SNSを活用したソーシャルメディアマーケティングの効果を知ろう!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • SNSを使った広告戦略
  • インフルエンサーとは影響力のある人
  • ユーザーコメントは炎上に繋がる

ソーシャルメディアマーケティングとは、SNSを活用した広告戦略です。

概要説明

ソーシャルメディアマーケティングとは、SNSやブログを活用した広告戦略である。なぜなら、これらのプラットフォームは大勢の人々にアクセスできるからだ。

例えば、フォロワーが多いインフルエンサーや人気のYoutuberを利用する。そして、商品やサービスを効果的に宣伝する。つまり、ソーシャルメディアマーケティングは企業にとって重要な戦略だ。

だから、発信内容やユーザーからのコメントに対する反応は慎重になるべきだ。

職業職種

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、ソーシャルメディアマーケティングを日常的に使用する。なぜなら、商品やサービスを広く宣伝するためだ。例えば、新製品の情報をTwitterやFacebookでシェアする。

インフルエンサー

インフルエンサーは、自分の影響力を使ってソーシャルメディアマーケティングを実行する。なぜなら、多くのフォロワーに直接メッセージを届けられるからだ。例えば、商品のレビューや使い方をInstagramで投稿する。

企業経営者

企業経営者は、ソーシャルメディアマーケティングを戦略の一部として使用する。なぜなら、その強力な影響力と拡散力を利用できるからだ。例えば、新サービスの紹介をYouTubeで動画として公開する。

ソーシャルメディアマーケティングは、名前の由来は社会的なメディアを使って、マーケティング活動を行うことからきています。

代表例

Twitter

Twitterは、効果的なソーシャルメディアマーケティングのツールである。なぜなら、リアルタイムに情報を拡散でき、大勢のフォロワーに直接メッセージを送ることが可能だからだ。例えば、新製品の発売情報をリアルタイムで発信できる。

Instagram

Instagramは、視覚的なソーシャルメディアマーケティングに最適なツールである。なぜなら、画像や動画を中心にコンテンツを共有するので、製品のビジュアルアピールが可能だからだ。例えば、新製品の写真を投稿して評価を収集することができる。

Hikakin

Hikakinは、YouTube上で影響力のあるインフルエンサーである。なぜなら、彼のビデオは多くの視聴者に見られ、その意見が購買行動に大きな影響を与えるからだ。例えば、彼が推奨する製品は、その後の販売数が大幅に増えることが多い。

手順例

  1. 目標設定
    ソーシャルメディアマーケティングの最初のステップは、目標設定である。なぜなら、何を達成したいのか明確にすることが成功への第一歩だからだ。例えば、新製品の認知度向上や売上向上などが目標となる。
  2. ターゲット選定
    ターゲット選定は、適切な戦略を立てるために必要である。なぜなら、どの層にアピールするかによって、使用するSNSや発信内容が変わるからだ。例えば、若者にアピールしたいならInstagramが適している。
  3. コンテンツ作成
    コンテンツ作成は、フォロワーに対する価値提供である。なぜなら、価値あるコンテンツを提供することで、フォロワーからの信頼を得られるからだ。例えば、製品の使い方を紹介する動画などが考えられる。
  4. 配信
    配信は、作成したコンテンツを発信する行為である。なぜなら、良質なコンテンツも発信しなければ意味がないからだ。例えば、SNSの投稿機能やストーリーズ機能を利用する。
  5. 分析と改善
    分析と改善は、ソーシャルメディアマーケティングを継続的に成功させるために必要である。なぜなら、データを基に何がうまくいったか、何を改善すべきかを見極めることができるからだ。例えば、Google AnalyticsやSNSのインサイト機能を活用する。

類似語

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、ソーシャルメディアマーケティングの類似語である。なぜなら、インターネットを使ったマーケティング手法の一つで、共にデジタルな環境でユーザーとの関わりを深めることを目的とするからだ。例えば、SEOやSEMもデジタルマーケティングの一部となる。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ソーシャルメディアマーケティングの類似語である。なぜなら、共に価値あるコンテンツを提供し、ユーザーとの信頼関係を築くことを目指すからだ。例えば、ブログ記事や動画の制作が該当する。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディアマーケティングの類似語である。なぜなら、SNSの影響力のある人々を活用して商品やサービスを宣伝することが目的で、ソーシャルメディアの活用が重要となるからだ。例えば、人気YouTuberによる商品紹介がそれに当たる。

反対語

トラディショナルマーケティング

トラディショナルマーケティングは、ソーシャルメディアマーケティングの反対だ。なぜなら、広告やTVコマーシャルのような古い形式のマーケティング手法を指すからだ。例えば、新聞広告とか。

直接販売

直接販売は、ソーシャルメディアマーケティングの反対かもしれない。なぜなら、個々の顧客に直接製品を売り込む方法だからだ。例えば、ドア・トゥ・ドアの販売とか。

反マーケティング

反マーケティングもソーシャルメディアマーケティングの反対だね。なぜなら、これは顧客が製品を購入しないようにする戦略だからだ。例えば、喫煙防止キャンペーンとか。

会話例

ショッピングモールで

「最近、新しい靴を買ったんだけどどう思う?」
「それ、SNSで見たよ!あのブランド、ソーシャルメディアマーケティングが上手だよね。」

新しいビジネスについての話で

「新しいお店を開くんだけど、宣伝にどういう方法がいいと思う?」
「うーん、ソーシャルメディアマーケティングが効果的だよ。インスタグラムで投稿してみては?」

学校でのプロジェクトについて

「文化祭の出店、どうやって客を呼び込めばいいと思う?」
「Twitterとかで告知するのがいいんじゃない?それがソーシャルメディアマーケティングってやつだよ。」

注意点

ソーシャルメディアマーケティングを使う時の注意点は誤解を招かないようにすることだ。なぜならば一度炎上すると、その影響は広範で長く続くからだ。

例えば、不適切な投稿は会社の評判を落とす。そして、規則違反はアカウント停止につながる可能性がある。だから、常に慎重に行動することが大切だ。

ソーシャルメディアマーケティングとデジタルマーケティングは、間違えやすいので注意しましょう。

ソーシャルメディアマーケティングはSNSなどのソーシャルメディアを使ったマーケティングです。

一方、デジタルマーケティングはインターネット全般を使ったマーケティングで、ソーシャルメディアマーケティングはその一部です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました