理解しよう!ソーリーサーバーの重要性

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • サーバー停止時の代理役
  • 停止理由と復旧予測を伝える
  • 常時待機で自動接続

ソーリーサーバーとは、メインサーバー停止時の情報発信担当です。

概要説明

ソーリーサーバーとはWebサイト停止時の代理役である。なぜなら、主要サーバーがダウンした時、ソーリーサーバーが情報を伝えるからだ。

例えば、原因や復旧の見込みなどを表示する。そして、このサーバーは常に稼働状態で待機している。つまり、障害が起きた瞬間に自動的にアクセスが切り替わるのだ。

だから、ソーリーサーバーは障害発生時の情報コミュニケーションを担保する重要な存在なのだ。

職業職種

システム管理者

システム管理者は、ソーリーサーバーを設定する。なぜなら、サーバーの障害対応が彼らの責務だからだ。例えば、ロードバランサの設定を行う。

Web開発者

Web開発者は、ソーリーサーバーのページデザインを作る。なぜなら、彼らはサイトのユーザー体験を最良にする役割だからだ。例えば、伝える情報を分かりやすく表示する。

サービスオーナー

サービスオーナーは、ソーリーサーバーを活用する。なぜなら、サイト停止の影響を最小限にするためだからだ。例えば、停止情報を迅速にユーザーに伝える。

ソーリーサーバーは、名前の由来は英語の”sorry”(すまない)から来ています。それは、主要なサーバがダウンした時、代わりに謝罪のメッセージをユーザーに伝える役割があるからです。

代表例

Google

Googleは、Web検索で有名な企業だけど、ソーリーサーバーの使用もうまい。なぜなら、障害やメンテナンス時、利用者に対する情報提供がしっかりしているから。例えば、YouTubeやGoogleドライブが落ちた時、彼らのソーリーサーバーはすぐに詳細を伝えてくれる。

Amazon

Amazonは、世界最大のオンラインショッピングサイト。障害が起きた時、ソーリーサーバーで利用者に速やかに情報提供する。なぜなら、顧客体験を大切にする企業哲学から。例えば、サイトがダウンした時、Amazonのソーリーサーバーは迅速にその事実を伝え、何が問題か、どのくらいの時間で復旧するかを告げる。

Twitter

Twitterは、短文投稿サービスの先駆けで、ソーリーサーバーの活用でも知られる。なぜなら、障害が起きた時、利用者に対してすぐにその旨を伝えるため。例えば、サービスが利用できない時、「Twitter is over capacity」と表示し、ユーザーに情報を提供する。

手順例

ソーリーサーバーの設定手順です。
  1. サーバーの準備
    まずはソーリーサーバーを準備する。これが、Webサイトやサービスがダウンした時に代わりに稼働するサーバーだ。なぜなら、メインのサーバーがダウンした時、このソーリーサーバーが情報を提供する役割を果たすからだ。例えば、別のサーバーマシンを用意したり、クラウドサービスで追加のインスタンスを作る。
  2. エラーページの作成
    次に、ソーリーサーバーに表示するエラーページを作成する。これは、メインのサーバーがダウンした時に表示する情報のページだ。なぜなら、利用者に何が起きているのかを伝えるためだ。例えば、メンテナンス中であること、障害が発生したこと、復旧の見込みなどを伝える内容を作る。
  3. 設定の更新
    最後に、ネットワークの設定を更新する。これは、メインのサーバーがダウンした時に、自動的にソーリーサーバーにアクセスが向かうようにするためだ。なぜなら、これがないと利用者はただサイトがつながらないだけになってしまうからだ。例えば、ロードバランサの設定を更新したり、DNSの設定を変更する。

類似語

バックアップサーバー

バックアップサーバーは、主なサーバーがダウンした時に代わりに動くサーバーだ。なぜなら、主なサーバーが止まった時、このサーバーが活動を続けるから。例えば、主なサーバーに障害があった時、バックアップサーバーがサービスを継続できる。

冗長サーバー

冗長サーバーは、メインのサーバーが停止した時に役立つ。なぜなら、冗長サーバーは主なサーバーと同じデータやアプリケーションを持っていて、必要な時に活動を開始するから。例えば、メインのサーバーがダウンした時、冗長サーバーがすぐに役割を引き継げる。

フェイルオーバーサーバー

フェイルオーバーサーバーは、主要なサーバーが停止した時に代わりに稼働するサーバーだ。なぜなら、障害が発生した時、フェイルオーバーサーバーがすぐに作業を引き継ぐから。例えば、メインのサーバーが停止した時、フェイルオーバーサーバーがその作業を引き継ぎ、サービスの継続を可能にする。

反対語

アクティブサーバー

アクティブサーバーは、問題なく動いているサーバーだ。なぜなら、これが通常時のWebサイトやサービスを提供しているから。例えば、Webサイトが正常に動いている時、それはアクティブサーバーのおかげ。

メインサーバー

メインサーバーは、通常時に働いているサーバーだ。なぜなら、これが基本的にサービスを提供しているから。例えば、ユーザーが普通にサービスを利用している時、背後でメインサーバーが頑張っている。

稼働サーバー

稼働サーバーは、ちゃんと動いているサーバーだ。なぜなら、これがサービスを提供し続けているから。例えば、問題なくネットが使える時、その裏で稼働サーバーが活動している。

会話例

友達同士のゲームの話

「あれ、サーバーに繋がらないんだけど?」
「今、メンテナンス中でソーリーサーバーが出てるよ。すぐ戻るから待ってて。」

学校の情報の授業

「先生、ソーリーサーバーって何ですか?」
「いい質問だね。ソーリーサーバーは、Webサイトがダウンしてるときにその情報を伝える役目があるんだ。」

パパと息子のパソコンの話

「パパ、なんでホームページが見れないの?」
「あ、それはソーリーサーバーが出てるからだよ。ちょっと待てば直るよ。」

注意点

ソーリーサーバーを利用するときの注意点は、適切な情報提供だ。なぜならば、ユーザーが何が起きているのか理解するためだからだ。

例えば、何が問題で、どのくらいで解決できそうかなどを明確に伝える。そして、ユーザーが不安にならないよう、丁寧に説明する。だから、情報は正確に、そして分かりやすく伝えよう。

ソーリーサーバーとバックアップサーバーの違いは、注意が必要です。

ソーリーサーバーはサイトがダウンしたときに情報を伝える役割です。

一方、バックアップサーバーは、主なサーバーがダウンしたときにその作業を引き継ぐ役割です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました