エンタープライズモビリティとは?生産性向上とデータ保護の実現手段

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとエンタープライズモビリティ

  • ビジネスの移動性強化
  • 生産性向上とデータ保護
  • 新しい働き方の実現

エンタープライズモビリティ(Enterprise Mobility)= 「企業・会社」、「動きやすさ・移動性・可動性」

エンタープライズモビリティは、ビジネスの移動性を強化し、生産性向上とデータ保護を可能にし、新しい働き方を実現する手段です。

エンタープライズモビリティとは

エンタープライズモビリティとは、ビジネスの移動性を強化するための手段である。 なぜなら、今の時代は情報が即時に必要とされ、どこからでもアクセスできる環境が求められているからだ。

例えば、リモートワークやフレックスタイムなど新しい働き方の実現が必要となっている。

そして、エンタープライズモビリティは生産性の向上を実現しながら、データの保護も行う。

つまり、働き方の多様性と安全性の両立を可能にするのがエンタープライズモビリティの役割である。 だから、エンタープライズモビリティはビジネスにおける生産性と安全性の向上のための重要な手段となる。

使用する職種

ITマネージャー

ITマネージャーは、エンタープライズモビリティを使用する。なぜなら、デバイスの統合管理やセキュリティ管理を効率的に行うためである。例えば、MDM(モバイルデバイスマネージメント)ツールを使った管理など。

営業担当者

営業担当者は、エンタープライズモビリティを使用する。なぜなら、外出先からでもビジネス情報にアクセスし、迅速な対応が可能になるからだ。例えば、CRMアプリをスマートフォンから操作して顧客情報を閲覧したり、更新したりする。

リモートワーカー

リモートワーカーは、エンタープライズモビリティを使用する。なぜなら、仕事の場所に縛られずに、企業のリソースにアクセスすることができるからだ。例えば、クラウドストレージに保存された業務資料にどこからでもアクセスすることなど。

エンタープライズモビリティは、リモートワークや外出時、または複数のデバイスを使って作業をするときに使います。

有名な企業や製品、サービス

Microsoft

Microsoftは、エンタープライズモビリティの分野で活躍している企業である。なぜなら、”Microsoft Enterprise Mobility + Security”という包括的なエンタープライズモビリティソリューションを提供しているからだ。例えば、Azure Active DirectoryやIntuneなどのサービスを提供している。

MobileIron

MobileIronは、エンタープライズモビリティ管理(EMM)のリーディングカンパニーである。なぜなら、企業向けにデバイス管理、アプリ管理、コンテンツ管理の機能を一元化したソリューションを提供しているからだ。例えば、MobileIron CoreやMobileIron Cloudなどの製品がある。

BlackBerry

BlackBerryは、エンタープライズモビリティの分野で知られている企業である。なぜなら、かつてのスマートフォン製造業者から、セキュリティフォーカスのソフトウェア会社へと転換し、エンタープライズモビリティソリューションを提供しているからだ。例えば、BlackBerry UEMなどの製品がある。

大まかな手順

ビジネス要件の特定

最初に何を達成したいのか、どのビジネスプロセスをモバイル化したいのかを明確にします。なぜなら、これが全体のガイドラインを定義します。例えば、社内のメールシステムをモバイルにしたい場合など。

技術選択

次に使用するテクノロジーとモバイルデバイスを選択します。なぜなら、これが開発と実装の基盤を定義するからです。例えば、iOSデバイスのみをサポートするか、Androidデバイスも含めるかなどを決定します。

セキュリティポリシーの確立

ビジネスデータを安全に保つためのセキュリティポリシーを策定します。なぜなら、データ漏洩は企業に大きな損害を与えます。例えば、VPNを使用してデータを暗号化する、特定のアプリの使用を制限するなど。

システムの導入とテスト

準備が整ったら、システムを導入し、必要なテストを実施します。なぜなら、問題を早期に特定し、対策を講じることが重要だからです。例えば、各種デバイスでの操作感やパフォーマンスを確認します。

継続的な監視とメンテナンス

最後に、システムの監視とメンテナンスを行います。なぜなら、問題を早期に対策し、最新のセキュリティ脅威から保護することが重要だからです。例えば、セキュリティパッチの適用やアプリケーションのアップデートを行います。

類似語

モバイルエンタープライズ

モバイルエンタープライズは、エンタープライズモビリティと同義語であり、企業のビジネスプロセスをモバイルデバイス上で実行することを指す。なぜなら、両者とも企業のビジネス活動をモバイル化することを指しているからだ。例えば、リモートワークやモバイルアクセスを可能にするシステムなど。

モバイルデバイス管理(MDM)

モバイルデバイス管理は、エンタープライズモビリティの一部で、モバイルデバイスのセキュリティと管理を提供する。なぜなら、エンタープライズモビリティはモバイルデバイスの使用を含み、そのデバイスを管理し、データの安全性を保つことが必要だからだ。例えば、デバイスのロスト時にデータをリモートで削除する機能など。

モバイルアプリケーション管理(MAM)

モバイルアプリケーション管理は、エンタープライズモビリティの一部で、企業がモバイルアプリケーションを管理するためのソリューションを提供する。なぜなら、エンタープライズモビリティは企業のアプリケーションをモバイルデバイス上で使うことを含むからだ。例えば、アプリケーションのデプロイメントや更新、セキュリティ管理など。

反対語

ステーショナリーワーク

ステーショナリーワークは、エンタープライズモビリティの反対語で、一定の場所で働くことを指す。なぜなら、エンタープライズモビリティが場所にとらわれずに働くことを可能にするのに対して、ステーショナリーワークは特定の場所での業務を意味するからだ。例えば、オフィスでのデスクワークなど。

フィックスデバイス

フィックスデバイスは、エンタープライズモビリティの反対語で、移動性が低いデバイス(デスクトップPCなど)を指す。なぜなら、エンタープライズモビリティはモバイルデバイス(スマートフォンやタブレットなど)の使用を前提としているのに対し、フィックスデバイスは移動性が限られるからだ。例えば、オフィスのデスクトップコンピュータなど。

内部ネットワーク限定

内部ネットワーク限定は、エンタープライズモビリティの反対語で、ネットワークアクセスが企業の内部ネットワークに限定される状況を指す。なぜなら、エンタープライズモビリティはどこからでもアクセス可能な状態を可能にするのに対し、内部ネットワーク限定は場所によるアクセスの制限を意味するからだ。例えば、オフィス内のネットワークへの接続など。

会話の例文

ビジネスミーティングにて

Q.「エンタープライズモビリティの導入を考えているのですが、具体的な利点は何でしょうか?」
A.「エンタープライズモビリティの最大の利点は、社員がいつでもどこでも仕事ができる柔軟性を提供することです。これにより、リモートワークの可能性が広がり、生産性も向上します。さらに、MDMやMAMといったツールによって、デバイスとアプリケーションのセキュリティも保たれます。」

IT部門の会議にて

Q.「エンタープライズモビリティの管理にはどのようなツールが必要ですか?」
A.「エンタープライズモビリティの管理には、モバイルデバイス管理(MDM)やモバイルアプリケーション管理(MAM)などのツールが必要です。これらのツールは、デバイスのセキュリティ、アプリケーションのデプロイメントや更新、データの保護といったタスクを効率的に行うために設計されています。」

リモートワーク中の社員とのコミュニケーションにて

Q.「エンタープライズモビリティを導入すると、どのように働き方が変わるのでしょうか?」
A.「エンタープライズモビリティを導入すると、社員はオフィスにいなくても、どこからでも自分の仕事にアクセスできるようになります。これにより、自宅や外出先からでも効率的に業務を行うことが可能となります。また、デバイスやアプリケーションのセキュリティも確保されるため、安心してリモートワークができます。」

使用時の注意点

エンタープライズモビリティを使用する時の注意点はセキュリティ対策である。 なぜならば、社外からのアクセスが可能になると同時に、データ漏洩のリスクも増大するからだ。

例えば、不正なアクセスがあった場合、機密情報が漏洩する可能性がある。 そして、それにより企業の信用失墜や、法的な問題を引き起こす可能性がある。

だからエンタープライズモビリティを導入する際は、MDMやMAMのような管理ツールを活用し、適切なセキュリティ対策を講じることが重要である。

エンタープライズモビリティで生産性向上、ただしセキュリティ対策を万全に。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました