデモやトライアルを試すことも重要である。なぜなら、実際にツールを使用してみることで、ユーザビリティや必要な機能が備わっているかを確認できるからだ。例えば、無料トライアル期間を提供している製品を利用する。

導入

導入後のフォローアップは、導入の成功を確実にするために不可欠である。なぜなら、ツールの使用方法を徹底的に理解し、全員が適切に利用できるようにすることで、ツールが提供する価値を最大限に引き出せるからだ。例えば、定期的なトレーニングやサポートを提供する。

分析

ツールの効果を評価し続けることも重要である。なぜなら、導入後の改善点や新たなニーズを見つけるためには、継続的なフィードバックと分析が必要だからだ。例えば、ユーザーからのフィードバックを定期的に収集し、ツールのパフォーマンスを分析する。

類似語

人材管理システム (Human Resource Management System)

人材管理システムは、HRテックの一種である。なぜなら、人事管理業務を効率化・自動化するためのテクノロジーであり、従業員情報の管理から、採用、研修、給与計算、評価などを含む一連の業務をサポートするからだ。例えば、WorkdayやSAP SuccessFactorsなどがこれに該当する。

アプリケーショントラッキングシステム (Application Tracking System)

アプリケーショントラッキングシステムは、HRテックの一部門である。なぜなら、主に採用プロセスを効率化・自動化するためのツールであり、応募者の情報管理から選考、面接スケジューリング、採用決定までの流れを一元管理するからだ。例えば、GreenhouseやLeverがこれに該当する。

エンゲージメントプラットフォーム (Employee Engagement Platform)

エンゲージメントプラットフォームは、HRテックの一部門である。なぜなら、従業員のエンゲージメントや満足度を高めるためのツールであり、意見調査、フィードバック、認識のプロセスをサポートするからだ。例えば、GlintやPeakonがこれに該当する。

反対語

手作業の人事管理

手作業の人事管理は、HRテックの反対語である。なぜなら、これは全ての人事タスクを人間が手動で行う方式で、時間とコストが大量にかかり効率的でないからだ。例えば、従業員の出勤状況を紙やエクセルに手入力する方式などがこれに該当する。

非デジタル化

非デジタル化は、HRテックの反対語である。なぜなら、これはテクノロジーを用いずに業務を行う方式であり、情報の集約や共有、自動化等の効果を享受できないからだ。例えば、従業員の評価を手書きのレポートで行うなどがこれに該当する。

一元管理のない業務

一元管理のない業務は、HRテックの反対語である。なぜなら、これはデータやタスクが散逸していて、一元的に管理・把握できない方式であり、業務の効率化やエラーの減少につながらないからだ。例えば、各部署が独自に人事業務を行い、情報の統一性がない場合がこれに該当する。

会話の例文

新しいHRテック導入の議論中

「私たちの人事業務を効率化するにはどのHRテックを導入すべきだと思いますか?」
「私たちは特に採用プロセスが非効率的だと感じているので、ATS(Applicant Tracking System)の導入を検討してみてはどうでしょうか?」

HRテックの利用に関する社員の疑問

「新しいHRテックシステムについて詳しく教えてもらえますか?」
「もちろんです、このシステムは私たちの人事業務を自動化し、効率化するもので、例えば出勤状況の記録や給与計算などがこれに含まれます。」

HRテックの効果測定に関する会議

「新しく導入したHRテックの効果はどう測定すればいいですか?」
「私たちは従業員の生産性の向上や業務の効率化、従業員満足度などを指標に設定し、これらが改善されているかどうかを確認することで効果を測定できます。」

使用時の注意点

HRテックを使用する時の注意点はデータセキュリティである。 なぜならばHRテックは従業員の個人情報を含む機密性の高いデータを扱うからだ。

例えば、従業員の個人情報や給与情報、評価結果などが漏洩すると、法律的な問題につながる可能性がある。 そして、システムの使い勝手や適合性も重要である。

だからHRテックを導入する際は、厳重なデータ保護策を講じるだけでなく、組織のニーズと従業員の使い易さにも配慮する必要がある。

HRテックはすでにカオス状態です。

どのサービスを選ぶかが重要になってきます。

HRテックカオスマップ

引用元(HR Techガイド・https://hrtech-guide.jp/chaosmap2023/)

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました