IT業界の基礎、ソースとは?全てを明らかにする!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • IT業界では2つの意味を持つ
  • プログラムの原文
  • 情報の発信源

ソースとは、情報やプログラムの元です。

概要説明

ソースとは情報の発信源やプログラムの元である。なぜならばソースは情報がどこから来たのか、またはプログラムがどのように書かれているのかを示すからだ。

例えば、ニュース記事のソースやプログラムのソースコードである。つまり、ソースは情報の起点であり、またプログラムの起点でもある。だから、ソースを理解することはIT分野でとても重要である。

職業職種

プログラマ

プログラマは、ソースを使用する。なぜなら、プログラムを作成する際の原点であるソースコードを書くからだ。例えば、新たな機能を開発する際には新しいソースコードを作成する。

システムエンジニア

システムエンジニアもソースを使用する。なぜなら、システムを設計し、それをプログラムに落とし込む際にソースコードを作成するからだ。例えば、顧客の要求を満たすシステムを作るために、ソースコードを書く。

ライター

ライターもまた、ソースを使用する。なぜなら、記事を書く際に参照した情報源、つまりソースを示すことは記事の信頼性を保証する重要な要素だからだ。例えば、新しい商品のレビュー記事を書く際には、その商品の公式サイトをソースとする。

ソースは、名前の由来は英語の”Source”からきています。これは「源泉」や「始源」を意味し、情報の発信源やプログラムの元となる文、つまりソースコードの意味に繋がっています。

類似語

コード(Code)

コードは、ソースと同じくプログラミングで使われる言葉である。なぜなら、ソースコードの中の「コード」がそのままソースとなるプログラムを記述しているからだ。例えば、PythonやJavaといった言語で書かれた文章がコードである。

オリジン(Origin)

オリジンは、情報の発信源を指す英語である。なぜなら、情報がどこから始まったのか、つまり情報の「源」を示すからだ。例えば、ニュース記事で元となった情報の発信源をオリジンということができる。

バイナリ(Binary)

バイナリは、ソースコードが変換される形式の一つである。なぜなら、ソースコードはそのままではコンピュータが理解できないため、バイナリという0と1だけの言語に変換されるからだ。例えば、書かれたプログラムが動くためには、まずソースコードをバイナリコードに変換する必要がある。

反対語

実行(Execution)

実行は、ソースの反対語と言える。なぜなら、ソースがプログラムを書くことなら、実行はその書かれたプログラムを動かすことだからだ。例えば、ソースコードを書いてプログラムを作るのがソース、そのプログラムを動かすのが実行である。

結果(Result)

結果も、ソースの反対語といえる。なぜなら、ソースが情報の発信源なら、結果はその情報が生み出す最終的な出力だからだ。例えば、研究の情報源がソースであれば、その研究から得られるデータや結論が結果である。

会話例

プログラミングの学習中

「このソースコード、何をしているの?」
「ああ、このコードは文字列を画面に表示する命令だよ。」

情報検証時

「このニュースのソースはどこだろう?」
「記事の最後に書かれているよ。その研究機関から出た報告書がソースみたいだね。」

ソフトウェア開発中

「このソースコード、どうやってコンピュータに実行させるの?」
「これをコンパイラにかけると、コンピュータが理解できる形式に変換されるんだ。それを実行するんだよ。」

注意点

ソースを使用する時の注意点は正確さである。なぜならばソースは情報の出発点だからだ。

例えば、誤ったソースコードを使ってしまうと、プログラムは正しく動かない。そして、情報のソースが間違っていれば、その後の議論も誤りになってしまう。だから、ソースの正確さは最も重要だ。

ソースとコードの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ソースはプログラミング言語で書かれた全体の文章のことです。

一方、コードはそのソースコードの中の一部分、つまり具体的な命令や操作を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました