デファクトスタンダードとは?規約が存在せずとも成り立つ標準

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 広く受け入れられる事実上の標準
  • 公式には定義されていない
  • 開発問題を解決するヒント

デファクトスタンダードとは、公式ではないが事実上の標準です。

概要説明

デファクトスタンダードとは事実上の標準である。なぜならば、その仕様が広く受け入れられているからだ。例えば、特定のアプリケーション開発である。

そして、公式には定義されていない。つまり、事実上の標準として存在する。だから、開発者にとっては問題解決の手がかりとなる。

職業職種

アプリケーション開発者

アプリケーション開発者は、デファクトスタンダードを使う。なぜなら、公式の定義がなくとも開発に行き詰まったときの手がかりになるからだ。例えば、過去の開発例を参考にする。

プロダクトマネージャ

プロダクトマネージャは、デファクトスタンダードを参照する。なぜなら、広く認められた仕様として製品設計の参考になるからだ。例えば、市場で一般的な仕様を理解する。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、デファクトスタンダードを推奨する。なぜなら、普及している仕様を採用することでクライアントの問題を解決できるからだ。例えば、既存のシステムとの互換性を保つ。

デファクトスタンダードは、事実上(De facto)と標準(standard)の組み合わせです。

代表例

Google

Googleは、検索エンジンのデファクトスタンダードだ。なぜなら、世界中で最も利用されているからだ。例えば、”ググる”という言葉が一般的に使われているよね。

Windows

Windowsは、パソコンのオペレーティングシステムでのデファクトスタンダードだ。なぜなら、世界中で最も多くの人々が使用しているからだ。例えば、新しくパソコンを買うと大抵はWindowsが標準でインストールされている。

Adobe Photoshop

Adobe Photoshopは、デジタル画像編集ツールのデファクトスタンダードだ。なぜなら、業界で最も広く利用され、信頼されているからだ。例えば、”フォトショップする”という表現が画像編集の代名詞として使われている。

類似語

慣行

慣行は、デファクトスタンダードに近い意味を持つ。なぜなら、慣行も明文化されたルールではなく、社会的に広く受け入れられている行為だからだ。例えば、エレベーターでの右側立ち。

デフォルト

デフォルトは、デファクトスタンダードと似ている。なぜなら、デフォルトも何かを始めたときの基本的な設定や状態を指すからだ。例えば、新しいスマホを開封したときの設定状態。

主流

主流は、デファクトスタンダードの類似語だ。なぜなら、主流も多くの人々が選び、受け入れているものを指すからだ。例えば、スマホのOSとしてのAndroidやiOS

反対語

デファクトスタンダードの反対語は公式規格。なぜなら、デファクトスタンダードは公式には定義されていないけど、みんなが使っているから事実上の規格だとみなされるから。でも公式規格は公式な組織が設定した明確な規格だ。

会話例

プログラマー二人が開発中のアプリについて

「このAPI、オフィシャルな規格ではないみたいだけど、どうする?」
「それならデファクトスタンダードを参照しよう。公式には決まっていないけど、ほとんどの人が使っている方法だから役立つよ。」

デファクトスタンダードの課題

「デファクトスタンダードって確かに便利そうだけど、問題ないの?」
「問題はないよ。ただ公式の規格が出たらそれに合わせる必要があるだけだよ。」

公式の規格について

「公式の規格が出たらデファクトスタンダードはどうなるの?」
「その時は公式の規格に移行するべきだね。でも現状ではデファクトスタンダードが最善の選択だよ。」

注意点

デファクトスタンダードを使うときの注意点は変化する可能性があることだ。なぜならば、公式な規格が出たらデファクトスタンダードは使われなくなる可能性があるからだ。

例えば、古いデータのフォーマットがデファクトスタンダードから公式規格に変わった時、古いデータを新しい形式に変換する必要がある。

だから、デファクトスタンダードを使うときはその点を頭に入れておく必要がある。

デファクトスタンダードと公式規格は、間違えやすいので注意しましょう。

デファクトスタンダードは公式には定義されていないけど、みんなが使っているから事実上の規格です。

一方、公式規格は公式な組織が設定した明確な規格です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました