エクスポートとは?初心者でもわかる基本のキホン

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとエクスポートとは

  • データを外部に出すこと
  • ファイル形式を選んで保存
  • データの移動やバックアップに使う

Export = 輸出

エクスポートはデータを他の場所や形式に送ることです。

エクスポートとは

エクスポートとはデータを他の場所や形式に送ることである。 なぜならばデータを他のプログラムやユーザーと共有するため。

例えばエクセルのデータをCSV形式に変換するのもエクスポート。 そして、これを使うとデータの移動やバックアップが可能になる。 つまり、エクスポートはデータの共有や保存に重要な機能である。

だからデータを扱うあらゆる場面でエクスポートは必要となる。

使用する職種

データ分析者

エクスポートは、分析結果の共有に使う。なぜなら、エクセル等の一般的な形式に変換できるから。例えば分析結果をCSVでエクスポート。

プログラマー

エクスポートは、開発したアプリのデータを別の場所に移動させる時に使う。なぜなら、データの形式を変えて送ることができるから。例えばデータベースの内容をJSONでエクスポート。

一般ユーザー

エクスポートは、データのバックアップに使う。なぜなら、手元にデータのコピーを作ることができるから。例えば写真をUSBにエクスポート。

エクスポートの一番の特徴は、データの共有やバックアップが容易になることです。

有名な企業や製品、サービス

Microsoft

Microsoftは、エクセルのエクスポート機能で有名。なぜなら、多種多様な形式にデータをエクスポートできるから。例えばCSVやPDF形式にエクスポート。

Adobe

Adobeは、Photoshopのエクスポート機能で知られる。なぜなら、作成したイメージを多くのファイル形式でエクスポートできるから。例えばJPGやPNG形式にエクスポート。

Google

Googleは、Googleドライブのエクスポート機能が利便性を提供。なぜなら、ユーザーが作成した文書を様々な形式にエクスポートできるから。例えばGoogleドキュメントをWord形式でエクスポート。

大まかな手順

エクスポートしたいデータを選択

エクスポートするにはまず、エクスポートしたいデータを選ぶことが必要。なぜなら、どのデータをエクスポートするか指定する必要があるから。例えばエクセルのシートを選択。

エクスポートの形式を選択

次に、データをエクスポートする形式を選択する。なぜなら、データの形式によって読み込み可能なプログラムが変わるから。例えばCSV形式を選択。

保存先を選択

最後に、エクスポートしたデータの保存先を選択する。なぜなら、データをどこに送るか指定する必要があるから。例えばデスクトップを選択。

類似語

出力

出力は、データを外部に送り出すことだ。なぜなら、内部から外部へ情報を移す行為を指すからだ。例えば、テキストファイルの保存など。

エクスポーズ

エクスポーズは、隠れていたものを明らかにすることだ。なぜなら、情報を公開し、利用可能にするからだ。例えば、データベースのデータを一般公開する場合。

リリース

リリースは、制作したものを公にすることだ。なぜなら、制作した商品や情報を一般に公開するからだ。例えば、ソフトウェアの新バージョンを公開する場合。

反対語

インポート

インポートは、外部からデータを取り込むことだ。なぜなら、エクスポートが外部へ出力するのに対し、インポートは内部へ入力するからだ。例えば、データベースへのデータの取り込みなど。

受け取る

受け取るは、他から何かをもらうことだ。なぜなら、エクスポートが送る行為なのに対し、受け取るはもらう行為だからだ。例えば、メールでファイルを受け取る場合。

非公開

非公開は、他人に見せないで保持することだ。なぜなら、エクスポートが情報を公開するのに対し、非公開は公開しないで秘密に保持するからだ。例えば、秘密の文書を保管する場合。

会話の例文

  1. プロジェクト会議
    Q.「データをエクスポートする方法を教えてくれる?」
    A.「もちろん、まずエクスポートしたいデータを選択して、その後、エクスポート機能を選択し、保存形式を選んで実行すればOKだよ。」

  2. 技術サポート
    Q.「エクスポートしたデータが文字化けしてるんだけど、どうしたらいい?」
    A.「それはエクスポートするときの文字コードと、開くときの文字コードが一致していないからだよ。同じ文字コードでエクスポートしてみて。」

  3. 新人研修
    Q.「エクスポートって何?」
    A.「エクスポートとは、作成したデータや情報を他の場所や人に送り出すことだよ。保存したデータを他のパソコンに移すときとかに使うんだ。」

使用時の注意点

エクスポートを使用する時の注意点はフォーマット選択である。 なぜならばエクスポートの際にフォーマットを間違えると、データが正しく読み取れなくなってしまうからだ。

例えば、テキストファイルをエクセルファイルとしてエクスポートしてしまうと、データの構造が壊れてしまう可能性がある。 そして、それが原因でデータの損失や間違った解釈を招く可能性がある。

だからエクスポートする際には、正しいフォーマットを選択することが重要だ。

エクスポートは、ソフトウェアのデータをファイルとして出力。
ダウンロードは、Webにあるファイルを自分の端末に保存。

意味が違うので間違えないように注意しましょう。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました