ソーシャル検索とは? アルゴリズム以上に重要なSNSデータ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • SNSのデータで検索を最適化
  • 似た趣味や関心の人の結果が上位に
  • アルゴリズム以上のパーソナライズを提供

ソーシャル検索とは、SNSデータを活用した検索方法です。

概要説明

ソーシャル検索とはSNS上のデータを活用した検索方法である。なぜなら、一般的な検索アルゴリズムではなく、似たような属性や趣味を持つ人のSNS投稿が検索結果に反映されるからだ。

例えば、特定の映画の評価を知りたい時、一般的なレビューサイトだけでなく、同じ映画好きの人々がSNSでつぶやいた感想も得られる。そして、その情報は自分の意見形成に大きく影響を与える。

つまり、アルゴリズムだけではなく人間のリアルな声を取り入れることで、より深い情報探索が可能になる。だから、特定の属性を持った人々の意見を得たい時にはソーシャル検索が重要となる。

職業職種

マーケティング担当者

彼らは、製品やサービスの評判を調査するためにソーシャル検索を使用する。なぜなら、SNS上の意見は消費者のリアルな声を反映しているからだ。例えば、新製品の反応を速やかに知ることができる。

ジャーナリスト

彼らは、記事作成のための素材集めや調査にソーシャル検索を使用する。なぜなら、SNSはリアルタイムの情報を提供し、特定の話題についての多様な意見を得られるからだ。例えば、社会的な話題についての市民の生の声を集めることができる。

一般のユーザー

一般のユーザーも、趣味や関心のある事柄について深く調べるためにソーシャル検索を使う。なぜなら、似たような趣味を持つ人々の意見や情報を得ることができるからだ。例えば、おすすめのレストランや映画などを見つけるのに便利だ。

ソーシャル検索の名前の由来は、ソーシャル(social)すなわち「社会的な」、「共有する」、そして検索(search)すなわち「探し出す」、「調査する」の二つの言葉から来ています。つまり、社会的な情報を探し出すという意味合いを持つ言葉となります。

代表例

Instagram

Instagramは、ソーシャルネットワーキングアプリである。なぜなら、ユーザーが写真やビデオを共有し、それに対する反応を検索できるからだ。例えば、特定のハッシュタグを使って同じテーマの投稿を見つけることができる。

Facebook

Facebookは、世界最大級のSNSである。なぜなら、全世界で何十億もの人々が利用していて、個々のユーザーが自分の情報を投稿したり、他のユーザーと交流したりすることが可能だからだ。例えば「友達の投稿を検索」機能を使えば、友達が投稿した特定の情報を簡単に探し出すことができる。

Twitter

Twitterは、140文字以内の短文「ツイート」を投稿するSNSである。なぜなら、誰でも手軽に情報を発信でき、その情報はフォロワーに瞬時に届くからだ。例えば「ハッシュタグ」をつければ、同じ話題についてツイートをしている他のユーザーと情報を共有することができる。

手順例

検索ワードを決める

まずは、何を検索したいか検索ワードを決める。なぜなら、検索ワードが検索結果の質を大きく左右するからだ。例えば「野球」を検索すると野球全般の情報が出てくるが、「プロ野球」を検索するとプロの試合に関する情報が出てくる。

SNSを選ぶ

次に、どのSNSで検索するか選ぶ。なぜなら、SNSごとに得られる情報の種類や質が変わるからだ。例えば、Twitterではリアルタイムの情報を、Facebookでは友達の情報を手に入れることができる。

検索する

選んだSNSの検索窓に検索ワードを入力して検索ボタンを押す。なぜなら、それがソーシャル検索の一番基本的な操作だからだ。例えばTwitterで「#野球」と検索すると、野球に関する最新のツイートが表示される。

類似語

パーソナライズド検索

パーソナライズド検索は、ソーシャル検索と似た概念である。なぜなら、ユーザーの過去の検索履歴や閲覧履歴などの個人情報をもとに、個々のユーザーに合わせた検索結果を表示するからだ。例えばGoogleでは、自分がよくアクセスするサイトが検索結果の上位に表示されやすくなる。

コンテクスト検索

コンテクスト検索は、ソーシャル検索と同じくユーザーに合わせた検索結果を表示する概念である。なぜなら、ユーザーの現在地や時間、状況などのコンテクスト(文脈)に合わせた検索結果を表示するからだ。例えばスマートフォンで「近くのレストラン」を検索すると、現在地周辺のレストランが表示される。

リアルタイム検索

リアルタイム検索は、ソーシャル検索と同じく瞬時に情報を探すことができる概念である。なぜなら、検索時点での最新の情報を表示するからだ。例えばTwitterの検索では、ツイートされたばかりの最新情報をすぐに見つけることができる。

反対語

アルゴリズム駆動型検索

アルゴリズム駆動型検索は、ソーシャル検索の反対概念だ。なぜなら、計算式で最も関連性が高いと判断された情報を提供するからだ。例えば、Googleで「野球」を検索すると、人気のある野球のウェブサイトが上位に表示される。

一般検索

一般検索も、ソーシャル検索の反対概念だ。なぜなら、ユーザーが検索する情報をフィルタリングしないからだ。例えば、ウェブ全体から「野球」に関連する情報を探すときに使う。

静的検索

静的検索も、ソーシャル検索の反対だ。なぜなら、リアルタイムの情報を提供しないからだ。例えば、ウェブ上の古い情報を探すときに使う。

会話例

図書館での研究

「野球チームの評判を調べたいんだけど、どうすればいい?」
「ソーシャル検索を使ってみたら?TwitterやFacebookでそのチームの名前を検索すれば、実際の評判が分かるよ。」

友達との話し合い

「最近の音楽トレンド、どうやって探せばいいかな?」
「ソーシャル検索がいいよ。Instagramとかで有名なハッシュタグを見つけて、どんな曲が人気なのか探してみて。」

仕事の会議

「競合他社の最新の動き、どうやって知るかな?」
「ソーシャル検索が役立つよ。LinkedInでその会社の名前を検索してみれば、新しい情報が見つかるかもしれないよ。」

注意点

ソーシャル検索を使用する時の注意点はプライバシーの問題だ。なぜならば、SNSにアップロードされた情報が公開されてしまうからだ。

例えば、友人が投稿したプライベートな写真が検索結果に表示されることもある。そして、情報が誤解を招くこともある。

だから、自分がアップロードした情報のプライバシー設定を確認することが重要だ。

ソーシャル検索と一般検索は、間違えやすいので注意しましょう。

ソーシャル検索はユーザーの属性や関心に基づいて情報を提供します。

一方、一般検索はユーザーの属性や関心に関係なく、全体の情報から最も関連する結果を提供します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました