iOSとは?Appleのオペレーティングシステムの全て

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとiOSとは

  • Apple製品のオペレーティングシステム
  • 使いやすさとセキュリティが高い
  • 定期的にアップデートされる

iOSとは、Apple製品で使われるOSです。

概要説明

iOSとはApple社が開発したオペレーティングシステムである。なぜならば、iPhoneやiPadなどのデバイスで使われているから。例えば、アプリの起動や写真の保存などができる。そして、使いやすさとセキュリティが高い。つまり、操作が簡単で安全なシステムである。だから、多くの人に愛されている。

職業職種

デザイナー

iOSは、作業効率が上がる。なぜなら、使いやすいUIと多くのクリエイティブアプリがあるから。例えば、Adobeのアプリ。

ビジネスマン

iOSは、セキュリティが高い。なぜなら、顔認証や指紋認証があるから。例えば、Apple Payでの支払い。

学生

iOSは、学習に便利である。なぜなら、教育向けのアプリが多いから。例えば、Duolingoで言語学習。

iOSの名前の由来は、”iPhone Operating System”の略です。

iOSの代表例

LINE株式会社

LINE株式会社は、iOSで有名である。なぜなら、LINEアプリがiOSデバイスで広く使われているから。例えば、LINE PayやLINEマンガなど。

任天堂株式会社

任天堂株式会社は、iOSで名高い存在である。なぜなら、スーパーマリオランなどのゲームがiOSで楽しめるから。例えば、アニマルクロッシング: ポケットキャンプ。

DeNA株式会社

DeNA株式会社は、iOSで世間に知られている。なぜなら、Mobage(モバゲー)などのゲームプラットフォームがiOSで使えるから。例えば、『逆転オセロニア』。

手順例

以下は、iPhoneでiOSを初めてセットアップする手順です。

デバイスを起動する

デバイスを起動するのは、最初のステップである。なぜなら、これがないと何も始まらないから。例えば、電源ボタンを長押し。

言語を選ぶ

言語を選ぶのは、使いやすさを確保するためである。なぜなら、自分が理解できる言語で操作したいから。例えば、日本語や英語。

Wi-Fiに接続する

Wi-Fiに接続するのは、インターネットが必要だからである。なぜなら、アプリのダウンロードや設定の同期に必要だから。例えば、家のWi-Fi。

Apple IDを入力する

Apple IDを入力するのは、個々の設定やアプリを同期するためである。なぜなら、これがないと個人のデータにアクセスできないから。例えば、メールアドレスとパスワード。

初期設定を完了する

初期設定を完了するのは、使い始めるためである。なぜなら、これが終わらないと本格的に使えないから。例えば、プライバシー設定や画面の明るさ。

類似語

Android

Androidは、iOSの類似語である。なぜなら、これもスマートフォンやタブレットで使われるオペレーティングシステムだから。例えば、SamsungやSonyのデバイス。

macOS

macOSは、iOSの類似語である。なぜなら、これもApple社が開発したオペレーティングシステムだから。例えば、MacBookやiMac。

Windows

Windowsは、iOSの類似語である。なぜなら、これも一般的なオペレーティングシステムで、パソコンでよく使われるから。例えば、Windows 10やWindows 11。

反対語

Android

Androidは、iOSの反対語でもある。なぜなら、iOSはアップル製品専用で、Androidは他の多くのメーカーで使われているから。例えば、SamsungやSony。

Windows

Windowsは、iOSの反対語でもある。なぜなら、iOSはモバイルデバイス用で、Windowsは主にパソコン用だから。例えば、Windows 10やWindows 11。

オフライン

オフラインは、iOSの反対語である。なぜなら、iOSはオンライン機能が多く、オフラインはインターネット接続が不要な状態だから。例えば、飛行機モード。

iOSの注意点

iOSを使用する時の注意点はバッテリー消費である。なぜならば多くのアプリや機能が動いているからだ。例えば、位置情報サービスやバックグラウンドアップデートである。そして、これらは設定で管理できる。だから、設定をチェックしよう。

正式な表記

正式な名称は「iOS」。大文字の「I」や小文字の「o」を使った「IOS」や「ios」、または「iOs」は正確な表記ではない。正確には、小文字の「i」と大文字の「O」と「S」を使って「iOS」と表記するのが正しい。

iOSのロゴに使われている「i」は「インターネット」、「個人」、「インスパイア」など、いくつかの意味を持っていると言われています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました