メディアリテラシーとは?偽情報に騙されないためのスキル

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとメディアリテラシーとは

  • 情報の真偽を判断する力
  • 自分で考えて情報を確認するスキル
  • 情報の背後にある意図を理解する能力

メディアリテラシーとは、情報を賢く読む力です。

概要説明

メディアリテラシーとは、情報の真偽を判断し、自分で考えて情報を確認するスキルである。なぜならば、インターネットが普及した現代では偽情報が氾濫しているから。

例えば、SNSで拡散されるデマ情報である。そして、これらの情報に踊らされず、自分で情報の信憑性を確かめる力が必要。

つまり、情報を受け手の立場で受け流すのではなく、能動的に分析・評価する力である。だから、自分自身の判断で情報を選び取る力が育てられる。

職業職種

教師

教師は、メディアリテラシーを教育の場で使用する。なぜなら、生徒に正しい情報の判断力を身につけさせるため。例えば、インターネットの情報を使ったレポート作成時に。

ジャーナリスト

ジャーナリストは、メディアリテラシーが仕事の中核である。なぜなら、正確な情報を伝える責任があるから。例えば、ニュース記事を書く際に情報源を確認する作業に。

一般市民

一般市民は、日常生活でメディアリテラシーを使用する。なぜなら、偽情報に騙されず、自分の判断で情報を選ぶ力が必要だから。例えば、選挙の際に政策を理解し、投票する時に。

メディアリテラシーは、名前の由来は「Media」(メディア、情報を伝える手段)と「Literacy」(リテラシー、読み書きの能力)の組み合わせです。

メディアリテラシーの代表例

Common Sense Media

Common Sense Mediaは、メディアリテラシーで有名である。なぜなら、子供や親向けに安全で健全なメディア使用を支援する情報と教育プログラムを提供しているから。例えば、映画やアプリのレビュー。

Renee Hobbs

Renee Hobbsは、メディアリテラシーで名高い存在である。なぜなら、メディアリテラシー教育の先駆者とされ、多くの著書や教育プログラムを開発しているから。例えば、『Digital and Media Literacy: A Plan of Action』という著書。

Snopes

Snopesは、メディアリテラシーで世間に知られている。なぜなら、インターネット上の都市伝説や偽情報を検証し、真実を明らかにする一流のファクトチェックサイトであるから。例えば、政治的な噂の真偽を調査する記事。

手順例

以下は、情報の真偽をチェックする手順です。

情報源を確認する

情報源を確認することは、基本である。なぜなら、信頼性のある情報源から来た情報は、真実である可能性が高いから。例えば、新聞や公式組織の発表。

他の情報と照らし合わせる

他の情報と照らし合わせることは、重要である。なぜなら、一つの情報だけで判断せず、他の情報も参考にすることで、より正確な判断ができるから。例えば、複数のニュースサイトを比較する。

専門家の意見を参照する

専門家の意見を参照することは、信憑性を高める。なぜなら、専門家はその分野に深い知識と経験を持っているから。例えば、医師のコメントを読む。

日付や文脈をチェックする

日付や文脈をチェックすることは、情報の現在の関連性を理解するために必要である。なぜなら、古い情報や文脈を無視した情報は、誤解を招く可能性があるから。例えば、ニュースの発行日を確認する。

感情に左右されず冷静に分析する

感情に左右されず冷静に分析することは、客観的な判断を下すために大切である。なぜなら、感情が高ぶると冷静な判断が難しくなるから。例えば、ショッキングなニュースに即座に反応せず、一呼吸置く。

類似語

情報リテラシー

情報リテラシーは、メディアリテラシーの類似語である。なぜなら、どちらも情報を効果的に検索、評価、利用する能力を指すから。例えば、インターネットでの情報検索スキル。

ネットリテラシー

ネットリテラシーは、メディアリテラシーの類似語である。なぜなら、インターネット上の情報を適切に理解し、利用する能力を指すから。例えば、SNSでのコミュニケーションのルール。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングは、メディアリテラシーの類似語である。なぜなら、情報を論理的に分析し、判断する思考のスキルを指すから。例えば、議論の中での論点の整理。

反対語

情報鵜呑み

情報鵜呑みは、メディアリテラシーの反対語である。なぜなら、情報を批判的に考えずにそのまま受け入れる態度を指すから。例えば、偽のニュースを真実と信じてしまうこと。

情報盲信

情報盲信は、メディアリテラシーの反対語である。なぜなら、情報の真偽を確かめずに信じてしまう態度を示すから。例えば、有名人が言ったことを疑わずに信じること。

情報無関心

情報無関心は、メディアリテラシーの反対語である。なぜなら、情報に対して関心を持たず、自分で考えることを避ける態度を指すから。例えば、社会の出来事に一切興味を持たないこと。

メディアリテラシーの注意点

メディアリテラシーを使用する時の注意点は、自己のバイアスに気をつけることである。なぜならば、自分自身の先入観や偏見が情報の解釈に影響を与えるからだ。

例えば、自分が支持する政党のニュースは良いと思い込む傾向がある。そして、これが情報の公正な評価を阻害する。

だから、自分のバイアスを意識し、それをコントロールしながら情報を分析することが大切。

メディアリテラシーと情報リテラシーは、間違えやすいので注意しましょう。

メディアリテラシーは、メディアから提供される情報を批判的に分析し、評価するスキルです。

一方、情報リテラシーは、情報を効果的に検索、評価、利用する一連のスキルです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました