コピーライトとは?ウェブサイトにある©マークの意味

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとコピーライト

  • 著作権を主張する手段
  • 自分の作品を保護
  • 国際法に基づく

コピーライトとは著作権を守る手段です。

概要説明

コピーライトとは、著作権を主張するための手法である。なぜなら、オリジナルの作品を守るためだ。例えば、ホームページのフッターに©マークを付けると、それが著作物であると宣言できる。

そして、これはベルヌ条約や万国著作権条約という国際法に基づいている。つまり、自由に表現を作り出し、それを公にすることで著作権が発生する。だから、私たちは自分の作品を保護できる。

職業職種

Webデザイナー

Webデザイナーは、自身が作成したデザインを保護するためにコピーライトを使用する。なぜなら、他者にデザインをコピーされるのを防ぐためだ。例えば、オリジナルのロゴやイラストに©マークを入れる。

ライター

ライターは、自分が書いた記事やエッセイを保護するためにコピーライトを使用する。なぜなら、自分の考えや表現を無断で複製されるのを防ぐためだ。例えば、記事の最後に©マークと自分の名前を記載する。

音楽家

音楽家は、自分が作った曲を保護するためにコピーライトを使用する。なぜなら、自分の曲が無断で使われるのを防ぐためだ。例えば、CDジャケットや音楽配信サイトに©マークと自分の名前を記載する。

コピーライトは、英語の”copy”(コピー)と”right”(権利)から来ていてます。

コピーライトの代表例

Apple

Appleは、テクノロジー界でのリーダーだ。なぜなら、独自のオペレーティングシステムとデザインを持つ商品を作り、それが人々の生活を変えるからだ。例えばiPhone。

Disney

Disneyは、エンターテイメント業界での巨人だ。なぜなら、その映画とキャラクターが世界中で愛されているからだ。例えば、ミッキーマウス。

J.K. Rowling

J.K. Rowlingは、作家である。なぜなら、彼女が創造したハリーポッターシリーズは、世界中の読者を魅了しているからだ。例えば、”ハリーポッターと賢者の石”。

手順例

作品を作る

まず作品を作る。なぜなら、著作権は何か新しく創造した作品に適用されるからだ。例えば、記事や絵、音楽など。

作品を公開

作品を公にする。なぜなら、ベルヌ条約により作品を公にすることで著作権が発生するからだ。例えば、ウェブサイトに掲載する、本として出版するなど。

©を付ける

作品にコピーライトマーク(©)を付ける。なぜなら、これにより著作権があることをはっきりと示すからだ。例えば、文章の最後やウェブサイトのフッター部分にマークを置く。

類似語

著作権

著作権は、作者が作品に対して持つ権利である。なぜなら、これにより作品の利用やコピーが制限されるからだ。例えば、本や映画、音楽など。

パテント

パテントは、発明に対する権利である。なぜなら、これにより他人が同じ発明を利用することを制限するからだ。例えば、新しい技術や製品など。

商標

商標は、製品やサービスを特定するマークやロゴに対する権利だ。なぜなら、これにより他人が同じマークを使用することを制限するからだ。例えば、企業のロゴや商品名など。

反対語

パブリックドメイン

パブリックドメインは、著作権の存在しない状態を指す。なぜなら、ここにある作品は誰でも自由に使うことができるからだ。例えば、古い著作物や国旗のデザインなどがこれにあたる。

オープンソース

オープンソースは、特定の条件下で自由に利用や改変が許される状態を指す。なぜなら、このライセンスは作品の自由な利用を促すからだ。例えば、多くのフリーソフトウェアがこの形態を取っている。

フェアユース

フェアユースは、教育や研究のためなど、公益に役立つ範囲での利用が認められる状態を指す。なぜなら、これは著作権法の例外的な規定で、特定の条件下で著作物を利用できるからだ。例えば、ニュース記事の引用などがこれに該当する。

会話例

自分のブログを始める

Q.「自分のブログに著作権マークをつける必要ある?」
A.「はい、それが著作権の存在を訪問者に明示する良い方法だよ。」

友達の絵をブログに載せる

Q.「友達の絵をブログに載せても大丈夫?」
A.「その絵が著作権で保護されている場合、友達の許可を得なければならないよ。」

YouTubeの動画をブログに埋め込む

Q.「YouTubeの動画をブログに埋め込むのは著作権に違反する?」
A.「YouTubeが提供する埋め込み機能を使えば問題ないよ。ただし、動画のコンテンツに著作権がある場合、動画の所有者から許可を得る必要があるから注意してね。」

コピーライト注意点

他人の作品を使う際は、注意点が必要だ。なぜならば、それは著作権法に違反する可能性があるからだ。

例えば、インターネット上の画像や文章などを無断で利用すると、それは著作権侵害となる。そして、それは罰せられる行為だ。

だから、著作権を尊重して、必要な場合には許可を取るようにしよう。

コピーライトと著作権の違いは、間違えやすいので注意しよう。コピーライトは特定の作品を保護する権利。一方、著作権は作者による独自の表現を保護する権利。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました