GISとは?Google Mapsでも使われてるデジタル地図を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 地図情報をデジタル化
  • 地理情報を視覚化
  • 生活やビジネスに役立つ

GISとは、地図情報のデジタル化です。

概要説明

GISとは地図情報をデジタル化して視覚化するシステムだ。なぜなら、それによって地理情報を分析しやすくなるからだ。

例えば、カーナビはGISを利用して道路情報を提供している。そして、店舗情報や交通情報も組み合わせることができる。

つまり、現実世界をデジタル上で再現し、理解を深めることができる。だから、GISは我々の生活を助ける強力なツールだ。

職業職種

地理学者

地理学者はGISを使って地形や気候の分析を行う。なぜなら、GISを使うと大規模な地理情報を一元管理し、視覚化しやすくなるからだ。例えば、気候変動の研究などに使われている。

市役所の職員

市役所の職員は、GISを使って市の地図を管理し、公共サービスの計画を立てる。なぜなら、GISは地理情報を詳細に描出し、予測やシミュレーションに役立つからだ。例えば、災害時の避難所設定や公園の配置計画などに使われている。

運送業者

運送業者はGISを使って最適な配送ルートを計算する。なぜなら、GISは道路情報や交通情報を詳細に把握することができ、効率的な配送ルートを提案するためだ。例えば、宅配便の配送ルート最適化などに使われている。

GISは、名前の由来は英語の”Geographic Information System”からきていて、直訳すると”地理情報システム”となります。

代表例

Google

Googleは、GISの最も身近な使い手だ。なぜなら、Google MapsというサービスでGISを活用しているからだ。例えば、通行ルートの案内や現在位置の表示などを行っている。

トヨタ

トヨタは、自動車業界でGISをうまく使っている企業だ。なぜなら、カーナビゲーションシステムでGISを活用しているからだ。例えば、目的地へのルート案内や近くのガソリンスタンドの情報などを提供している。

エスリジャパン

エスリジャパンは、GISを専門に扱う企業だ。なぜなら、地図作成や空間分析、地理情報のデータベース管理といったGISソフトウェアを開発しているからだ。例えば、ArcGISという人気のGISソフトウェアを提供している。

手順例

Google Mapsの使い方の手順です。

アプリを開く

Google Mapsを使うにはまずアプリを開くことから始まる。なぜなら、そこから各種機能にアクセスできるからだ。例えば、スマートフォンのアプリ一覧からGoogle Mapsのアイコンをタップする。

目的地を入力

次に目的地を入力する。なぜなら、そこからルート案内が始まるからだ。例えば、検索バーに「東京タワー」など目的地を入力する。

ルートを選択

目的地が決まったらルートを選択する。なぜなら、複数のルートから最適なものを選べるからだ。例えば、交通量や所要時間を考慮して選ぶ。

ナビゲーションを開始

ルートが決まったらナビゲーションを開始する。なぜなら、それが道案内のスタートだからだ。例えば、ルート案内画面の「ナビゲーション開始」ボタンをタップする。

目的地まで進む

最後に、ナビゲーションの指示に従って目的地まで進む。なぜなら、それがGoogle Mapsを使った目的地への移動だからだ。例えば、音声ガイドに従って進行方向を確認しながら進む。

類似語

地理情報システム

地理情報システムは、GISの日本語訳だ。なぜなら、英語の”Geographic Information System”を日本語に訳したものだからだ。例えば、GISの用途や機能を説明するときに使う。

空間情報システム

空間情報システムは、GISと同義語とも言える言葉だ。なぜなら、地理情報の扱い方に注目した言葉だからだ。例えば、地理的な位置関係や空間的な配置を分析するシステムとして使う。

地図情報システム

地図情報システムは、GISの一部分を強調した言葉だ。なぜなら、地図作成や地図解析に特化した機能を指すことが多いからだ。例えば、地図データの生成や管理、地図上での解析などに使う。

反対語

アナログ地図

アナログ地図は、GISの反対である。なぜなら、手動で更新が必要だからだ。例えば、地図本。

直感的理解

直感的理解は、GISの反対である。なぜなら、地理的な分析や予測なしで理解を試みるからだ。例えば、目の前の風景から推測すること。

一次情報

一次情報は、GISの反対である。なぜなら、地図上のデータではなく直接情報源から得るからだ。例えば、目の前の事象や現場の観察。

会話例

都市計画の打ち合わせ

「この地域の人口分布をどう把握している?」
「GISを使って、人口分布や移動パターンを可視化しているよ。」

災害対策のミーティング

「避難ルートの最適化はどうやって決める?」
「GISを使って地形と交通網を重ね合わせて分析し、最適なルートを決めている。」

物流企業の打ち合わせ

「配送ルートはどうやって決定している?」
「GISを使い、交通情報や道路の状況を踏まえた上で最短ルートを計算しているよ。」

注意点

GISを使用する時の注意点はデータの更新である。なぜならば地理情報は日々変化しているからだ。

例えば新しい建物が建ったり、道路が変わったりする。そしてGISの分析結果はそのデータに基づいている。だからデータが古いと誤った結果になる可能性がある。

GISとGPSの違いは、間違えやすいので注意しましょう。

GISは地理的な情報を可視化して分析するものです。

一方、GPSは現在地を衛星から取得するシステムです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました