ゼネラリストとは?広範な業務経験と広い視野が鍵

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 広範な業務経験を活かす
  • 全体の方向性を決める
  • コミュニケーションスキルを駆使

ゼネラリストとは、広範囲の業務を行う職種です。

概要説明

ゼネラリストとは、広範な業務経験と広い視野を持つ職種である。なぜなら、彼らは特定の分野に縛られることなく多角的に業務をこなす。

例えば、予算管理やプロジェクトの方向性を決めるなどの業務である。そして、そのためにはコミュニケーションスキルが不可欠だ。つまり、他の人との協力を得ながらプロジェクトを進める能力が必要である。

だから、ゼネラリストは多くの職種と協働しながらプロジェクトを成功に導く。

職業職種

プロジェクトマネージャー

ゼネラリストは、プロジェクトマネージャーとして活躍できる。なぜなら、全体の視野を持ち、プロジェクトの方向性を決めることが可能だから。例えば、予算の管理やメンバーのコーディネートなどができる。

経営者

ゼネラリストは、経営者として活躍できる。なぜなら、多角的な視点で事業を推進する能力があるから。例えば、業務全体を俯瞰し、適切な判断を下すことができる。

コンサルタント

ゼネラリストは、コンサルタントとして活躍できる。なぜなら、広範な業務経験を元に多様な問題解決に対応できるから。例えば、客観的な視点から最適な解決策を提案できる。

ゼネラリストの名前の由来は、英語の “Generalist” からきています。これは、”general”(一般的な、全般的な)という意味の単語に由来します。

類似語

オールラウンダー

オールラウンダーは、ゼネラリストと似ている。なぜなら、どちらも広範囲のスキルや知識を使って業務をこなすからだ。例えば、さまざまな職種やタスクに対応できること。

マルチタスカー

マルチタスカーは、ゼネラリストと似ている。なぜなら、どちらも様々な仕事を同時にこなす能力が求められるからだ。例えば、複数のプロジェクトを同時に進める能力。

ジャック・オブ・オールトレーズ

ジャック・オブ・オールトレーズは、ゼネラリストと似ている。なぜなら、どちらも広範な知識と経験を使って問題を解決する能力を持っているからだ。例えば、予期せぬ問題が起きたときにも対応できること。

反対語

スペシャリスト

スペシャリストは、ゼネラリストの反対だ。なぜなら、スペシャリストは特定の分野に深く焦点を当てるのに対し、ゼネラリストは広範囲にわたる業務をこなすからだ。例えば、心臓専門の医者と全身を診る家庭医という関係。

限定者

限定者は、ゼネラリストの反対だ。なぜなら、限定者は特定の範囲や能力に限定され、ゼネラリストは様々な範囲と能力を持つからだ。例えば、一つの業務しかできない人と様々な業務がこなせる人という違い。

一芸者

一芸者は、ゼネラリストの反対だ。なぜなら、一芸者は特定の一つの分野で特化した能力を持つのに対し、ゼネラリストは様々な分野に対応可能な能力を持つからだ。例えば、ピアノだけを弾く人と色々な楽器が弾ける人の違い。

会話例

仕事の相談で

「このプロジェクト、誰に任せればいいと思う?」
「ゼネラリストの人がいいよ。色んな面から見て、全体を動かせるから。」

キャリアパスの相談で

「スペシャリストとゼネラリスト、どっちに進むべき?」
「それは自分の性格と目指す道によるよ。ゼネラリストなら、多くの分野に対応できる力が身につくよ。」

採用の面接で

「あなたは自分をスペシャリストかゼネラリストと感じますか?」
「自分はゼネラリストだと思う。色んな分野に興味があり、広い視野で物事を考えるから。」

注意点

ゼネラリストを採用する時の注意点は、彼らが広範囲なスキルを持っているとはいえ、全ての分野において高度な専門知識を持っているわけではないことだ。なぜならば彼らの強みは広範な知識と視野にあり、深く特定の分野に詳しいわけではないからだ。

例えば、特定の高度な技術的な問題を解決する必要がある場合、専門的なスキルを持つスペシャリストの方が適していることもある。そして、ゼネラリストは全体のビジョンや戦略を理解し、それに基づいて行動することが重要だ。だから、そのビジョンや戦略を明確に伝えることが必要である。

ゼネラリストとオールラウンダーの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

ゼネラリストは広範な知識と経験をもとに全体を見渡し、各部分を繋げて進行します。

一方、オールラウンダーは、複数の特定の分野で優れた能力を持つことを指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました